目覚めよ、我ら!②


・・というわけで、OTダンサーのYukoです。引き続き、ありがとうございます。

①を読んで頂いて、感動した方もいるかしら?キラキラダンサーばっかり見ている人には、なんとも暗い内容で、失礼。それでも、あくまで新聞記事に書かれている話なので、一般化されているはずで、様子を知るに足る内容です。そして感動する記事ではあります、私には。だってそれが事実だから・・。

6年前の話、実は10年前の状況と変わっていません。娘さんが成長したのが唯一の変化かも?私も元ベビーシッターとして、多少ホロリとやっとできたのは、2014年夏の再会のときでした。シアター系ダンサー養成メンバーに選ばれ、母親譲りの長い手足を使い・・・逆立ちを練習しているみたいだったから、倒立を教えたのが私の唯一の誇り。。(だってベビーシッターだった頃の辛い一夜の体験覚えてないじゃん! 一緒に踊ったこと覚えてないじゃん!)

それでまあ、6年前の記事を読んで、今日と何が変わったのだろうと、彼女の身を想像しました。多分、好きなように踊っていると思うのです。娘さんも12歳、進路選択の時分でしょうが、両親共に好き放題やっていると思うのです。ひとつ願うならば、タバコには手を出してほしくないかな、娘さんには。

私は知る人ぞ知る禁煙活動家です。タバコというものへの依存、アーティストが多くを占めるかと想像に難くないですね。依存症というのは・・・(ここからは医学的ウンチクになるので止めます)

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

ドイツには素晴らしいダンス作品を生み出す人が、ごろごろ居ます。世界中から人が集まってくるので、終わり無く探求できる学問でもあります。人文学の研究にもなるほど、人種や文化・言語が当たり前のように混沌と存在している現場であります。オペラやクラッシックの世界との大きな違いですね。

で、混沌とした中に放置されると、それを一緒に楽しめる人と、呑み込まれて壊れる人と、嫌悪感で逃げる人と、色々います。その中で、統率力も備わった飛び抜けてぶっ飛んでいるアーティストたちが、計算尽くされたとんでもないダンス作品を構築します。それらには日本でも観る機会があることでしょう。

そんな限りある才能は我ら持ち合わせていないし、試行錯誤している人たちもいっぱい見てきました。

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

話を混ぜるようですが、リハビリテーションとは何かご存知ですか?

検索サイトで調べて頂ければ出てきますので、その中からご自身の体験と共に、イメージしてください。

私がよく使うのは「その人が再びその人らしく生きるのに必要な手段や目的」。

それで、OTダンサーとしていつも念頭にあるのは「豊かな死」です。

事実と向き合い、事実と共に生き、事実と共に死ぬ。

 

さて、コンテンポラリーダンスの先生なんですが、色気は舞台上でのみ。他は鬼みたいな人でした。笑わないんです、めったに。笑いというものから遠ざかりすぎてて、表情にめったに現れないのです。そういう役回りで生きている人なのでしょう。新聞記事を読んでも、やっぱり、という感じ。でもひょっとしたら、2017年の今は笑顔が増えているかもしれませんが・・・そのうち会いに行って、思いっきり笑わしたいかも。。

 

 

 

 

 

 

Advertisements

目覚めよ、我ら!①

先のブログに書いたとおりEronからのリポートのつもりでしたが、そのEronの想いに応えて行動した結果、Wild Art YESE!はもちろんのこと、Yuko自身の次のstepsになりましたので、先に書かせて頂きます。

簡単に言ってしまうと、振り返りをしました。反省ではなく、人生の振り返り。(一応、半分生きたつもり)

皆さん、メールアドレスはいくつ持っておられますか?近頃はLINEというものがあり、モバイル端末をいじるのは日常茶飯事で、メールは不要の方もいるでしょうね。私はポケベルが廃れて、家電(いえでん)FAX携帯、という月々の支払い料金がとんでもない時代を始めた頃に、メールアドレスを保持し始めました。その二代目のアドレスには、2004年ドイツ関連の方々の連絡先が入っています。

当時、現場でダンスの情報を手に入れる以外の方法、つまり、ニュースレター登録というのが始まった頃でした。以来、ずっと受け取って目を通すレターがあります。私がコンテンポラリーダンスを学び、チームの一員として仕事をしていたカンパニーからです。そこに「15周年を記念して、各公演を振り返るビデオを順に提供します」とあり、私の中での時間軸が再びぐるぐると・・・そこで発見したのは、驚いたことに、6年前の今日の新聞記事。(以下、原文に訳を載せて、このブログ①終了)

11月の週末ダンスと英語の日

致し方ない事情により、10月の週末はお休みさせてもらいました。

皆さん、秋を楽しまれていますか?

運動会とか文化祭とか、地域の行事に神社の祭り・・・なんて忙しいのでしょうね!

誰も暇じゃない気もするのですが、それはきっとどっぷり日本暮らしをしていれば、、の話では?

その答えは分からないので、我々が思うところの解釈で、次の日を定めました。

11月14日(土)

 11時~English Cafe(予約不要500円)

 13時~Hiphop-breakdance (要予約1500円)

どうぞ、お手柔らかに。お待ちしております。

呼吸するdance studio in 白山

毎日酷い天気ですね。日照時間?本日7月9日もゼロ更新、と思いきや、先ほど数分明るかったです。

それで外に出てみたのですが、不快指数discomfort indexは、間違いなく80以上です。

では稽古場、つまりWild Art YESEのstudioがどうなっているのか。

室温は外気より2-3度低く、湿度に至っては特筆させて頂きますが、こんな天気でも洗濯物が乾きます。不快なんてこと全くございません。

ダンススタジオといえば、都会のビルの中のワンフロアを専用スペースにして・・なんて頭をお持ちの方、一度白山にお越しください。

 

ご存知の方には納得していただけます。湿気対策に必要なのは、除湿機ではなく、エアコンの除湿機能でもなく・・・・

こんなオウチ。

http://www.mokkagura.com/blog/2548

株式会社 木神楽 素晴らしき職人集団。日本の技術を伝承する変なおっさんたち改め、芸術家の宝庫です。

 

お陰さまで、今日も一時間ほどのbody workに集中することができました。ありがとうございます。

そのうち、過酷な夏のstudioの状態も報告しますね。まずは、雨季は合格!!!

 

Schuhkrise シューズ危機!!

ダンサーのYukoです。どんな踊りをしているのか、時々質問されます。

簡単に言えば、ストリート系と舞台系です。

言い換えると、スニーカーと裸足の踊りです。

 

先日とある会合で、宇都宮の作業療法士さんと会いました。

はい、大学の後輩という人と白山で出会いました。

そこで想いは一気に///タイムトラベルです。

 

後にも先にも宇都宮で百貨店に行ったのは一度のみ。仲間の赤い軽自動車で、お揃いのジャズダンスパンツ(fitness用)を買いに行きました。同時に黒い靴も探したのですがありませんでした。

紹介します。私の靴たち。

Schuhwerk

 

 

左上の黒Reebokが当時唯一手に入った、真っ黒の靴(fitness用)です。恥ずかしながら、これが見つかるまでは高校の体育館シューズと裸足で踊っておりました。

その右の黒adidasは、その一年後にbreakdanceの為に買いました。面白いことに、大学時代はこの二足で用を足していたのです。

 

さあ右下の白いのはOnitsukaTiger。これはshowモデルをした時の支給品。ヨーロッパ人向けなので大きいサイズしかなく、一番小さいのを頂きましたが、なんだか病院職員になってしまうのよね・・赤く塗っちゃう?!

時計回りに行ってますよ~次はオシャレなNIKEの。これもスポンサーからの支給品なのですが、サイズがね・・だから踊りたいのに踊りにくい、くるぶし上まで隠れる靴を頂きました。(ちなみにこの時に白の新作パンツも頂いたのですが、私以外の踊り子は「病院勤務じゃあるまいし」といって、試着で終わってしまいました)

それでは最後になりましたが、白のadidas。これで四代目だったかしら?愛用品でございました。。。もう二度と手に入らなくなりました。

 

タウンシューズだったら、一足あって履きつぶせばいいのでしょう。でもストリートやら、草むらやら、クラブで、廃墟で、、、ダンボールの上で、体育館で、そしてバレエシート上で、木の舞台上で、、、どこでも踊ろうと思えば多種いるんです。

そんななか万能型だったのが、白のadidas。

もう手に入らないんですよ。正確には、手に入るんですけど、質感と重量が変わってしまったんです。それが不安なので、購入に二の足を踏んでいます。

私がもしイチロー選手だとして、自分専用の靴を開発できたら・・・こうっていうのはあります。そして同じモデルを何足も用意しておいて、パフォーマンスが落ちるようならすぐに新品に移行して!!(どうなのコレ、イチローモデルはすぐに破棄されるの?殿堂用にとってあるの?それともリサイクル?教えてイチローさん!)

実は改良中の一足もあるのだけど、素人の縫製で大丈夫だろうか・・・。

そんなわけで、Schuhkrise真っ只中。裸足って楽だなーと浮気心のYukoでした~。

 

※余談ですが思うところアリ。

高校の体育館シューズというのは、皆さんご存知だと思います。とにかく滑らないように、安全に楽しくスポーツを楽しむように設計されています。引っかかりますね。スポーツです、スポーツ。そう、体育館の床に足が引っかかるように、安全に止まるように―――。

 なんで踊りなんでしょうか。体育の授業で。理解しておりません、未だ。

職業アーティスト育成プログラム⑭

サクサクッと行きましょう。

随分報告していませんでしたので、あーそういえばまだ続きがあったな、と思い出していただければ結構です。

 

実は濱口新平・・忙しすぎるんです。いやいや、すぎました。

先年12月に依頼のあった絵画の制作、それに続く制作。

そして普段通り、自由なテーマでの油絵大作を数点。

それから、5月にあったFATA Festival用の妖精たちの絵。ポスターやら看板やら・・・もう描く描く。

そのときの様子はコチラ↓↓

FATA Fes.face boad 右が濱口新平、左がMr.Bですね。仲良し絵描きあんちゃんたち、とでもしておきましょう。

FATA Fes.のメインキャラクターならぬ、メイン妖精ちゃんで、モルビドと言うそうです。

 

そしてご存知、新平デザインの妖精を立体化するSANKIRAIさんの新作。プラス、人間代表のモルビド風の濱口新平。

人間代表

昨夏の帰国以来、なんだか休めておりません。時差ボケとか、画欲不振とかあったはずなんだけど、押せ押せで来てしまいもう6月。

本人から特別な想いを語る、ということもないですから、我々としては本人の成長を見守りつつ、楽しそうにしているか否か、で判断しております。

でも、このブログを読破してきた皆さんには、現在の濱口新平と妖精の関係がいかにして在るのか、分かって頂けると思います。

最近は、『アナタの傍にいる妖精を描きます』という形で、その能力を三重県中に広めています。わざわざ遠方を訪ねてくる方もいるとか・・。

現在、8月後半にWild Art YESEにて、縁故のある作家三名によりますグループ展を開催する予定にしております。もちろん、魅惑の妖精たちも再登場しますので、詳細をお待ちくださいね。

 

では最後にこの写真を載せます。2014年7月、日本の外で初めてshowをしたときのものです。人権問題に真摯に取り組む団体の夏のフェスティバルにて。少女の希望で花の妖精を描きました。なぜ今?

ここに招待してくれた知人が、今はどうしているのか心配してくれたからです。日本語のブログでは分からないっ、とのリクエスト付き!

それから、なにかFATA Fes.に通じるものがあるから載せたくなりました。

Hallo Veltener!

Uns geht’s schon wieder. Shinpei malt viele Feen. Eron besucht gerade Europa. Yuko uebersieht alles wie immer. Kinder? alles OK!

Wer hat Interesse daran, Japan zu besuchen??

Liebe Gruesse von eueren Freunden

SAMSUNG CAMERA PICTURES

ソロダンス作品『(無題)』公演のご案内

5月30日(土)19時~Wild Art YESEのdance studioにて、パフォーマンスアーティストによるソロ作品を上演します。

本作は6月のドイツ公演に向け制作しているもので、一部日本向けに手直しをした上で、演じられます。

三重県津市白山町にて、ひとつ、今までにない風を吹かせられたら、と思っております。

21世紀以降、メディアもアートシーンも、そして言葉も、日々の生活の中で錯綜するようになりました。

Wild Art YESEが大切にしていること。それを感じて頂ける、貴重な夜になるかと思います。

また、表題上”ダンス作品”としましたが、正しくは”アート作品”です。一人の人間が使いこなせる全ての媒体での表現。ダンスだけというわけではありません。

それでは以下の電子フライヤーをクリックしていただき、ご予約をお待ちしております。感謝。

(友人・知人への案内、宣伝協力に限り、転載・転用可能です。)

近鉄電車利用の方は送迎相談してみてくださいね!基本的には対応します。
2015.5.30印刷用