5月17~19日はYumikoと白山で過ごそう!

YumikoWSMay2019

吉岡由美子 Yumiko Yoshioka

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動した。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月のロングランとなり、絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続けている。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)にて、1995年より四年に一度、デルタ・ライと共に“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催し、世界中の舞踏ファンの聖地となっている。

Advertisements

Body Resonanceワークショップのご案内

今年も舞踏家・吉岡由美子氏が津市白山町にやって来ます。

先日、町内在住の文化人と知り合いました。「暗黒舞踏知ってる」などおっしゃり、「アリアドーネの會とか、昔、京都のストリップ劇場で・・」と話が弾みました。それで、Wild Art YESE!で開催される、5月のワークショップについて案内を手に説明しました。

K氏「ミゼール花岡!あ、懐かしい。え、知ってるの?」

私「ミゼール時代は知りませんが、Yumikoとして知ってます。」

K氏「えっ?あ、同じ人?で、どこの話?」

私「だから白山です。うちです。」

K氏「えっ?白山って・・えっここ?嘘やろう??」

私「いや、本当に。そこの榊原温泉口駅からやって来ます。」

K氏「・・(言葉を失う)・・ほんまにここに!?」

私「日本ではうちでしかワークショップされません。でも5回目になります。」

K氏「え、ミゼールが毎年白山に来てるの!?」

私「ええ、私たちの先生というか師匠というか、そういうわけで。」

K氏「え~~あかん!今どこでこんな話してるか分からんくなってきた・・」

私「白山の話です。Kさんの家と同じ村での話です。」

 

Yumiko’s申し込み案内2019(PDFが開きます)

5月17~19日はオーガニックムーブメントを見つけましょう。

暗黒舞踏とは違いますので、ご安心を。どなたでも参加できます。

アナタだけの動きを発見する機会と思って、是が非でも飛び込んでください!!

 

各日、10時開始。約一時間の休憩を挟み、16時終了です。遠方の方に向けて、合宿プランもありますので、お問い合わせください。

【内容】 野口体操、太極拳、ヨーガにインスピレーションを受けたリリース・エクササイズ
呼吸エクササイズ
舞踏に関する各種ワーク
振り付けと即興の組み合わせ など

【参加費】 一日 7,000円 / 二日 13,500円 / 三日 20,000円
【申し込み】 yese@live.jp   (〆切 5月8日)