春が行ったり来たり・・。

みなさん、体調不良等ございませんか。私Yuko、稽古をしっかりできる気象条件が明確になっております。つまり、どうも、気温差と湿度差が堪えてます。

ウキウキした気持ちをわざわざ探したり、無理やり作ったり、大人って大変だな~と思う時ありませんか? さ、息抜きしましょうね。

 

先日、40歳を機に子供の頃の夢を叶えようと奮闘した女性と、話をしました。

アイドルの男性が35歳で人生考え直してグループ脱退、というニュースもありましたが・・。

『人生の折り返し地点』とか、程よい年齢になると、ぐ~っと考える、そういう志向がとっても先進国で、成熟した思考を持ち合わせた民族だな、といつも感じます。

それで、自分はどうかなと。。 (I don’t think about that kind of theme, but I just wait for  moving myself..)

 

そんなわけで、急に再開したくなったので、昨日サックスケースを開けました。

気分はウキウキですよ、当然。でも、ないんです。マウスピースとネックが消えていたんです。 (ふわ~今この瞬間のウキウキどうすればいいの??)

しかも、リードをマウスにググっと締め付ける部分(リガチャー)だけが、無造作に放り込まれていて。まあ、嫌ですね、犯人捜し。盗まれたんですもん、窃盗事件勃発、大騒動、みたいな・・・。

 

記憶をたどるんですが、明らかに4年以上前が最後なんです。しかも、その時も突然吹きたくなって吹いてみたら、あまりの体力のなさにすぐ片付けざるを得ず。。なので、私がまず疑ったのは”イーアールオーエヌ”さん。

ところが、「サックスは特別すぎて絶対に触らない」っていう意外な返答。

「もう一回ケースの中を確認して」と一般的なアドヴァイスを受け、「あんなのこれ以上どう確認するのよ!」と呆れ流しつつ本体を持った瞬間・・・!・・!!

 

体に刷り込まれた記憶というのはすごいですね~。これはまさに、①重さの記憶

手を突っ込んで、全て引っ張り出しました。

そして、ワクワクして傍らにいた現在8歳の子を見つめて・・・・はぁ。

 

気を取り直して、子らに見つめられるまま組み立てて・・これまた手際が良く・・②所作の記憶 しかも、ダンサー肉体に戻っているので、安定感が増していました。

その後は、言われるままに童謡吹いたり、ダンスで鍛えた即興技術を音に変換してみたり、まあ、やってみるものですね。が利いてました!

 

それでまあ、大雨あがって変な天気の今日は、純粋に倦怠感があります―–と、思って午前中過ごしていたのですが、今更ながら違うな、と。

どうも、に対して甘く見積もっていたようです。

調子に乗ってやりすぎたんでしょうね、昨日。

首ちょいと痛いよ~。AND 喉痛めたよ~。

 

『何事も段階を経て』 本日の教訓です。

皆さんも、ウキウキにはご用心

 

 

 

 

Advertisements

踊りたい人のためだけのワークショップではございません。

あと10日ほどで、第4回目の舞踏ワークショップが始まります。白塗りを想像している人には「違うよ~」と言わせて頂きます。

体を動かすことは日常ですね。操られたり操ったりして、体を動かすのは非日常ですね。

声を出すのも体を動かすのも、心を動かすのも、きっと気持ちいい時間。

吉岡由美子氏、日本で日本語で日本人に向けてのワークショップを楽しみにされています。

知らない世界のドアを一緒に開けてみませんか?

申し込み締め切りは3月15日となっていますが、本当に興味があるけど予定がどうしても分からないよ~という方は、その旨、お知らせ頂ければ配慮致しますので。。

Yumiko 2018 TSU Flyer

吉岡由美子氏のWS申し込みについて

Yumiko’s 申し込み案内2018

↑↑ PDFが開きますので、印刷してお使いください。

↓↓ どうぞよろしくお願いします。お友達・お知り合いにどんどん紹介していただければ、幸いです。

Yumiko WS 2018.jpg

 

 

第4回舞踏家・吉岡由美子氏ワークショップのご案内(3月23-25日)

今年もやります。三日間のうち一日から参加可能です。是非来てください。

『出会いましょう』

Yumiko is teahing.

吉岡由美子 yumiko-yoshioka.com(クリックでジャンプします)

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。
1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月公演。 絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続け、美術館での上演も多数。
“Body Resonance 共振する肉体“というタイトルの彼女のワークショップは、アジア、ヨーロッパ、北米、南米各地で繰り広げられ、リピーターも多い。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)にて、1995年より四年に一度、デルタ・ライと共に“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催している。
今冬は「Tokyo Butoh Circus 2018」(舞踏を“世界のButoh”にした立役者たちを迎えたButohの祭典)へ招聘された。

2017年のまとめ

極寒ですね、やっぱりだめだ~January is off-season of WildArt YESE!

随分休んでいた気がします。病気にはなっていません。急性腰痛もないです。むしろ、Hiphopやdisco musicのお陰で陽気です。稽古もできています。しかし、全身の細胞が休め、と言っています。食べるんだ!そして寝るんだ!と。

皆さま、インフルエンザなぞに苦しんでおられませんか?これはきっと、義務教育の間は集団予防接種復活・・ですかね。

マスクだの、今日は何人休みだの、どこで学級閉鎖?だの、毎冬疲れます。

 

それでは、2017年の芸術的文化的写真たちを。今後、当方でのイベントなど企画して頂ける方、是非ご参照下さい。当方に遊びに来てみたい方、どうぞ参考までに。

 

 

 

内間が・・外間が・・

「内間がええ人は外間が・・外間がええ人は内間が・・」

随分ご無沙汰していましたが、”今日の一言”の紹介です。

これは近所のおばあちゃんの夫婦にまつわる話題で出たお言葉です。

(注:Eronの一言ではないです、今回)

 

このおばあちゃん、Eronのlady firstという姿勢が大好きなんです。

だから今から離婚して、外人さんと結婚し直したい、とも^^^^

それでもね、60年以上連れ添ったおじいちゃんを前に、そんな浮気な心は隠しておられます。

というより、浮気な心は本当はないのです。

 

外面が良いとか、内弁慶だとか、家庭内外での性格の違いについて指摘するような言葉ってありますよね。言う方も言われる方も、とても理解しあっている証拠のような言葉。

そして21世紀は、恋愛に憧れたり、家庭を持つことに憧れたり・・・色々な尺で素敵に人生が動いていく中で、相手を間違った=即離婚というような時代でもあります。

 

「人間、十人十色やで」 

とも言っておられました。運命に従い、今与えられた人間関係を大事に育むための、魔法の言葉に聞こえました。

 

皆さんも、時々こうして、昭和初期生まれの御方々の話に耳傾け、自分の歩む人生を感じる機会を持たれるのはいかがでしょうか?

 

 

森の劇場プロジェクトへのお誘い/11月23日(木・祝)

2017年11月23日(木)に、津市白山総合文化センターにてYuko参加プロジェクトが開催されます。津市文化創造事業の一環で、かなり実験的な内容です。

実験的と書かねばならない理由→→→想像して頂ければ、これ幸いなり。

移住した白山で、初めての秋に出会ったダンサー多恵さん。その後にも、ダンサーには出会いません。そう、YESE!以外で唯一、踊りと結びつく場であり人でありますね。

とはいえ、多恵さんをダンサーと呼ぶのは間違っているような・・・舞踊家でいらっしゃいます。洋舞フェスティバルを催したり、身体教養の先生だったり、今回は総合プロデューサーや舞台監督など、とてもエネルギッシュな方です。

この5年で舞台人に対するお国の扱いが変わりまして、(俗にいう)劇場法という新しい法律の下、色々ごにゃごにゃ・・・それで、多恵さんも方向転換を多少されながら、この白山の地・・白山総合文化センターの活用を模索しておられます。

この件に関して、私は静観しております。

なぜかって??

私・・ぺらっぺらなんですよ。体も立ち位置も、風が吹けば簡単に飛ぶんです。意欲はあっても、ね。but I can always assist her, when she ask me for something….that’s my style for now.

 

それではお誘いです。

ちゃんとしたチラシは、学校で配布されたり、広報に記載されているようですが、津市以外の方には届いておりません。

ようこそ森の劇場へチラシ
そういうわけで、↑↑PDFのチラシになります。

スケジュールは↓↓

11時半~モノづくり広場
12時~収穫感謝祭
14時~演劇「コノ村『山神』伝」

16時~ゆるゆら後夜祭

森の劇場ホームページ

今回のプロジェクト、今までの経緯も含め、全情報はホームページを開いてみてくださいね!

行政のナニとはいえ、運営側はこの先何年も続けていく所存です。どうぞ、みなさま応援ください。

是非とも、23日にご家族でお越しください。遊んで行ってください。でも、申し込みだけはお忘れなきよう~~~thanks