職業アーティスト育成プログラム⑮(完結)

2013年8月から2年に渡って行われていたこのプログラムも、実は終わっています。8月末終了の予定が、グループ展『三者三様』の開催延期に伴い、9月半ばになりました。そしてその後にまとめに入る予定でしたが、スタッフの健康上の理由で手がつけられず、濱口新平本人とご家族には、大変ご迷惑をかけました。。(※ただいま大量の資料の整理中。しばしお待ちを~)

それでは今、プログラム終了して野放しになった濱口新平がどうしているかといえば・・・・・

我々追いかけることができなかったので、NPO法人COROROから写真を拝借!

一枚目:妖精トークで笑顔の新平

二枚目:とある妖精=アピロ44才

三枚目:来年のFATAfes.に向けて、立体物制作に励む新平

 

幸せそうです。

一年間資金を集めながら課題に取り組み、その成長をもってして欧州に挑みました。「妖精を描いていいんだ」という自信と共に、帰国後の一年を油絵作品だけではなく、「アナタの妖精を描きます」というスタイルでイベント会場に繰り出しました。ライブペインティングも機会があればやっています。

10月には絵画教室仲間の絵と一緒に東京まで出掛けていった絵もあるし、冬がやってきた今も変わらず黙々と描いていることでしょう。

 

話は飛ぶようですが、今朝3歳児に言われました。

「新平もこうやってオムツ取ってくれたな」

どういうことか説明すると・・・冬になってオネショを毎晩する子に半年振りにオムツを履かせました。で、パンツオムツなのにそのまま脱ぎたがらず、横のギャザーから破って脱ぐんだ、と。そうして破れた瞬間に出た一言です。

6歳児も時々尋ねます。「新平と今日会ったん?」

もちろん、忍者の知識は新平譲りだし、新平の口調も随分真似ました。

 

Wild Art YESEの内外で、濃い二年間を必死で過ごしました。沢山浮かぶアイデアの中から、相応しいものを選び抜いて実行し、言葉よりも感覚を頼りに動いた日々。大家族として一致団結し、協力を仰ぎながら前進した日々。応援ありがとうございました。

まだまだ成長する余力のある濱口新平です。

もちろん我々も要請があれば彼のために動くつもりです。

2016年にはきっと、個展を開く機会も出てくるのではないでしょうか。そんな予感がするんです。なんというか、きっと皆さんの希望ではないかな、と思うのです。

どうか、このいつまでも絶えない若いエネルギーを持った青年の行く先に、皆さんも同行してください。

きっとそこにはいつも笑いがあるはずだから。きっとそこには新平の望む地球の姿があるはずだから―――。


『継続は力なり―――シャッチョウ、いつもありがとうございまーす』出会いに感謝。

Advertisements

師走の候、、にて

みなさま。お焦りですか??

えーーーのんびりいきましょうよ、だって夜は長いから~~。

コタツにずるずる居座るより、布団でぬくぬくと睡眠を愉しみましょう!

それに、年末だと焦って色々やると、耐寒限界を超えて体調崩しますから。。。

 

というわけで、我々日々機会があれば”外遊”、、いや研修を大切にしています。Wild Art YESE!を飛び出して、体験して学ぶ、ということです。では報告---

 

11月は『お茶会』でした。

黄檗皎上月流家元のお屋敷で、野点・煎茶・古茶(薬草茶)をお菓子と一緒に、という。なかなかハイレベルですね。。でも、仲良くさせて頂いている芸術家からご招待頂いたのです。あまりに近所だったもので、予習も何もなしで出掛けました。

 

早速、着物の皆さんに迎えられ、どうぞとお抹茶と柚子のお上品なお菓子を。

わけもわからずその先の煎茶会へ。お道具は奈良~平安時代のもの。お点前の間、家元から掛け軸に供え物などの設え物の説明がありました。そしてお菓子は空海が嵯峨天皇に差し上げたという―――歴史のお勉強も兼ねた素晴らしいお茶の時間でした。ずっと正座でしたが、あの緊張感で背筋がピシッと伸びたので、Yukoだけでなく6歳児もしびれませんでした。しかし南アフリカ人を連れて「そこの山の反対側の町内から来ました」という自己紹介は、我ながら嘘っぽく感じるほど別世界でした。

その後は江戸時代に造られたお庭で子らは遊び、最後の黒いお茶(スープみたいに作る)を頂いて終わりました。

 

ありがたいことに、外国人を日本で連れていると、自然とお茶に親しむ機会を得られます。

小さな子どもがいても気になさらないで、と声を掛けて頂いています。

そう、EnglishCafeとコンセプトは同じですね。お茶とお菓子とお話、そういう公共の場を愉しむだけ。そう、”だけ”。

どうか、このブログを読んでいる皆さんも、お茶の機会があれば是非気楽に出掛けて下さい。仕来りや規律なんかあるけれど、それは知っている人が示して教えてくれます。まずは出掛けて行って、真似できる事だけ一緒にやってみる、それが文化交流の始まりだと思っています。

 

 

ではここで12月の研修のお知らせ―――我々13日決行します。

 毎年恒例の『アートフォーラム三重 2015 展覧会― UPDATE 更新-』

開催場所

三重県文化会館 第1・第2ギャラリー

開催期間

2015年12月6日(日曜日)~13日(日曜日)
【6日~11日】9時~17時
【12日】9時~20時
【13日】9時~16時

詳しくは↓

http://artforummie33.wix.com/art-forum-mie

 

さあ皆さんも、研修!研修!

案内のチラシはWild Art YESE!にも置いてありますので、必要な方は取りに来て下さいね。

実は「はにまさあき」氏の作品も出展されています。なんだか本人も理解しないまま?グループ アンチ アカデミア というグループに仲間入りしているそうです。

どうぞ、足を運んでくださいませ~

 

追伸;初日に出掛けた方からのコメントを紹介します。

県文の駐車場が満車すぎて停めるのに一苦労。
用事があったからゆっくりは見れなかったけど、
土曜日に時間作れたらもう一度ゆっくり見に行きます。
はに氏の作品も美しかったし、彫物も映像も絵画も幅広くて楽しかった!