リバーパーク真見 春フェスタ2019 リポート

第三回目のフェスタ。急な暑さとなり、たかが5時間されど5時間の芝生に転がる日。

我々は国際交流ブースという体で、町内在住の国際結婚3組で賑やかに出てみましたよ。

(って、全く賑やかな写真ではないですが)

20190505_131521

ムロくんのジャンベ青空教室があったので、小さいお子さんが喜んでいましたね。

実は4年ぶりに一緒になりました、ムロくん。変わらずパワフルでした~

バウロンとの協演&子どもを踊らせる、閉会宣言があった後のセッション!

 

本当に暑くて暑くて、元気の残っている人だけが跳ねました。

家城ラインの風景と時々通るディーゼル(名松線)。芝生に花々。

自然を楽しみに来て欲しい。もっと沢山の人にね!!次は秋フェスタで~す。

ゲストハウス イロンゴの紹介

こんにちは。今日は我々が全面的に協力し、白山を対外的に紹介していく手段の一つである「白山町内”初”民宿」について書きます。

俗にいう民泊の形態をとっていますが、農業体験ができ、フィリピン文化体験ができる民宿で、農泊とも言っています。オーナー自身は”農家さん”というよりは、農業の専門家であり、フィリピンの環境保全活動を主軸に生活され、白山へのUターンをして二年です。

とはいっても、やはりやはり!農家さんに育っていく人たちなんだな~と感じます。

とにかく勢いのいいオーナーの麻里さんは、ガツガツ仕事をするタイプで、きっと寝ていません。私たちのように、睡眠第一という人間ではないでしょう。。

まずは大きく騒ぐ!メジャー路線で勝負したオープニングパーティーは、大成功でした。

私たちは準備・広報を手伝う以外に、当日のステージ担当でした。

ステージといっても、麻里さんの家の駐車スペースで騒ぐ・・!・・いやいや近所を気にしなくていいって話だったので、マイク使ってMCやって、踊らせてもらって、次々音楽ライブやっていました。

MCの私は場を温めて踊って、出演者の紹介をして。3時間気が抜けませんでしたね~雨で一時間早く撤収になったのに助けられました。それではイロンゴのブログをどうぞ↓↓

3月30日オープニングイベント

そうして一ヶ月が経った今、民泊のお客さんもGW期間は沢山入っているようですね。それだけでも精一杯だと思うのですが、麻里さんは勢いよすぎるので、農業体験やら各種WSもどんどんやってきます。

発酵料理教室 しょうゆ

食にうるさいYESEの小学二年生が参加を希望しまして、有機醤油を仕込んでまいりました。

5月は味噌作りに田植え体験など、食が目白押しです。時代を遡ることで見えてくることを期待して、色々企画していると思うので参加してみてくださいね。

20190330_121152-1

こうしてイロンゴfamilyと付き合うようになって感じているのが、需要と供給のバランスとお金を生み出すこととは?という、創業・起業家の基本です。

米・みそ・しょうゆの需要は100%。食に関わる業種ってすごいですね。

いつ何時でも私が口にする「個人事業主だけど儲ける(られる)業種ではない」というWild Art YESE!の在り様には、起業家の基本はないのです。表向き起業している私、やはり芸術家で結構です。文化人でいさせてください。

農業はできないけれど農業の大切さを伝え、表現者を生み出す場としてのWild Art YESE!を続けていきたいと思います。

 

5月17~19日はYumikoと白山で過ごそう!

YumikoWSMay2019

吉岡由美子 Yumiko Yoshioka

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動した。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月のロングランとなり、絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続けている。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)にて、1995年より四年に一度、デルタ・ライと共に“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催し、世界中の舞踏ファンの聖地となっている。

Body Resonanceワークショップのご案内

今年も舞踏家・吉岡由美子氏が津市白山町にやって来ます。

先日、町内在住の文化人と知り合いました。「暗黒舞踏知ってる」などおっしゃり、「アリアドーネの會とか、昔、京都のストリップ劇場で・・」と話が弾みました。それで、Wild Art YESE!で開催される、5月のワークショップについて案内を手に説明しました。

K氏「ミゼール花岡!あ、懐かしい。え、知ってるの?」

私「ミゼール時代は知りませんが、Yumikoとして知ってます。」

K氏「えっ?あ、同じ人?で、どこの話?」

私「だから白山です。うちです。」

K氏「えっ?白山って・・えっここ?嘘やろう??」

私「いや、本当に。そこの榊原温泉口駅からやって来ます。」

K氏「・・(言葉を失う)・・ほんまにここに!?」

私「日本ではうちでしかワークショップされません。でも5回目になります。」

K氏「え、ミゼールが毎年白山に来てるの!?」

私「ええ、私たちの先生というか師匠というか、そういうわけで。」

K氏「え~~あかん!今どこでこんな話してるか分からんくなってきた・・」

私「白山の話です。Kさんの家と同じ村での話です。」

 

Yumiko’s申し込み案内2019(PDFが開きます)

5月17~19日はオーガニックムーブメントを見つけましょう。

暗黒舞踏とは違いますので、ご安心を。どなたでも参加できます。

アナタだけの動きを発見する機会と思って、是が非でも飛び込んでください!!

 

各日、10時開始。約一時間の休憩を挟み、16時終了です。遠方の方に向けて、合宿プランもありますので、お問い合わせください。

【内容】 野口体操、太極拳、ヨーガにインスピレーションを受けたリリース・エクササイズ
呼吸エクササイズ
舞踏に関する各種ワーク
振り付けと即興の組み合わせ など

【参加費】 一日 7,000円 / 二日 13,500円 / 三日 20,000円
【申し込み】 yese@live.jp   (〆切 5月8日)

ビジネ寿しパーティーのリポート

50年後の白山町のために立ち上げたLanding in Hakusan~過疎にならない里を目指す会~の第一回目の活動として、異業種交流会『ビジネ寿しパーティー』を榊原温泉口駅近くにオープンした、ゲストハウスイロンゴで開催しました。

なぜビジネスとお寿司を絡ませているのか、これは追々・・うまく行きそうになってきたら話を致しましょう。

というわけで、ゲストハウス自慢のおくどさんで割烹着でお米を炊きました。会員3人とイベントサポートメンバー(お料理担当)の2人が中心となって、準備・運営に頑張りましたよ~


1月29日当日夜は、白山町在住もしくは白山に興味のある農業・飲食・行政・美容・小売りなど、様々な業種の16名の方に集まって頂きました。

我々パフォーマンスアートグループ 36±36は、会のお披露目を兼ねた第一回催しに相応しい、セレモニーの要素を多分に含んだパフォーマンスをさせて頂きました。

その後は、そのまま司会進行を担当し、会についての趣旨説明、白山町に抱く想いなど共有させて頂きました。そして、料理を主役に歓談し、仲良くなったところで後半へ!

3グループに分かれて、白山町の未来を語り合いました。次につながるアクションプランがそれぞれで見出せたと思います。集まってくださった皆さんを巻き込み、Landing in Hakusanを町を動かす一大ムーブメントに発展させていきたいと思っています。

なにかが動く、変わっていく・・・機を逸しないように—-。

人が交わるのを忘れたら、もう人ではない。

どうも、大変ご無沙汰しております。Wild Art YESE!に春の空気が漂い始めました。

12月から冬真っただ中、思ったほどの暖冬ではなく、だったら沢山積もる冬がいい。。

それでも、少し表に出る時期になってまいりましたよ~。

しかし。しかし。

ワタクシしばらく、人権問題に闘いを挑んでいまして、YESE!内にほとんどおりません。

『女性差別はなぜ社会からなくならないのか』体感しております。それで、頭も心もいっぱいになるので、すっかり英語を話せなくなってしまい・・只今努力して元の生活に戻ろうとしておりま~す。春ですから、人の流れが戻ってくるので、準備準備!!

そして、もう一つ大事なことに取り組んでいます。

事の始まりは、11月のリバーパーク真見でのイベント計画中——白山町に移住して以来の大きな課題だと、孤独に私が取り組んでいた『白山に人を呼ぶ』活動に、共感して一緒に取り組む仲間が見つかったことです。しかも「白山を愛してます!」と大きな声で言ってくれる仲間です。

そんな勢いづいた私たちが市民団体を立ち上げました。

Landing in Hakusan~過疎にならない里を目指す会~

そして、さらなる仲間を探そうと企画したイベントがこちら↓↓

ビジネすしポスターver.4写真用

どこまでも、白山について考えています。ただひたすら、白山に特化した活動をしていきます。会議もかなり真面目です。

そんなこんなで、次は白山町初のゲストハウスオープニングが、3月に控えております。5月にはリバーパーク真見の春フェスタも控えています。

そしてWild Art YESE!では、5月17~19日に毎年恒例の、舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップが開催されます。どうぞ、白山に遊びに来てください。お待ちしております。

YumikoWSMay2019

 

11月24日イベントのご案内

皆さん、リバーパーク真見をご存知でしょうか。

津市白山町にあります、雲出川と名松線に挟まれた、広大な敷地をもつ公園です。

芝生や水路のある散策道、クライネガルテン(滞在型農園)、川遊びはもちろんBBQのできる施設です。四季折々の景色もいいですよ~。

今年から春秋に開催される新しいフェスタ(別名:リバーパークと白山町のPRイベント)が、今週土曜日にあります。リバーパーク真見HPへジャンプ20180505_111921こちら、5月5日の第一回の写真。

『千方餅』が真見地域の名物になっており、朝早くから地域住民一丸となって作っています。美味しいし一つでお腹いっぱいになるし、練りこまれたヨモギを摘む苦労を想いながら頬張ると、ふあ~と幸せになります。

春は青々とした芝生の上で寝転がったり、クッブ(薪投げゲーム)をしたり、家族連れがお弁当食べたりしていましたよ。

藤棚の所で、久世さんの絵本の読み聞かせ遊びもありましたね。

我々Wild Art YESE!は、庭のパラソルと椅子を移動させ、会場を盛り上げる役を。

そして最後は、ピアノの大谷清文さんと、4年ぶりに即興パフォーマンスを青空の下で。最後はお客さんを巻き込んで、踊りを一緒に楽しみました。

20180505_112025

秋も深まっており、朝の寒さに身が縮む最近ですが、10時~14時の過ごしやすい時間帯のイベントです。紅葉狩りに、是非お越しください。

我々今回は、町内在住のお仲間と出店します。

千方餅のお供になる、お茶を用意することになっております。

状況次第では、ボーンズとバウロンのミニワークショップも考えています。

踊りは約束できませんが、更に更にの状況次第で——。

沢山の方に会えると信じて・・お待ちしております!