吉岡由美子氏のワークショップ申し込みについて

Yumiko’s 申し込み案内2017 PDFが開きますので、印刷希望の方はお使いください。

【Body Resonance 共振する肉体】
――― 時間の器としての肉体。変態の踊りは必然的に現れる。―――
2017年5月12日(金)~14日(日)津市白山町にあるWild Art YESEにて、ヨーロッパに舞踏を広めた第一人者である、ドイツ在住の舞踏家・吉岡由美子氏による第3回ワークショップを開催!!
各日、10時開始。約一時間の休憩を挟み、16時終了です。
年齢経験不問。人数制限あり。合宿プランあり。

【内容】野口体操、太極拳、ヨーガにインスピレーションを受けたリリース・エクササイズ,呼吸エクササイズ,舞踏に関する各種ワーク,振り付けと即興の組み合わせ など
【参加費】 一日 7,000円 / 二日 13,500円 / 三日 19,500円

【申し込み】 yese@live.jp (締切5月5日)

Yumiko is teahing.
吉岡由美子 Yumiko Yoshioka

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。
1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月公演。 絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続け、美術館での上演も多数。
“Body Resonance 共振する肉体“というタイトルの彼女のワークショップは、アジア、ヨーロッパ、北米、南米各地で繰り広げられ、リピーターも多い。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)の常駐メンバー、アドバイザーとして、若手のアーティストを後援している。1995年より、4年に一度、デルタ・ライと共にブルーリン城にて“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催している。

 

 

第3回舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップのご案内(5月12-14日)

お待たせしました!今年もWild Art YESE!に世界を旅する舞踏家Yumiko Yoshiokaさんを白山町にお呼びすることになっています。

我こそは交流したい!我こそは変身したい!我こそは魂の踊りをしたい!我こそは舞踏を体験したい!我こそはちょいと痩せたい!

さ、急いでG.W明けの週末の予定を立てて下さい。飛行機や電車でも車でも来れますよ~。

全国各地から集まって頂けると、そりゃもう大宴会ですね、毎晩(笑)

合宿プランで深い時間をお過ごしください。もちろん、地元白山からも押し寄せて欲しいです!

今さら無理だよ~という人も、一日からの参加ができますので、遠慮せずに申し込んでくださいね。

但し、誠実な方のみ申し込みをお願いします。Please respect each other…!

 

「えーなんのはなしー?」「舞踏って何?」「運動音痴なんですけど・・できる?」とか疑問がありますよね。うん、そりゃそうです。↓↓昨年の様子を報告していますので、どうぞどうぞよろしくどうぞ。

第2回舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップ『Body Resonance』のリポート①

第2回舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップ『Body Resonance』のリポート②

 

YumikoWS2017 Japanese

 

 

 

ERONmelon English spaceのご案内

Ⅰ. ご存知の方、今までお茶を飲みに来て頂いた方、いつも来てくれるgirls…ありがとうございます。

昨年4月よりERONmelonが長期でお休み(理由:熟しすぎちゃって・・)、10月より再開に至ったEnglish Cafeには、学校以来の再開勉強組、未来の学校勉強組、元海外在住組など、色々な方にお越し頂いております。

・・懐かしさに焦がれて・・ERONmelonがまた面白いこと言えるようになっているか気になって・・とりあえずセンスを磨きたくて・・怖いもの見たさ!?・・

『英語という日本社会の一部であるモノの正体に触れる機会を作ろう!』

というスタート時の想いを忘れず、月に一度、広く皆さんとお話しする時間、出会う時間を持っています。

次回は4月16日10時半~是非お越しください!!

 

Ⅱ. それからもう一つ、英会話レッスン(月謝制)の方も、ご要望に応じてカスタマイズしています。

今日は新しく、family lessonを当方で始められました。キャーとかワァーとか、とにかく元気な声がStudioに!かわいいですね。

子どもさんへのlessonは久しぶりだったもので、ERONmelonも真っ赤な顔して一生懸命!

「子どもは成長するし、色々な答えを持っているから面白い」そんな話もありますが、正にその通りになるでしょうね。一週間に一回のレッスンが終わるころ、次のレッスンでどんな成長が見られるのか、officeでうふふと私Yukoはほくそ笑んでおります。。

 

英会話レッスンに興味のある方がおられましたら、コンタクト(リンク)よりご連絡ください。

E-mailアドレス持っていないよー、という学生さんやおじいちゃんおばあちゃんは、このブログのコメント欄にご連絡ください。

レッスンは個別で行われるため、基本的にレッスン見学はできません。当方施設への見学と面接の日を設けますので、その旨お伝え頂ければ幸いです。

 

あっそうそう・・・実は子どもだけじゃないんですよ、成長するのは。新しいことを学んだり経験しようと決めたとき、誰でも成長します。敢えて言うなら、色々な答えでこちらを驚かせてくれるのは、やっぱり子どもならではなのかな??小学校の先生を見ていると、そんな風に思うのです。

 

 

 

目覚めよ、我ら!②


・・というわけで、OTダンサーのYukoです。引き続き、ありがとうございます。

①を読んで頂いて、感動した方もいるかしら?キラキラダンサーばっかり見ている人には、なんとも暗い内容で、失礼。それでも、あくまで新聞記事に書かれている話なので、一般化されているはずで、様子を知るに足る内容です。そして感動する記事ではあります、私には。だってそれが事実だから・・。

6年前の話、実は10年前の状況と変わっていません。娘さんが成長したのが唯一の変化かも?私も元ベビーシッターとして、多少ホロリとやっとできたのは、2014年夏の再会のときでした。シアター系ダンサー養成メンバーに選ばれ、母親譲りの長い手足を使い・・・逆立ちを練習しているみたいだったから、倒立を教えたのが私の唯一の誇り。。(だってベビーシッターだった頃の辛い一夜の体験覚えてないじゃん! 一緒に踊ったこと覚えてないじゃん!)

それでまあ、6年前の記事を読んで、今日と何が変わったのだろうと、彼女の身を想像しました。多分、好きなように踊っていると思うのです。娘さんも12歳、進路選択の時分でしょうが、両親共に好き放題やっていると思うのです。ひとつ願うならば、タバコには手を出してほしくないかな、娘さんには。

私は知る人ぞ知る禁煙活動家です。タバコというものへの依存、アーティストが多くを占めるかと想像に難くないですね。依存症というのは・・・(ここからは医学的ウンチクになるので止めます)

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

ドイツには素晴らしいダンス作品を生み出す人が、ごろごろ居ます。世界中から人が集まってくるので、終わり無く探求できる学問でもあります。人文学の研究にもなるほど、人種や文化・言語が当たり前のように混沌と存在している現場であります。オペラやクラッシックの世界との大きな違いですね。

で、混沌とした中に放置されると、それを一緒に楽しめる人と、呑み込まれて壊れる人と、嫌悪感で逃げる人と、色々います。その中で、統率力も備わった飛び抜けてぶっ飛んでいるアーティストたちが、計算尽くされたとんでもないダンス作品を構築します。それらには日本でも観る機会があることでしょう。

そんな限りある才能は我ら持ち合わせていないし、試行錯誤している人たちもいっぱい見てきました。

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

話を混ぜるようですが、リハビリテーションとは何かご存知ですか?

検索サイトで調べて頂ければ出てきますので、その中からご自身の体験と共に、イメージしてください。

私がよく使うのは「その人が再びその人らしく生きるのに必要な手段や目的」。

それで、OTダンサーとしていつも念頭にあるのは「豊かな死」です。

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

さて、コンテンポラリーダンスの先生なんですが、色気は舞台上でのみ。他は鬼みたいな人でした。笑わないんです、めったに。笑いというものから遠ざかりすぎてて、表情にめったに現れないのです。そういう役回りで生きている人なのでしょう。新聞記事を読んでも、やっぱり、という感じ。でもひょっとしたら、2017年の今は笑顔が増えているかもしれませんが・・・そのうち会いに行って、思いっきり笑わしたいかも。。

 

 

 

 

 

 

目覚めよ、我ら!①

先のブログに書いたとおりEronからのリポートのつもりでしたが、そのEronの想いに応えて行動した結果、Wild Art YESE!はもちろんのこと、Yuko自身の次のstepsになりましたので、先に書かせて頂きます。

簡単に言ってしまうと、振り返りをしました。反省ではなく、人生の振り返り。(一応、半分生きたつもり)

皆さん、メールアドレスはいくつ持っておられますか?近頃はLINEというものがあり、モバイル端末をいじるのは日常茶飯事で、メールは不要の方もいるでしょうね。私はポケベルが廃れて、家電(いえでん)FAX携帯、という月々の支払い料金がとんでもない時代を始めた頃に、メールアドレスを保持し始めました。その二代目のアドレスには、2004年ドイツ関連の方々の連絡先が入っています。

当時、現場でダンスの情報を手に入れる以外の方法、つまり、ニュースレター登録というのが始まった頃でした。以来、ずっと受け取って目を通すレターがあります。私がコンテンポラリーダンスを学び、チームの一員として仕事をしていたカンパニーからです。そこに「15周年を記念して、各公演を振り返るビデオを順に提供します」とあり、私の中での時間軸が再びぐるぐると・・・そこで発見したのは、驚いたことに、6年前の今日の新聞記事。(以下、原文に訳を載せて、このブログ①終了)

研修会リポート

20170129_093254この写真から、月記を。。。

と、忘れて一月経ちまして、3月3日ひな祭り。梅が美しく咲いてはいるものの、寒い一日となりました。まったく色気のないWild Art YESE!から、ちょっとしたリポートです。

まずはみなさんに、質問。

「上の写真、どんなことをしている場面でしょうか?」

答え。

「グランドピアノの周りで、打楽器を鳴らしている場面。」

 

無造作に無制限に、そうぶん小ホールでのアクシデントです。

とある日曜朝9時半前のアクシデントです。

私Yuko、前日土曜の夜もここにいて、遅く白山に戻り寝て、子らと朝食、お弁当作りなどをしてブンブン車を走らせて、津に辿り着いた時にこんな感じでした。

このブログタイトルにもあるとおり、研修会ですから、ね。

 

『アート教育』この言葉をご存知ですか?

仰々しく感じるのは、教育という響きだからでしょうか?アートと不釣合いに思える相手だからでしょうか?

三重県民になって以来、出掛けて学びに行っています。私の中での経験の穴埋め作業と、理解のために。

 

ドイツで私はダンサー・ダンス講師を生業としていました。

アーティストだけの現場以外では、

Hiphop文化体験、アート教育、アートセラピー、多文化多人種共生事業、差別や人権問題を扱う団体、反ナチス教育など、諸団体の諸イベントに教育・養育の現場に派遣されていました。(2005-2008年)

メディア露出より庶民派だったわけです。

日本に戻ってから、子育てをしながら思うこと、医療・福祉現場で思うこと、未来の日本について想像できること、ダンスやHiphopから遠く離れた日々の中で、考察しています。

自分らしさの半分が欠ける環境の中で、飢えた日々の中で、アートの存在価値を見つめています。

 

さて、この三重県生涯学習センター主催の『アート教育』研修も、年々深くなっていきます。面白いことをしてくれますし、発展していっているわけですが、ちょっと私の中で勢いのなさが引っかかります。

勢いって・・・・?

せっかく新しい概念やモノが生み出されたのに、アート教育というものの成長曲線が緩いだけでなく、そこに関わる人たちに機会が与えられないが故の停滞を感じます。(我が身を含め)

 

きっと2017年もフツフツとグダグダとしそうなので、このあたりで書き止めます。

次のブログは、私からではなくEronから、とある都市のアートリポートにしたいと思います。

see you soon!

月記というものがあってよろしくて?

こちらのレジデンスアーティストS.T-Gが一年生をやっています。1月になった途端、「この春に二年生か」と温かい励ましの言葉を頂くのですが・・・9月にやっと小学校に入学したに等しい人物にあり、親としては全くその気はないのですが、当の本人は二年生になるつもりの様子。。

さて、当一年生の目下の悩みは、隔日で出される宿題『日記』。

本人曰く、ルールがあるらしい。

一つ、先生の知らないことを書く。

一つ、今日のことを書く。

 

先生が集団下校で一緒に歩いたから、下校時の面白い話は書けない。

土曜は楽しいことがあったけど、そのことは日曜になってしまったら書けない。

 

頭の固い、純粋な一年生を前に、「そんなことどうでもいいから早く終わらせて」と訴える私は、世渡り上手な人間にするにはまだ早いか・・・と反省しつつ、本当に困っています。

言語表現が得意な子、つまり5歳児(弟)が横槍を入れ、日記の内容を作ってあげるのですが、これまた自分の想いと違うのか、全く受け入れません。

というわけで、日記に絵を貼ったり(絵日記は夏休みの宿題で最後で今はない)、5時間ノートを前にうずくまっていたり、書かなかったりしながら、週三日親にとっても地獄の時間を過ごしております。

(みなさん、こんな体験談あります?)

 

そんな中、S.T-Gの創作作家である所以、書けない苦しみからの脱却方法が見つかりました!

帰宅後は紙。紙。紙。いつでもまずは紙なのです。最近は描かず、折まくっております。

12月の感謝会のパフォーマンス中にも登場しましたが、紙飛行機への熱がすごいのです。

作り初めから二年近く経つかと思うのですが、未だ新作が次から次へと――研究に忙しいのです。↓ある日の残骸↓ 至る所にあります。

20170202_170611

 

そんなわけで、日記は必ずそのことになりました。言葉で伝えるのが苦手な子ですから、先生には前回と何が違うのか??読んだだけではコメントもしづらいのに、毎回温かい言葉が並びます。

そんなこんなで日記との闘いに勝機が見え、切迫感が取れ、ふと我が身に置き換えました。

ブログの新年の挨拶も忘れたまま1月残り一週間となった頃・・・「よっし月記でいくぜ!」と意気込んだ私Yukoでした。が、あろうことか、ルールを破ってしまいました。

一つ、今月のことを書く。

20170202_172227

 

むむむ~2月2日です、今日。だけど、1月のブログに書こうとしたことを今日、ね。

そしてさっさと終えて遊んでね、とばかりに5歳児に積まれた折り紙作品の数々。

 

(むむむ~二月になったら二月の話で〆ねばー)

今月の『週末英語と踊りの日』のご案内です!

2月26日(日)10時半~English Cafe(500円)  11時半~Dance(1500円)

英語を感じてください。ERONmelonが楽しませてくれます。教えてくれます。

踊りは参加者の希望に沿います。表現を学ぶもよし。身体について学ぶもよし。心について学ぶもよし。リズムを学ぶもよし。技術を学ぶもよし。

 

2017年の出会い、みなさん、どうぞよろしくお願いします!!