内間が・・外間が・・

「内間がええ人は外間が・・外間がええ人は内間が・・」

随分ご無沙汰していましたが、”今日の一言”の紹介です。

これは近所のおばあちゃんの夫婦にまつわる話題で出たお言葉です。

(注:Eronの一言ではないです、今回)

 

このおばあちゃん、Eronのlady firstという姿勢が大好きなんです。

だから今から離婚して、外人さんと結婚し直したい、とも^^^^

それでもね、60年以上連れ添ったおじいちゃんを前に、そんな浮気な心は隠しておられます。

というより、浮気な心は本当はないのです。

 

外面が良いとか、内弁慶だとか、家庭内外での人格の違いについて指摘するような言葉ってありますよね。言う方も言われる方も、とても理解しあっている証拠のような言葉。

そして21世紀は、恋愛に憧れたり、家庭を持つことに憧れたり・・・色々な尺で素敵に人生が動いていく中で、相手を間違った=即離婚というような時代でもあります。

 

「人間、十人十色やで」 

とも言っておられました。運命に従い、今与えられた人間関係を大事に育むための、魔法の言葉に聞こえました。

 

皆さんも、時々こうして、昭和初期生まれの御方々の話に耳傾け、自分の歩む人生を見返す機会を持たれるのはいかがでしょうか?

 

 

Advertisements

森の劇場プロジェクトへのお誘い/11月23日(木・祝)

2017年11月23日(木)に、津市白山総合文化センターにてYuko参加プロジェクトが開催されます。津市文化創造事業の一環で、かなり実験的な内容です。

実験的と書かねばならない理由→→→想像して頂ければ、これ幸いなり。

移住した白山で、初めての秋に出会ったダンサー多恵さん。その後にも、ダンサーには出会いません。そう、YESE!以外で唯一、踊りと結びつく場であり人でありますね。

とはいえ、多恵さんをダンサーと呼ぶのは間違っているような・・・舞踊家でいらっしゃいます。洋舞フェスティバルを催したり、身体教養の先生だったり、今回は総合プロデューサーや舞台監督など、とてもエネルギッシュな方です。

この5年で舞台人に対するお国の扱いが変わりまして、(俗にいう)劇場法という新しい法律の下、色々ごにゃごにゃ・・・それで、多恵さんも方向転換を多少されながら、この白山の地・・白山総合文化センターの活用を模索しておられます。

この件に関して、私は静観しております。

なぜかって??

私・・ぺらっぺらなんですよ。体も立ち位置も、風が吹けば簡単に飛ぶんです。意欲はあっても、ね。but I can always assist her, when she ask me for something….that’s my style for now.

 

それではお誘いです。

ちゃんとしたチラシは、学校で配布されたり、広報に記載されているようですが、津市以外の方には届いておりません。

ようこそ森の劇場へチラシ
そういうわけで、↑↑PDFのチラシになります。

スケジュールは↓↓

11時半~モノづくり広場
12時~収穫感謝祭
14時~演劇「コノ村『山神』伝」

16時~ゆるゆら後夜祭

森の劇場ホームページ

今回のプロジェクト、今までの経緯も含め、全情報はホームページを開いてみてくださいね!

行政のナニとはいえ、運営側はこの先何年も続けていく所存です。どうぞ、みなさま応援ください。

是非とも、23日にご家族でお越しください。遊んで行ってください。でも、申し込みだけはお忘れなきよう~~~thanks

 

 

 

Hexenschussの教え

その昔、Hexe!(英語で)なんて罵られたこともあった・・というわけで、元魔女です。

①一緒に暮らす人を確保しましょう。

②食事量を減らしましょう。

以上、学びました!

急性腰痛を発症しまして、二日間の寝たきり。その後のリハビリテーション期間を経て、車の運転(一時間以内)、ノンパワーダンス&Handstandができるまで回復しております。

二時間かけて、この上なくゆったりと身体に向き合っていると、創作意欲も掻き立てられるし、深層筋しか鍛えていないガリガリbodyも悪くないな、と思ったりしております。

とはいえ、白井君を見てもらえばわかるように、アクロバットするには表層筋がないと、ね。このガリガリbodyでは運動会に参加できないし、breakdanceできないし・・・農道走ってて疲れちゃうな。 よし!あと二日ある!

そう、10月8日の亀山トリエンナーレで踊るつもりなのです。いや、breakdanceしませんよ。バレエも無理です。その日に使えるだろう身体で確実なもの・・で、四股踏んでます。いい床柱があるのでね。だけどうっちゃりとか決めたいのが本音。。

どうぞ、亀山市東町商店街に日曜の昼前後、遊びに来てくださいませ。

歩行者天国になっています。濱口新平&しいたけladiesと、路上でゴソゴソやっております。

新平の作品は、東町商店街の中の青木倉庫に展示されています。あの子やこの子が再登場!!

SHINPEI in Kameyama

 

では最後に、Hexenschussの教えをもう少し伝えます。

①一緒に暮らす人を確保しましょう。 

何もできなくなります。激痛で動けないんだけど、トイレにだけは叫びながら行くことになります。もちろん、市販薬の鎮痛剤を自分で好きなだけ処方してください。(発症二日間のみ)

寝ているとき以外は、遠慮なく一緒に暮らす人に甘えましょう。お互い様です。

②食事量を減らしましょう。

これは、発症時に痛みで食べられないので自然に減りますが、胃腸が膨らんでいるだけで各所を圧迫し、痛みが増幅するので間違って食べ過ぎないように。

それと、寝たきり期間+数日で筋力が極端に低下します。でも細胞は生き生きしますので、発症から一週間ほどでまともな生活が再開できたら、あまりの体の軽さに感動するはずです。

 

 

 

 

グループ展『息』後半始まりました。

お盆の中休みを挟んで、本日より開館しております。

8月18~20日と25~27日の、10-13時/15-18時となりますので、よろしくお願い致します。

今日は何が起きていたかというと――――

朝から降った雨のお陰で、やたらと蒸し暑い10時に打ちのめされておりました。そして、唯一の在中作家であるS.T-Gさんが、奇跡のような制作エネルギーを発しまして・・20170818_111530しょうもない写真ですみません。。。

一年ぶりに画用紙に臨んでおります。そして午前中に完成したので・・20170818_165533午後からは組み立てております。立体を解するS.T-Gさんを、かれこれ3時間放置しておりますが、いずれの写真を見てもわかるように、作業中は立ちっぱなしです。ということは、すでに朝から5時間以上立っています。この素晴らしい能力は、きっと将来にも活かせるはず!!

ちなみに私Yuko、先生にはなれないので、ダンス講師です。バンドマンにはなれないので、ダンサーです。 ???つまり、立ってることが大嫌い、なんですね~。ついでに、歩くことも嫌いですよ~。だって血流が・・・この暑い日々に打ちのめされている一因は、逆立ちする元気もないことです。死活問題です、血流が・・筋肉が。。

 

というわけで、本日暇は暇なんですが、今日見える景色を全身で受け止めています。

ほら、二枚目の写真わかります?奥の方。

昨夜、妖精たちが色気を持って戻って来たのです。で、見つめてくるわけですよ。

「キミ、しんどるね?」って聞いてくるわけですよ。

「いやいや爽やかに生きています!」と答えられずに、そのボンヤリ間抜けな目をした子に、「なんでピンクなん?」と応じるのに精一杯なわけです。

 

S.T-Gに会いに来るもよし、妖精たちと話をするもよし。

どうぞ、明日以降、多くの出会いを期待しております!!!

We wish to see you soon…

 

グループ展『息』開催しています!

20170722_095522

怒涛の準備期間↑↑ 23日未明までかかりましたが、、(全ては夏バテのせい、ということで)

7月23日の日曜10時にスタートしました。(スタッフに深呼吸するゆとりがあったのが何より)一番乗りのお客さんは、遠方より、電車でお越し頂きました。

日曜は子どもたちが沢山いて、妖精がみんなと遊んでくれました。展示スペースですが、作家本人が好きなように遊んでいるから、ま、いっか・・。

子ども酔いをしてしまったお客さんもいましたが、無難な初日だったと思いました。暑さだけは勝てないから、扇風機と団扇で三人の展示を巡って頂いております。

今月は30日(日)まで毎日10-13時/15-18時開館しております。並行して英語その他、国際交流も楽しんで頂いております。

8月は4~5日、18~20日、25~27日の同時間に開けております。

より多くの出会いに恵まれますように―――スタッフ一同お待ちしております。

 

『THE exchange!! vol.5 インターナショナルウィーク』のご案内

ドイツ人大学生の現場実習の後半は、不特定多数を相手にした実践となります。これまでは、我々自身も顔見知りの皆さんを相手のコミュニケーションでした―――。

実は、彼女の学問を説明するのに、毎回四苦八苦しています。ですから、キーワードを列挙するので、各人にヒットするものでイメージしてくださいね。

 

文化、コミュニケーション、文化政策、文化社会学、アート・マネージメント、カルチャー・マネージメント、伝統文化、言語学、マーケティング、民俗学、メディア、政治学、などなど

 

はっ!いかがでしょう?なぜにWild Art YESE!で勉強になるか、ご理解いただけますか?

特に今回のように、自国外での実習の場合、フィールドワークに近いものがあるかもしれませんね。仕事は与えられるモノではなく、自ら生み出すモノ、というスタンスですから。

(かといって、与えていないわけではないので心配いりませんよ~)

というわけで、flyer THE exchange!!

『THE exchange!! vol.5 インターナショナルウィーク』では、日本滞在7~8週間のAlexと共に、グループ展『息』で展示されている作品や写真を基に、

アナタの視点と私の視点を交換し共有しましょう

来て頂いた方と、時に密に話し合います。場合によっては、記録のビデオも撮らせて頂くでしょう。7月23日~30日にご来場の方、是非ご協力ください。

彼女の学問の糧になるのはもちろんですが、日本社会に何か新しいエッセンスをもたらしてくれる、そういう機会だと思っております。

そして、7月28日(金)は、夏休みのファミリースペシャルですよ~!!

午前と午後に一回ずつ、子供たちと英語で遊びます。お話しします。

Wild Art YESEならではの、英語に親しむ貴重な機会になりますので、是非、10時と15時にお集まりください。