私がドイツで再会したかったモノ⑥

ワタクシ自身 Ich selbst

半身が捥がれた・・なんて言うと、大変大袈裟に聞こえるかもしれません。でも、今回渡独する前のワタクシは、そんなようなものでした。

言葉も存分に使いこなせない私が、それでもあの地に帰りたい、という想い。魂の宿る場所の一つ。

(いや、他の場所は何処なの?と聞き返されても、実は答えられないけれど、日本でいいのだと思ってます、今のところ。)

自分が常々自分でなくなっていく感覚。それが最大値に達すると、帰らねばならないのです。そしてまたワタクシ自身を満タンにしないといけません。ガス欠状態になる前に—-。

実は、せっかく色々な人と再会しても、溜まった想いを伝えるのは難しかったです。きっと日本が影響しすぎてたのでしょうね。Eronは迅速に同化していたので、「私が連れてきたのにズルイ・・」ぼそぼそ文句を言っておりました。とにかく、話すことが第一のお国柄ですから、私のようなのは後ろの方になってしまいます。

言葉にならない想いは、全て熱い抱擁と感謝の一言で。。

私より小さな人は同じアジア系女性しかいなかったんじゃないかな、と。これはとても贅沢なこと。いつでも、私の腕が回りきらない相手はかなりいますが、相手は必ず私を包み込んでくれます。近寄って行くと幸せな時間を味わえます。同じ時、同じ空気を吸った仲、そこにある美しい時間をこういう形で締めくくるのです。

——こう書くと、私は駄々こねて抱っこしてもらう子供と変わらない気もしますが、そうでもないんですよ。私より大きな13歳の少年少女に対しては、抱擁慣れしている私が”ちゃんと”包み込みます。「今度会う時を楽しみにしてるよ」という気持ちで。母親の気持ちで(笑)

しかし、

ワタクシ自身、まだ満タンになっておりません。Ich selbst noch nicht wirklich..

ですが、

こうして日本語でまとめていると、ワタクシ自身の統一が図られるのです。この作業をしないと、半身は2018年、半身は2023年、という未来が待っているのです。それはとても痛い事なのです。

・・というわけで、山の紅葉に心がスーッとする季節ですね。

皆さんも、流れて行ってしまう日々を、時々は堰き止めてもらって、皆さん自身の流れを改めて作っていただけたら、、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s