ゴン中山ではありません。

今日の一言は、我が家の二歳児の的確でかつ毎日何度も聞く一言です。お陰で「ミスターゴン」とあだ名を付けられた人がいます。さて・・

多言語の中で育つと、どうしても発することが遅れがちですが、ここ二週間でやっと聞き取れる自分の言葉が増えています。しかし二ヶ月ほど前から一番まともに使いこなすのがこれ。

“Gone!”

つまり「いなくなった」「いないよ」という返事なのです。じゃあ主語は誰で質問は何だったのでしょうか?

答えは・・・・「パパはどこ?Where is Papa?」

ええ、、毎日この質問をせざるを得ず、子も返事をしなければいけないのです。どういうことでしょうね・・・・分かりません。

しかし皆さん!二歳児だって状況把握はちゃんとできるのです。20回に一度はこの一言です!

“coming!”  

YEAH^^ well done!

オープニングパーティのご案内

Wild Art YESE!のダンスフロア(STUDIO greytan36稽古場)が無事完成したので、お披露目会を開きます。

題して、何を今さら第三弾!!!ギリギリでごめんなさーい。

実は3月初旬に津市白山町内にはこのようなチラシ→YESE FLYER を配りました。

興味があれば自由に来場・参加していただけます。
ダンススタジオのお披露目、YESE!案内、tee-time、talking、”shake your ass”MUSIC、田舎探索(春を見つけに行こう)、大人の時間(寝袋お泊り可)、☆観察。

※持ち込み可、調理自由(屋内屋外)、禁煙、ペット連れ要相談

partyに先駆けまして、以下も要チェックですよ!お待ちしていま~す。

3月26日(水)10時~幼児体操/10時半~ダンス/11時~BODYconditioningの体験・説明会実施。
3月27日(木)10時~英語レッスンの見学・説明会実施。
3月29日(土)10時~家族で絵本と音を楽しむ会(要予約・一家族1000円)開催。

父親が子を諭す?

“Is this the place for fight?”

「こんなはずじゃなかったー」と泣き叫び、夕食の場を乱す子に向き合ったEronが発した言葉です。

だいたいこういう言い方で数回話をします。それでも大騒ぎが続くと・・・

“Just get out of the kitchen!”

それでも子供が騒いでキッチンから出て行かないと・・・

“OK~I’ll just leave and eat outside of the kitchen.”

そんな状況下、私は良い子で食卓に着くもう一人と、我先に食べ始めます。(もちろん「いただきます」と言って)

ぎゃあぎゃあ騒ぐ者を相手にするのは一人で十分。別の言い方をすれば、夫には被害者になってもらってます。

しかし、父親というのは叱る役目を持っていると思うのです。

これが母親が叱るとなると、母性が邪魔して面倒くさくなって、下手なことをしてしまいがちです。

同じことで、父親というのは少し乱暴に扱ってしまってもいいので、”高い高い”とか”飛行機”とか、はたまた”戦闘ごっこ”が好きな年頃にはそれにとことん付き合う役目を持っていると思うのです。(母親は適時「疲れたから終わりにしよう」と言ってもいい)それに”ままごと”に父親が登場しないと淋しいと思いませんか?

社会においても(学校においても)父親役、母親役がいればbest!と。うまい社会構造ってそれだよねー、と考えながらいつも先に「ごちそうさま~」と逃げる母=妻を許して~~。

ホームページのご紹介

何を今さら?第二弾は、about our homepage(website).

http://wildartyese.com です。

現在日本語版のみほぼ完成形(手直しは4月以降を予定)。英語版途中。ドイツ語版数ヵ月後、という状況です。

一番良いのは大きな画面で見てもらうことなのですが、smart phone利用者のことも考慮した構成になっております。(個性がなくなると意見もありますが、自分たちでできる限りPCいじった結果ですので、ご了承を)

みなさん、3月29日はWild Art YESE!の正式オープニングパーティです。時間のある時にお越しください。というわけで長文は書かず、午後の肉体労働に備え(え?)、キッチンに移動します。

『家族で絵本と音を楽しむ会in白山』のお知らせ

やっと春を感じるようになりました。梅は満開。濃い目のピンクを咲かせる大木に、、わーっと声を上げてしまいます。

さて、卒園卒業式のある今週は、何かと忙しい雰囲気ですね。そして三連休。。。

Wild Art YESE!では『家族で絵本と音を楽しむ会』を来週に開催します。

第十回:3月29日(土)10時~11時

プログラムとERONmelon-manの載ったチラシは今回はありません。

純粋にイベント名を見て興味のある方、そのままのことをしますから、気負いなく・・「私は一人家族です」という方も、「家族を誘ったけど興味ないと言われた」というお一人様でも、「うちは子どもが5人」というご家族でも、一家族1000円の参加費で楽しんでいただけます。

ただし事前予約が必要なので、050-7001-7623(9~18時)に連絡お願い致します。

イベント終了後はYESE!内で自由に過ごしていただけます。お弁当持参ok!

第11回の土曜日は午後からはYESE!のオープニングパーティをするので、そのままずるずるのんびりもok!

あ、大事なこと書き忘れました。絵本といっても英語で読みま~す。

STUDIO改築リポート⑥

何を今さら??な話なのですが、前回のリポートが11月のコンクリート打ちに関してでした。もう4ヶ月も前なので、あーあの日は温かな陽射しがあったなあ、程度の遠い記憶です。

じゃあ何をサボって作業を進めていなかったのだ!と怒らないで下さい。逆です。極限の寒さの中(大げさ?)、ずーっと治らぬ手あれとシモヤケを抱え、築き上げておりました。証拠写真もいっぱいあるのですが、これは入っていただいた大工さんとの極秘情報にしたいと思います。一つ言えるのは、ドイツ式ダンスフロアと日本の在来工法の素晴らしい出会い、ということです。

さて、ここまで書くとまるですでに完成したかのような響きがありますね。。

We’re NOT finished! ですよ。。あと一週間ください!工事現場の様子を見たい方は、遠慮なく覗きに来て下さい。

DIYじゃないです。田舎では何でもできないといけないんです。(それが辛い人は都会に行くしかないのですが)私たちはそれが面白いと思えます。アーティストが自分の作業場と仕事を自分で作って、、もがいている姿も新鮮じゃないですか!?

陶芸家が窯を自宅に構えたり、大工さんが独立して工房を持ったり、そんなようなものです。全然特別じゃないですから、どんどん近寄って来て下さいね!