月記というものがあってよろしくて?

こちらのレジデンスアーティストS.T-Gが一年生をやっています。1月になった途端、「この春に二年生か」と温かい励ましの言葉を頂くのですが・・・9月にやっと小学校に入学したに等しい人物にあり、親としては全くその気はないのですが、当の本人は二年生になるつもりの様子。。

さて、当一年生の目下の悩みは、隔日で出される宿題『日記』。

本人曰く、ルールがあるらしい。

一つ、先生の知らないことを書く。

一つ、今日のことを書く。

 

先生が集団下校で一緒に歩いたから、下校時の面白い話は書けない。

土曜は楽しいことがあったけど、そのことは日曜になってしまったら書けない。

 

頭の固い、純粋な一年生を前に、「そんなことどうでもいいから早く終わらせて」と訴える私は、世渡り上手な人間にするにはまだ早いか・・・と反省しつつ、本当に困っています。

言語表現が得意な子、つまり5歳児(弟)が横槍を入れ、日記の内容を作ってあげるのですが、これまた自分の想いと違うのか、全く受け入れません。

というわけで、日記に絵を貼ったり(絵日記は夏休みの宿題で最後で今はない)、5時間ノートを前にうずくまっていたり、書かなかったりしながら、週三日親にとっても地獄の時間を過ごしております。

(みなさん、こんな体験談あります?)

 

そんな中、S.T-Gの創作作家である所以、書けない苦しみからの脱却方法が見つかりました!

帰宅後は紙。紙。紙。いつでもまずは紙なのです。最近は描かず、折まくっております。

12月の感謝会のパフォーマンス中にも登場しましたが、紙飛行機への熱がすごいのです。

作り初めから二年近く経つかと思うのですが、未だ新作が次から次へと――研究に忙しいのです。↓ある日の残骸↓ 至る所にあります。

20170202_170611

 

そんなわけで、日記は必ずそのことになりました。言葉で伝えるのが苦手な子ですから、先生には前回と何が違うのか??読んだだけではコメントもしづらいのに、毎回温かい言葉が並びます。

そんなこんなで日記との闘いに勝機が見え、切迫感が取れ、ふと我が身に置き換えました。

ブログの新年の挨拶も忘れたまま1月残り一週間となった頃・・・「よっし月記でいくぜ!」と意気込んだ私Yukoでした。が、あろうことか、ルールを破ってしまいました。

一つ、今月のことを書く。

20170202_172227

 

むむむ~2月2日です、今日。だけど、1月のブログに書こうとしたことを今日、ね。

そしてさっさと終えて遊んでね、とばかりに5歳児に積まれた折り紙作品の数々。

 

(むむむ~二月になったら二月の話で〆ねばー)

今月の『週末英語と踊りの日』のご案内です!

2月26日(日)10時半~English Cafe(500円)  11時半~Dance(1500円)

英語を感じてください。ERONmelonが楽しませてくれます。教えてくれます。

踊りは参加者の希望に沿います。表現を学ぶもよし。身体について学ぶもよし。心について学ぶもよし。リズムを学ぶもよし。技術を学ぶもよし。

 

2017年の出会い、みなさん、どうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s