Artist-in-residence program⑥これが大村未童だ! 『THE exchange!!vol.4』イベントレポート

春眠暁を覚えず―――大変時間が掛かってしまいました。

もう一ヶ月が経ちます。気合入れて、3月27日の報告をします。合わせて、当日を迎えるまでどのような作業があったかお伝えします。

 

↓↓打ち合わせ風景。

打ち合わせ

イベントを打つということは、目的や達成目標を吟味して内容を決め、広報活動をせねばなりません。アイデアが浮かんだ瞬間からとても興奮するわけですが、実際、アーティスト本人が裏に沢山関わるのは・・・作品作りへの時間が減るから少ないに越したことがないですね。

それでも今回はプログラムの一環なので、ガンガン攻めます。意見を出し合い、白山に一番適した方法を探りました。二日で宣伝ポスターを完成させ、デジタルとアナログ形式での広報を、白山・一志・久居を中心に行いました。

 

↓↓イメージを形に変える作業。

とりあえず・・「演技者塾」の受講生が書いた脚本から、実際にやっている所です。

ここから3日間は作品構成の練り直し、演出、リハーサルをやりました。

イベント前日は、外部から見学者を呼び、詰めの作業。なにせ、受講生が初舞台なもので・・心配はつきものでした。

しかし、こういう条件だからこそ、我々WildArtYESE!の存在価値が認められるときです。

 

↓↓そして当日。名松線の復活で町がざわめく中、静かにゆったりとお客様を迎えました。

観客どなたでも気軽に覗けるイベントなのですが、相変わらずティーンズには恵まれませんでした。

キッズも然り。。春休みだから~という我々の想いは外れだったようです。

やっぱり、コアなイベント、っていう感じかしら?

それでも、芸術って何?という初心者の方も数名おり、ありがたい機会になりました。

 

冒頭 質疑応答 舞踏<左>第一部 前座即興パフォーマンスと『龍樹の伝言より~エピローグ~』鑑賞

<中>第二部 演劇その他質疑応答=交流会

<右>第三部 舞踏即興パフォーマンス鑑賞

 

『龍樹の伝言』とは、受講生が大村未童氏からインスピレーションを得て書いている本です。その全容は未だ秘密でありますが、今回はエピローグ部分を、皆さんに鑑賞していただきました。

しかし、取り出した部分だけをやっては、前後関係がないので観ていて分りませんよね?

なので、構成をいじり、お見せして恥ずかしくない作品に何度も書き換えています。そう、この日のためだけに作られました。

音響や照明といった舞台に欠かせないものも、シンプルに。でもでも・・作品の長さに関係なく人手は要ります。

 

舞台作品上演、、決して楽ではありません。時間給では働けず、ひと上演単位での仕事です。

大村未童氏には、長年の経験と舞台への想いがあります。演じることとは何か、伝えようと突き進んでいます。

どうか、次に機会が訪れるならば、遠慮せず飛び込んでください。全身全霊で受け止めてくれるはずです。お会いしましょう。二ヶ月間ありがとうございました。

最近の未童

 

「よお、待ってるぜ!!」

※注 近々お茶の間に出てくるときの姿だそうです。

 

 

Advertisements