ワークショップ参加者の声~熱いものから緩いものまで~

ちょっと新聞の折り込みチラシみたいなこと、してみます。

 

Hさん(30代・三重県)
「非日常を体験できるのがワークショップらしい。
知識と経験を増やすのがワークショップらしい。
新しい出会いがあるのがワークショップらしい。

だからダンスの経験がなくても、体が硬くても良いのです。」

この言葉に嘘はなかったってこと。 *この方はfacebookのWild Art YESEのページを見てらっしゃいます。

本当によかった。

体を動かすことが大好きな私ですが、今まで経験したことのない体の動かし方、いや、自分の体との対話ができた。
そして、より自分の中と周りの人、モノ、空間、宇宙(?)とのつながりを体験できた最高の時間でした。
何より、アートを初体験して感動と興奮がおさまりません!!!

講師の由美子さんは言葉で言い表せないほど素晴らしい。アーティストとして、講師として、人として。。。
そして、いわゆるダンスというものを体験するのが初めてで、その講師が由美子さんであった!ということが、すごくラッキーだということも知ったり。

参加者にも期待していましたが、期待以上の新しく面白く楽しい出会いをいただきました。これからの人生が楽しくなる予感がします。

アレンジしてくださったスタッフのみなさん、本当にありがとう!
由美子さん、最高!ありがとうございました。
出会った仲間たちにも、感謝の気持ちでいっぱいです。
このワークショップが恒例になることを期待しています!!!

Tさん(50代・三重県)
世界的なダンサーのWSに参加できてうれしかったです。肉体的にも精神的にも、まだまだ頑張らないと!と、思いました。

Gさん(20代・スペイン)
Gracias, gracias, gracias, to organize and share nice dances and introduce me to people. I am really happy to meet you all and I am looking forward to meet you again.


Sさん(30代・奈良県)

おもしろかったです。“ファンタジーにひたりきらず、そのものになりきる”、興味深い体験でした。自由に身体を動かすというのではなく、枠をせばめた中での表現で、身体と交流し共鳴し合う、そして、見る自分とみられている自分。自分の身体のもつ力強さを再認識しました。

Tさん(80代・三重県)
Yukoさんみたいな踊りをしてみたい、その夢が叶いました。
*この方は濱口新平+STUDIO greytan36のライブペインティングshowを何度も見ておられます。

Hさん(50代・三重県)
子供の頃からずっと踊りたかってん!でも習わさせてもらえんかったん。めっちゃ楽しかったわ~。

Sさん(40代・神奈川県)
今でも夢の出来事だったような感じで、凄い勢いで現実に引き戻されてます…
The 日本の風景でした。伊勢中川から榊原温泉口までの風景や匂いや色、質感が忘れられません。
由美子さんとの再会。ワークショップでは身体がほぐれました。
美肌温泉からおちびちゃんたちとのひととき。また行きます。

イベントリポート

今回は2年越しの企画。
『舞踏家・吉岡由美子ワークショップ Body Resonance』

終に日本上陸・・いや、逆輸入成功です!
ヨーロッパにButohを広めた張本人、そして今でも世界中に愛溢れるエネルギーを伝える氏が、待ちに待った私たちの元へやって来てくれました。

今回の企画に当たり、ご協力頂きました関係者のみなさま、どうもありがとうございました。無事に終了しましたので、簡単ではありますが、ここで報告させて頂きます。

 

「阿呆になって!」

WHAAAAAAAAT!!!!

出たよ~怖いよ~。

初日開始一時間ぐらいで出ちゃいました。

私の予告(ワークショップの説明記事)では、こんなこと言わない人って紹介したのに・・・・・。

早速正体がばれてしまいました。

 

それでは先生お手本をお願いします。

手本1

はい、それでは皆さんも後に続いてください。

手本2

 

はい、よろしいです。

 

これでは一体全体・・報告にならないですねぇ。。

いやはやしかし、濃すぎて搾りきれません。まとめられません。

だから―――写真のみで勘弁して~~!!

 

 

IMG_2345 IMG_2360 IMG_2363 IMG_2376 IMG_2391 IMG_2397 IMG_2400 IMG_2405 IMG_2412 IMG_2418 IMG_2420 IMG_2421 IMG_2439 IMG_2446

 

 

 

 

Mr.B combats pollen花粉と闘うミスタービー

He is our life saver recently,  because Eron speaks English, Mr.Bee loves Eron. That’s why we have a new volunteer staff for this whole week…Nooooo not so dry!

Mr.Bee needs us as artists in Hakusan. AND we need him.

nice helping (1)

He grew up here, but he’s been never convinced to be here since his teens. So, he lived alone for 10years and left Japan…

After his world journey we enjoy this nice funny encounter in Hakusan.

We bet you to have new days with us for this week is so crazy cool;-)

Who likes to join us?

Wild Art YESEに新しい仲間がやってきました。かなり濃いヤツ

とても温かい心を持った絵描きであります。あとすごく英語訛ってます。

白山出身だけど大阪の人だから、関西弁の英語。そんな感じです。

今週はヴォランティアスタッフとして、ワークショップのお手伝いをお願いしています。それから少し未知の世界も体験してもらうつもりです。

nice helping (2)