グループ展『三者三様』のリポート④

P1010764P1010818P1010821P1010822P1010824P1010826

長きに渡って開催されていたグループ展が、9月13日の最後のお客さんを持って、無事終了いたしました!

14日の現在18時、まずははに氏が撤収を始めております。久しぶりに英語の会話がSTUDIOから聞こえてきます。内容は・・・映画について。世界放浪の旅から戻ってきてすぐと比べると、とても爽やかな青年になっています。関西訛りの英語も、聞き取り易くなっていますが、同時に日本語もよく混じります。

さて、ご紹介しそこなっていた写真を。

①個展慣れした濱口氏の母による、情報コーナー&アンケート記入コーナー。そして、大人気の特製うちわ。

濱口新平作、妖精カルタを何度も読まされているお母さん。あ、違うか・・真剣にカルタを取る子供4人+妖精・・・・あ、違うか??

③三重県展入選作品の説明をする、はにまさあき

④淑女に何度も囲まれる、はにまさあき

⑤夏と言えば!すいか割り~~(週末の子供向けイベント)

⑥何人かいた子供たちの中で、唯一の経験者S T-Gが先陣を切る!一番軽かったから杉板の廃材を採用。鋭い切り口が~~当たらなくて助かった。。

そんなわけで、報告でした。

グループ展『三者三様』のリポート③

お盆の頃までの暑さが継続するものと思い、お客さんが少しでも快適に過ごせるよう、暑さ対策を色々考えておりました。

*扇風機

*特製うちわ(濱口新平母作)

*冷たい飲料水

*電燈の撤去(余分な電気熱を出さないため)

*屋外交流スペースの設置(パラソルと椅子)

なんでしょうね、結論から申し上げて、天気に裏切られた、です。

暴風でパラソルが舞い、あまりの日照不足に電燈をつけました。うちわも5本ありますが、足りないということもなく・・・開催期間中2日は熱いお茶の方が嬉しいという有様で―――8月であることを疑った次第。

曇りの日が一日あればラッキー。そういう感じだったのですが、湿気の熱さと大雨が不快な夏休み後半になってしまいましたね。お日様が出れば出たらで、やたら暑く感じられ、みなさんも体がついていかなかったことでしょう。

私、Yukoも同様。8月31日の最終日を無事に終え、夜にクロージングパーティを一緒に楽しんだお客さんを榊原温泉口駅に下ろした後、もうふらふら。本日9月4日の午後になって、体調は然ることながら、意識も行動も了解可能な状態に戻ってきた気がします。

でもですよ、実は美術作品の展示は継続しております。

来週に遠方より来られる団体がありまして、それなら急いで撤収する必要はない、というわけです。少しでも沢山の方に観て頂きたいのです。

もし、皆さまのお知り合いで見逃した方がいたら、予約のみ受け付けておりますので、9月8日夕方までに連絡をくださいませ。なければ、順を追って撤去の作業に入りたいと思います。

それではグループ展での各ショットをお楽しみ下さい。

(そんなことをしていたら、いつまで経ってもこのブログ記事がアップされないことに気づきました・・)