月記というものがあってよろしくて?

こちらのレジデンスアーティストS.T-Gが一年生をやっています。1月になった途端、「この春に二年生か」と温かい励ましの言葉を頂くのですが・・・9月にやっと小学校に入学したに等しい人物にあり、親としては全くその気はないのですが、当の本人は二年生になるつもりの様子。。

さて、当一年生の目下の悩みは、隔日で出される宿題『日記』。

本人曰く、ルールがあるらしい。

一つ、先生の知らないことを書く。

一つ、今日のことを書く。

 

先生が集団下校で一緒に歩いたから、下校時の面白い話は書けない。

土曜は楽しいことがあったけど、そのことは日曜になってしまったら書けない。

 

頭の固い、純粋な一年生を前に、「そんなことどうでもいいから早く終わらせて」と訴える私は、世渡り上手な人間にするにはまだ早いか・・・と反省しつつ、本当に困っています。

言語表現が得意な子、つまり5歳児(弟)が横槍を入れ、日記の内容を作ってあげるのですが、これまた自分の想いと違うのか、全く受け入れません。

というわけで、日記に絵を貼ったり(絵日記は夏休みの宿題で最後で今はない)、5時間ノートを前にうずくまっていたり、書かなかったりしながら、週三日親にとっても地獄の時間を過ごしております。

(みなさん、こんな体験談あります?)

 

そんな中、S.T-Gの創作作家である所以、書けない苦しみからの脱却方法が見つかりました!

帰宅後は紙。紙。紙。いつでもまずは紙なのです。最近は描かず、折まくっております。

12月の感謝会のパフォーマンス中にも登場しましたが、紙飛行機への熱がすごいのです。

作り初めから二年近く経つかと思うのですが、未だ新作が次から次へと――研究に忙しいのです。↓ある日の残骸↓ 至る所にあります。

20170202_170611

 

そんなわけで、日記は必ずそのことになりました。言葉で伝えるのが苦手な子ですから、先生には前回と何が違うのか??読んだだけではコメントもしづらいのに、毎回温かい言葉が並びます。

そんなこんなで日記との闘いに勝機が見え、切迫感が取れ、ふと我が身に置き換えました。

ブログの新年の挨拶も忘れたまま1月残り一週間となった頃・・・「よっし月記でいくぜ!」と意気込んだ私Yukoでした。が、あろうことか、ルールを破ってしまいました。

一つ、今月のことを書く。

20170202_172227

 

むむむ~2月2日です、今日。だけど、1月のブログに書こうとしたことを今日、ね。

そしてさっさと終えて遊んでね、とばかりに5歳児に積まれた折り紙作品の数々。

 

(むむむ~二月になったら二月の話で〆ねばー)

今月の『週末英語と踊りの日』のご案内です!

2月26日(日)10時半~English Cafe(500円)  11時半~Dance(1500円)

英語を感じてください。ERONmelonが楽しませてくれます。教えてくれます。

踊りは参加者の希望に沿います。表現を学ぶもよし。身体について学ぶもよし。心について学ぶもよし。リズムを学ぶもよし。技術を学ぶもよし。

 

2017年の出会い、みなさん、どうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

イベントリポート

寒いですね。12月28日の今日は10時くらいから、白山では初雪ありました。吹雪に近かったです。

2016年も暮れ押し迫り、ブログで報告することがありますね、12月11日の感謝会のこと。

いつもイベントが終わると尋ねられるのですが、「写真は?ビデオは?」と。

 

今回はこんなに盛り沢山!!!

プログラム

①Eronのピアノ→バウロン→ボーンズダンシング 

②Yukoのダンス(Boogaloo→club→breaking) 

③Hiphop文化体験と説明 

④EnglishCafeでパフォーマンスアートについて質疑応答

 

メディア媒体ありません、基本的に。人員不足は当然のこと、撮影者がその空間に集中できないので、お願いもしません。

なので、興味あるなし関係なく、来て、ビリビリしてください。熱くなってください。

 

だから広報も頼りないって指摘されるのだけれど、今は自分たちに向かいたいので、ごめんなさい。

Wild Art YESE!が新聞折り込みチラシを入れたのは一度だけです。

新聞記事にしてもらったのは何件かありますが、STUDIOの写真を撮って載せてもらったのは一度だけです。ありがたいありがたい。

9月から始めた日本語教室に通ってきてくれるZ氏は、実は写真家。動き回る被写体は嫌いかもしれませんが、今度話を振ってみようかしら・・・

というわけで、苦しまぎれの一枚(プログラム④)で、2016年を締めます!ありがとうございました。

2017年、より多くの出会いがありますよう――see you next year!20161211_162356

 

 

YESE!イベントのお知らせ

Dear Friends, there comes a time and place when you reassess the important things in life…
This next event is not one of them. HIGHLIGHTS? Short strange shows, a breakdancing presentation and tea. Lots of tea.

3月以来のイベント企画となります。長らくの留守、お許しください。

もちろん今年最後ですから、今年にありがとう!という趣向。。。

Wild Art YESE!感謝会2016 『BACK 2 BASICS』

12月11日(日)14時開場、14時半開演、16時半終了予定で、毎月週末開催の「英語とダンスの日」拡大版、という趣向。いつも来てくださる方のご希望を叶えます!!

初めての方にも、遊んで行ってもらいます!!

1500円で観て笑って踊って、、お茶飲んで、英語ちょっと学んで、、是非足をお運びください。

駐車場整備上、お車の方はご予約頂けると非常に助かります。

寒い時季ですので、温かい服装、ブランケット、寝袋、スリッパなど、ご準備くださいね。

thanks-party-2016-yese

レンタルRenting

「こんなイベントしたいんだけど・・」「お稽古の場所を探している」「講師を呼んでワークショップを開きたい」

そのようなご要望にお応えしています。ご希望あれば、演出もスタッフ協力も致します。

当方は全てカスタマイズになりますので、お見せする料金表ありません。悪しからず。

ですが、どなたにもお貸しするわけにいきません。なぜなら、我々のアトリエ、ワークショップ、制作場、仕事場でもあるからです。

『芸術』や『文化』と無関係とこちらが判断した際、お断りしております。

目的・趣旨が不明確とこちらが判断した際、お断りしております。

STUDIOに加え、キッチン、個室、多目的室など色々対応できますので、ご相談ください。

 

それでは、2016年にご利用いただきました団体の、イベント時の写真をご紹介します。

 

 

 

 

アートレジデンスArt Residence

何か、新しい出会いの中で、何か、アナタの作品に、何か、自然な形で、何か、自然な出来事が起きますように―――

アーティストの皆さま

一晩でも、一週間でも、一ヶ月でも、ぎゅっとした時間をWild Art YESE!で過ごしませんか?

2016年4月以降の利用者の紹介をしま~す。

 

【当方でのWS時に2泊3日されたグループ 】20160612_211523

20160613_085809

【3年ぶりの来訪、元culture management研修生】

20160704_192218

【S.T-Gのアシスタントとなるダンサー】

20160730_140615-1-2

 

 

 

 

 

 

 

第2回舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップ『Body Resonance』のリポート

共振したんです!肉体も精神も、、そしてstudioも。2016年3月のお話ですけど、ね。

昨年に引き続き、2回目のワークショップです。ええ、4ヶ月以上前の話ですけど、ね。

ごめんなさい。だから、要おさらい。

Yumiko WS2016 eng.

日本語で『共振する肉体』と名付けられたこのWorkShop。参加者に制限があるとしたら――子供には難しいかな。

自分をさらけ出す、とか、羞恥心を忘れて、なんて、やはり大人向けで言いますものね。

身体運動、そして身体表現。自己の解放だとか、自由な旅だとか、子供向けに言わないですものね。しかも三日かけて!

今回参加してくださった皆さん、運動ド素人さんから昨年の参加者、そして舞台人。ありがとう。

旧知の仲から、ハジメマシテの出会い、どれも興奮しました。ありがとう。

特に、前回の参加者同士の再会なんかも、我々にとっては嬉しいことでした。ありがとう。

2nd dayでは写真で振り返りましょう!!

二日目のワーク終了後。なんかキラキラしていませんか?

ごめんなさい、でも本当に・・・年齢不詳ですね。(こういう時は、ま、実年齢より若く見える、ってことですよ~)

実はワーク後半に、神々しく光り輝いてしまったので、それがまだふんわり残っているのだと思います。

 

3rd day三日目のワーク終了後。すっきりしていますね。

向かって右前方と後方には、今回特別にお願いしたクラリネット奏者と、パーカッショニストがいます。

よかったですよ~動きと音が円くなって、studioがまとまっていった過程。

studioが揺れていましたもの。自衛隊のヘリコプターが飛んでいるからとか、木枠のガラス戸だからっていうわけじゃなくて、ね。私は敢えて外に出てみたのですが、studi0の納まっている平屋一軒が別物に思えました。

人間が発するエネルギーで、時間や空間までもが共に動いている、蠢いている(ウゴメイテイル)、轟いている(トドロイテイル)、だけどまるい。そんな不思議なことがWSの最後には起こったのです。

やっぱり、これは公民館や体育館では得られない感覚です。

自画自賛させてください。

The studio in Wild Art YESE! is so cool…

それで、続いて写真を紹介しようと思ったんですが、PCが不調でして・・virusにやられていたらイヤだな・・と放置してしまいました。それで、梅雨も明けてセミも急がしというのに、ここのblogだけ怠けているのはいけない、と本日発信することにしました。

ですから、半端なリポートの続きは写真を取り出せたら、とします。

その代わり、私よりずっと早く3月中にリポートして下さった、クラリネット奏者のブログをご紹介します。

御方、奈良~京都~大阪で演奏会を主催し、また講師としても活躍されています。YESE!の音響チェックもしてもらいましたので、いつか当方で何か企画を上げられたら、と考えています。

それではコチラ→【Time Art】 

もちろんのこと、白山に来てくれるの待たなくても、近鉄電車圏内でのコンサートには気軽に足を運んで頂けると思います。ちなみに次回は、9月15日(木)MorningLiveが奈良市内であるようです。みなさんいかがですか~?

 

 

梅雨前のできごと。。

4月から5月にかけては、年度で動かれている皆様も、きっとバタバタしていたことでしょう。こちらWild Art YESE!もそんな日々を送っていました。

それでも、我らが数年前にそちら側だったように、年度の関係ない方もいらっしゃいます。とある、そんな方と密な時間を持っています。

 

OTダンサーYukoが担当しています BODYconditioning 現在は個別対応にて、ときどき。

どんな内容なのか一言で説明できなくて申し訳ないのですが、リハビリテーションと身体・精神運動、芸術という側面から、一人一人に合った、継続できるbody workを探し学んでいく、そういう場です。

自分の心と体に向き合う時間。新たなるエネルギーを目覚めさせようとする、そんな一時間を持って頂いております。

友情と←写真は後半10分くらい。体が温まってきた所で、動きたい様に動いてもらっている所です。この方々の場合「踊りたい」という気持ちがあるので、普通に動いてたかと思うと、蝶のように舞っていたりします。

いいんです、それで。舞いたい人は舞って下さい。叫びたければそれもよし。笑い出してもいいですよ。

くるくる回ってもよし。跳ぶもいいのですが、大人はなかなか体が重いので、跳ばないですね。

ですが、広い空間で体を動かしていいと認識が及ぶと、皆さん自然に自分を動かされます。これが何よりも重要ですね。

それぞれの固体に刻まれた経験と記憶。大事にしながら、一緒に学びましょう。(頭は多少使ってほしいのです・・)

ご自身のペースで大丈夫です。目的・目標が明確ならば、集中してでもゆっくりでも、適宜。

 

私自身はどうかというと、いつも体調を見ながら稽古しています。良くても悪くても調整してなんぼなので、これは15年近くそうです。

それで、あまりに春は大変でしたので、3年目のStudioに足を踏み入れなかったのです。(開かずの間にしててごめんね)

そしたらどうでしょう。いつの間にかツバメが住み着いていまして・・・・追い出すのは可哀相なので、同居しています。

どうもかなり眺めが良いらしく、気持ち良さそうに鳴いております。

つばめ本当は、飛びたいそうです。飛ばせられないので我慢してもらってます。

きっとそのうち、越夏で下りてくることでしょう。

 

我らのStudio、下も上も、音響も好しですよ!みなさま、今後ともどうぞよろしく。