タイトル

私は今、昨年津市久居にレジデンス滞在制作されていた現代美術家・大野由美子さんのインスタレーション作品にお供しています。事故的に一年強に渡るプロジェクトになってしまい、きっと、津市の事業だったことと合わせて、皆さんの記憶の欠片にもないことでしょうが・・私は”棚から牡丹餅”状態に幸せを味わっています。

「私はダンサー」と言ったら踊ると思うでしょう。「私は役者」と言ったら喋ると思うでしょう。「私は表現者」と言えば表現すると思うでしょう。

人は自分の経験からしか物事を理解できせん。だからこの国には芸術家を奇異の目で見る人が多く存在します。

「私は作品の一部」と言ったら・・何をすると思いますか?

  インスタレーション作品になります。静物ではなく動物の形で。

現代美術家と言ったら画家ではないのが分かるでしょう。陶芸家でもないことが分かるでしょう。

私はパフォーマンスアーティストです。ですが、それでは不安になるそうです。

久居のアルスプラザで発表した第一部「町」第二部「街」では、一般に伝わるダンサー/現代舞踊家としました。

この作品を観て、「全然踊らんかったな」と疑問に思った方はいませんでした。

もちろん、音楽もない無音のギャラリーに居ることを心地悪いと思った方もいません。(2~92歳までいらっしゃいました)

コロナ禍でお客さんに出会うことが難しい時に、芸術へ心を傾けていただき、芸術を分かち合えたことが幸せでした。

さて、今回のフライヤーには、私は即興舞踊家と書きました。

第三部「世界」の舞台が、国の史跡旧崇高堂(伊賀)という広い空間であり、焼成後の瓦の姿も見ていなかったからです。

即興というと”その場で思いつきで何かするだけ”と、やや歪曲されて理解されることもあるのですが、即興芸術の場合、芸術家自身のバックグラウンドやテクニック、観客との空間や時間をどう演出するかという、最大限に感性と感受性を瞬間瞬間に活用することになります。

「インスピレーションとか沢山浮かぶんですか?」という質問を受けましたが、「自分では全く考えたこともないですが、一般化するとそういうことでしょうね」と返事をしました。

思いつきですよ。思いつかなきゃ始まらない。

でも、それを観られるものに一瞬ですることができるのが即興舞踊家であり、それを聴けるものにするのが即興演奏家。だからそれをビデオに収めることも、動画サイトに揚げることも、私たちには意味をなさない。だってあの”瞬間”が一番美しいんだもの。

それで今、巡回展として、伊賀の直後から神戸の出来立てバイソンギャラリーで展示しています。

12月10日に初日。パフォーマンスアーティストとも自己紹介し、雑然としたバイソンの一部となりました。

12月27日最終日のあと瓦としばらくお別れとなるので、惜しみなく戯れたいと思います。

インターナショナルフェスティバルin白山2022

第四回目を迎えます。単に「インターナショナル」がテーマのイベントから、少し成長して、国際感覚・教養などといったことを次に期待する段階に来ております。

人間である限り、どのような状況でも、どのような人種でも、互いを思いやり、リスペクトし合うこと。

愛や平和は常に身近であるべきで、感じあえたり、想いあえたらスバラシイ。

11月5日(土)16時~19時半、猪の倉温泉下のキャンプ場にて、是非一緒に火を囲みましょう!

食と芸術とアナタとワタシ。すべてが大地の上で火の傍らで。

前日予約2000円。当日2200円。小学生以下無料。中学生大人の半額。

LOVE&PEACE 2022

“Can relax around the fire..

Can relax around the people..

Time and Space where to exchange heart have no boundary.

The Earth where to step firmly is all connected.

All Time and Space where to exchange today lead to tomorrow. “

火のまはりでたゆむ

人人のまはりでたゆむ

心交わす時空に境はなし

あなたの踏みしめる大地は、全てつながっている

今日の交わした時空は、明日につながっている

The image of AGING

日本社会にいると、どうしたって「○○才だったらこうあるべき」「いい年して脚出して」「老けて見える」「まだまだ若いのにねぇ」等々なんぞ、当たり前に聞かれる。私自身、使いたくなくても使った方がいい場面というのに遭遇する。なんでだろ、なぜこの国は個のイメージを集団の平均イメージに押し当てるのだろう・・・ね?

平均寿命という有り難くない数字が出され、早く死んでしまうと可哀そうがられ、寿がつく度に祝われる。みんなそんな外のイメージを基準に生きているのだろう・・・か?

自分の命を輝かせるのに、平均イメージなどなくていいはずなのに、なぜだろう。

平均イメージに引っ張られたくない次世代にとって、今ある平均イメージはGHQ上がりだと思えないか??

平均寿命50-60代だったら、その新陳代謝の良さは人間に密の高い人生を与えるのではないか??

田舎に暮らすと、平均の良さにも気づく。

でも平均から明らかに外れた、ぶっ飛んだ、エネルギーの高い人が田舎を訪れてくれると、すごくギンギンに活気づく。

もちろんそんな人には米は作れないだろうけど。

ほどよく、生きたい。

明らかに平均から外れて生きることに恐怖などない。

ギンギンしすぎたら田舎が癒してくれるだろう。

とりあえず、その時の最高で踊ろうとずっと思っている。

Artistがやってきた!②

11月に出会って、なんだか気の毒に思える瞬間もあったりしながら、津市の一つの地域にどっぷり浸かって。自分の疲労も分からなくなるような怒涛の日々。

先が決まらない事を楽しむ余裕もなく、追われて追われて年越し。

大野由美子さんは、社会主義と資本主義の中にある、ユートピアを探し続けている方だと思うのです。それはもしかしたら、東西に分けられたドイツにまだある気がします。

東西に分けられたベルリンが統一されて生まれた、アーティストが挑戦できる世界が答えだった気もします。

日本に留まる選択をせざるを得ない日常が重くのしかかる、私と同じ感情を抱えてました。

日本で活動をスタートした2020年の不安な気持ちを払拭するために、前に進むことがpositive energyと出会うということ。それが一番やらなきゃいけないことだと、声を大にして言ってくれて嬉しかった。

お陰で活動的に過ごせてます。YESE!メンバーも。感謝!

そんなわけで実験的に、YESE!で野焼きをしたんです。→→火の番が好きなメンバーが確保でき、なにせ条件が揃わないとできないこと。冬休みの大研究。いや、炊き出しの練習も兼ねた防災訓練のような・・・。

窯がないなら野焼き。土器づくりのような、非常に原始的でワクワクする時間でした。

残念ながら瓦は割れてしまいましたが、新しくコンクリート塀に貼りたいと思います。

Wild Art YESE!を開業して9年半弱。新しい瓦で未来を描きたいと思います。(そのうち)

Artistがやってきた!①

津市久居にはアルスプラザという、旧久居市役所庁舎の跡地に、コロナ禍に開館した公共施設があります。箱は、公の色はかなり抑えられています。ですが、公の雰囲気は至る所にあり、箱から芸術劇場を前面に押し出すヨーロッパを懐かしく思います。

そんな場所ですが、なんとか融合しようと挑戦されています。

レジデンスプログラム=公募でアーティストを招聘し、久居で制作してもらい発表する、という企画の第一弾が進行中です。

色々ありまして、Wild Art YESE!も協力し、応援し、制作を手伝っています。だって、アーティストの気持ちってアーティストにしか通じないことがあるでしょ?

現代美術作家・大野由美子さん。私が憧れる遊牧民生活をされています。

作品展は1月12日~23日。その間に3回、Yukoがインスタレーションの一部として登場します。

静のモノが動のモノになる、そんな芸術の形を是非体感してください。

「覚える」

最近、なぜか覚書といったモノに署名をしたり、覚書を確認するといった場面に出くわす。ビジネス場面でのことだ。しかし、「コンピュータのメモ機能を使う」程度のことも、覚書と使っても許容範囲のようだ。これは多分、英語でmemoやmemorandumという言葉であるから、手書きで作った覚書時代を経て、ほぼ打字時代の現在ならではの流れだ。

今の覚書は、何と幅の広いことか!

さらさらっと書いて、そこへ本人しか書けないような署名をぐちゃぐちゃっと書いて、覚書で良かったのに・・・。

なぜか、バチバチガチャガチャと打ち込んで、(いや、ドッドッドッドと叩くものもあるか・・)プリンターという名器に字を出させ、そこにわざわざ丁寧に署名し、日本の場合は捺印まで求められる。

「なにぞやわずらわしいことぞ」

手広くビジネスを展開すると、名器(名機)に頼らざるを得ない。ガリ版印刷で顔をインクまみれになっていた時代を懐かしく思う。

以上、

ガリ版印刷のことは見たことはないけど話には聞いたことがある私の、未来の大人への覚書。

Yumiko Yoshioka’s WS2020 リポート③

明るい優しい日差しが出てきてくれる、そんな春には、花粉を忘れて外でランチが幸せ。

鳥や風の声を聴いていたら、冬を超えた実感が湧いてくる。

昼間に動いて笑って、服を一枚脱いで感じて学ぶ時間。年齢は関係ないな~。

今日の終わりは温泉に浸かって、緩んだ体や緊張した時間を解す。

一年に一回、ここに集まって頂ければ、大きな喜びと新たな自分に出会えるのです。

We were glad to see you again,thank you!!

Yumiko Yoshioka’s WS2020 リポート②

とにかく由美子さんは元気である。一人でゴロゴロ転がしながら旅するのだから、自由で楽しく笑っている。日本人女性でここまでタフな人がいると、私なんかはひょろひょろ人間だと思える。私も旅好きだが、気の狂うような年間予定を立ててしまう旅人とは比べものにならない。そして各地から、文化や文明の報告を写真付きで伝えてくれる。由美子さんとの文通はかれこれ17年も続いているが、お互いに日本語盛り沢山で書く。でも時々頭に浮かぶ。同じことを英語やドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語でやっているのではないか?と。あの人の頭の中はどうなっているのか感心するが、元々文学少女である由、旅を続けていればどの言語でも書けるのだろう。私はすっかり日本の住人になってしまった。決して悲しんでいるわけではないのだが、外が恋しいと思うことはしばしばあり。

日本に住んでいて世間の流行だけは身近に感じている。聞こえてくる流行りのポップスも口ずさむ。馴染むことはできている。ただ、美しい日本の四季というのが、どうも違っている。昨春だって、暖冬だった割にはのんびりやって来たし、夏だって7月はずっと雨が降っていた。冷夏だと言われたのに8月は38℃とか毎日狂っていた。

そういう時、由美子さんにこの手の話は通じない。彼女にはもう四季は存在しない。

「タイムトラベルする人にとっての一秒で、一年後の未来に行くには、光速の何%で進めばいいのか」との難題を5年生に投げかけられて困っている私にとって、由美子さんは正に異次元の世界で生きているのだと思える。ファンタジー要素のある人だから、年相応といった事物や通常の概念などといったことが実に無意味だ。

ヨーロッパに向かおうとした室伏鴻さんがメキシコの空港で亡くなった時、由美子さんもいつかはそうなのかなと思った。でも2020はその旅を止めるよう進言した。COVID-19で辺境の地で死んで、しばらくして遺骨だけ日本に帰ってきたらラッキーだけど・・なんて言って。実際、年間何度飛行機に乗っているのか知らないけど、事故など無縁でこれた運のいい人にとって、私の言葉は厄介だったかもしれない。でも旅の自由や爽快感を喜べない状況なんて、あっても仕方ない。代わりの方法はいくらでもあるだろう。

たまにはバイクで旅でも