職業アーティスト育成プログラムのリポート③

濱口新平とPAのみなさんが、先ほど最終打ち合わせにYESE!に来られました。絵画展用の絵をスーツケースに収めました。(実はこれに一番手間取って今日までかかってしまいました)

渡航までわずか数日になり、今から髪の毛を刈りに行くそうです。坊主じゃないですよ、爽やかヘアスタイル~ですって。荷造りが終わって少し余裕みたいです。いいですね・・・・(私たちにはまだ明日がある!)

 

さあ、改めて津市久居出身のアマチュア画家・濱口新平の紹介をしますね。

2007年より自由芸術教室「HUMAN・ELEMENT」にて油絵制作を始める。

作品のモチーフはインスピレーションや夢で見たことで、特に100号サイズを得意とする。

みえ県展では出品した過去5回全てに入選している。
2012年より県内各地での個展やライブペインティングなどの直接的な外交活動を始める。

 

ファンは多いです。年齢層は幅広いです。応援してくれている人が沢山います。

一番すごいのは、多分・・この人が新平ファンだ、ということです。

では、ご紹介しましょう!

 

AKIRA(本人ブログより転載)
1959年日光市生まれ。23歳からニューヨーク、アテネ、フィレンツェ、マドリッドなど、 十年ものあいだ日本をはなれ、アンディー・ウォーホルから奨学金を受ける。 世界100カ国を旅し、小説家、画家、ミュージシャンなど、「日本が生み、世界が育てた21世紀のダビンチ」と呼ばれるマルチアーティスト。

AKIRAさんによるブログを是非読んでください。部分的に事実と異なりますが、okok!!

巨匠 濱口新平特集

読んでいただけましたか?少し長いんですけど、愛されているな、新平。。。という一言です。

でも、私たちの言いたいことを代弁してくれています。むしろ一番説得力のある言葉の羅列です。

さてさて一体どんな珍道中になるでしょうか?できるだけ報告しますので、日本の皆様お楽しみに!

 

もっと詳しく自由芸術教室「HUMAN・ELEMENT」や、まつさかチャレンジドプレイス希望の園について知りたい方は、以下のようなブログ記事もあります↓

http://ameblo.jp/akiramania/entry-11862752093.html

http://ameblo.jp/akiramania/entry-11879639386.html

 

 

 

 

 

Advertisements

イベントリポート

去る5月末・・YESE!では『家族で絵本と音を楽しむ会』が開催されました。

今回は三組のご家族にお越し頂きました。皆さん英語に興味を持たれている方です。

そうなるとERONmelonのフリへの反応がこの上なくナチュラル。オッカナビックリという顔はありませんでした。

英語の本は分からないとか、日本の絵本を英語で読むと分かるとか、そんなややこしいことはどうでもよくて・・・少なからず、あの場にいた人は多文化多言語を受け入れられる人、なのではなかったかしら?

「無になれ」と座禅を組むのと同じように、瞬時に無になれる人はどんな状況下でも生きていけると思えます。別の言い方では、オープンな人 open mindedとも言えるかしら??

さて、飛躍しすぎたかもしれませんが、今回は皆さんに音を出してもらい踊らせて頂きました。

あれが何だったか、という質問の答えは「アナタにとっては何でしたか?」と言うしかありません。

ダンサーのYukoがリズムだけを重視していれば踊りにくい音には違いありません。しかし、皆が楽器に挑戦している姿とか、家族でワイワイやっている姿を全て受け昇華する作業、それが踊りとなっています。

あーーー、ややこしいこと書きました、ね。

終わります!遅れに遅れた報告でした。ご来場ありがとうございました。

※お知らせ※

次回の『家族で絵本と音を楽しむ会』(通称BookNookイベント)は、欧州ツアーにて不在のため9月以降になります。

 

【余談 i v.s. PC 】

実は、iPhoneとやらが駄々をこねていて写真がないんです。それでズルズルと・・・・・iのつく製品を持っているとblogにアップし易いとか言いますが、物書き好きな私はPC前でガチャガチャする方が安心なのです。だって文字変換とかし易いですよ、絶対に。