春が行ったり来たり・・。

みなさん、体調不良等ございませんか。私Yuko、稽古をしっかりできる気象条件が明確になっております。つまり、どうも、気温差と湿度差が堪えてます。

ウキウキした気持ちをわざわざ探したり、無理やり作ったり、大人って大変だな~と思う時ありませんか? さ、息抜きしましょうね。

 

先日、40歳を機に子供の頃の夢を叶えようと奮闘した女性と、話をしました。

アイドルの男性が35歳で人生考え直してグループ脱退、というニュースもありましたが・・。

『人生の折り返し地点』とか、程よい年齢になると、ぐ~っと考える、そういう志向がとっても先進国で、成熟した思考を持ち合わせた民族だな、といつも感じます。

それで、自分はどうかなと。。 (I don’t think about that kind of theme, but I just wait for  moving myself..)

 

そんなわけで、急に再開したくなったので、昨日サックスケースを開けました。

気分はウキウキですよ、当然。でも、ないんです。マウスピースとネックが消えていたんです。 (ふわ~今この瞬間のウキウキどうすればいいの??)

しかも、リードをマウスにググっと締め付ける部分(リガチャー)だけが、無造作に放り込まれていて。まあ、嫌ですね、犯人捜し。盗まれたんですもん、窃盗事件勃発、大騒動、みたいな・・・。

 

記憶をたどるんですが、明らかに4年以上前が最後なんです。しかも、その時も突然吹きたくなって吹いてみたら、あまりの体力のなさにすぐ片付けざるを得ず。。なので、私がまず疑ったのは”イーアールオーエヌ”さん。

ところが、「サックスは特別すぎて絶対に触らない」っていう意外な返答。

「もう一回ケースの中を確認して」と一般的なアドヴァイスを受け、「あんなのこれ以上どう確認するのよ!」と呆れ流しつつ本体を持った瞬間・・・!・・!!

 

体に刷り込まれた記憶というのはすごいですね~。これはまさに、①重さの記憶

手を突っ込んで、全て引っ張り出しました。

そして、ワクワクして傍らにいた現在8歳の子を見つめて・・・・はぁ。

 

気を取り直して、子らに見つめられるまま組み立てて・・これまた手際が良く・・②所作の記憶 しかも、ダンサー肉体に戻っているので、安定感が増していました。

その後は、言われるままに童謡吹いたり、ダンスで鍛えた即興技術を音に変換してみたり、まあ、やってみるものですね。が利いてました!

 

それでまあ、大雨あがって変な天気の今日は、純粋に倦怠感があります―–と、思って午前中過ごしていたのですが、今更ながら違うな、と。

どうも、に対して甘く見積もっていたようです。

調子に乗ってやりすぎたんでしょうね、昨日。

首ちょいと痛いよ~。AND 喉痛めたよ~。

 

『何事も段階を経て』 本日の教訓です。

皆さんも、ウキウキにはご用心

 

 

 

 

Advertisements

踊りたい人のためだけのワークショップではございません。

あと10日ほどで、第4回目の舞踏ワークショップが始まります。白塗りを想像している人には「違うよ~」と言わせて頂きます。

体を動かすことは日常ですね。操られたり操ったりして、体を動かすのは非日常ですね。

声を出すのも体を動かすのも、心を動かすのも、きっと気持ちいい時間。

吉岡由美子氏、日本で日本語で日本人に向けてのワークショップを楽しみにされています。

知らない世界のドアを一緒に開けてみませんか?

申し込み締め切りは3月15日となっていますが、本当に興味があるけど予定がどうしても分からないよ~という方は、その旨、お知らせ頂ければ配慮致しますので。。

Yumiko 2018 TSU Flyer

吉岡由美子氏のWS申し込みについて

Yumiko’s 申し込み案内2018

↑↑ PDFが開きますので、印刷してお使いください。

↓↓ どうぞよろしくお願いします。お友達・お知り合いにどんどん紹介していただければ、幸いです。

Yumiko WS 2018.jpg

 

 

第4回舞踏家・吉岡由美子氏ワークショップのご案内(3月23-25日)

今年もやります。三日間のうち一日から参加可能です。是非来てください。

『出会いましょう』

Yumiko is teahing.

吉岡由美子 yumiko-yoshioka.com(クリックでジャンプします)

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。
1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月公演。 絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続け、美術館での上演も多数。
“Body Resonance 共振する肉体“というタイトルの彼女のワークショップは、アジア、ヨーロッパ、北米、南米各地で繰り広げられ、リピーターも多い。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)にて、1995年より四年に一度、デルタ・ライと共に“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催している。
今冬は「Tokyo Butoh Circus 2018」(舞踏を“世界のButoh”にした立役者たちを迎えたButohの祭典)へ招聘された。

2017年のまとめ

極寒ですね、やっぱりだめだ~January is off-season of WildArt YESE!

随分休んでいた気がします。病気にはなっていません。急性腰痛もないです。むしろ、Hiphopやdisco musicのお陰で陽気です。稽古もできています。しかし、全身の細胞が休め、と言っています。食べるんだ!そして寝るんだ!と。

皆さま、インフルエンザなぞに苦しんでおられませんか?これはきっと、義務教育の間は集団予防接種復活・・ですかね。

マスクだの、今日は何人休みだの、どこで学級閉鎖?だの、毎冬疲れます。

 

それでは、2017年の芸術的文化的写真たちを。今後、当方でのイベントなど企画して頂ける方、是非ご参照下さい。当方に遊びに来てみたい方、どうぞ参考までに。

 

 

 

森の劇場プロジェクトへのお誘い/11月23日(木・祝)

2017年11月23日(木)に、津市白山総合文化センターにてYuko参加プロジェクトが開催されます。津市文化創造事業の一環で、かなり実験的な内容です。

実験的と書かねばならない理由→→→想像して頂ければ、これ幸いなり。

移住した白山で、初めての秋に出会ったダンサー多恵さん。その後にも、ダンサーには出会いません。そう、YESE!以外で唯一、踊りと結びつく場であり人でありますね。

とはいえ、多恵さんをダンサーと呼ぶのは間違っているような・・・舞踊家でいらっしゃいます。洋舞フェスティバルを催したり、身体教養の先生だったり、今回は総合プロデューサーや舞台監督など、とてもエネルギッシュな方です。

この5年で舞台人に対するお国の扱いが変わりまして、(俗にいう)劇場法という新しい法律の下、色々ごにゃごにゃ・・・それで、多恵さんも方向転換を多少されながら、この白山の地・・白山総合文化センターの活用を模索しておられます。

この件に関して、私は静観しております。

なぜかって??

私・・ぺらっぺらなんですよ。体も立ち位置も、風が吹けば簡単に飛ぶんです。意欲はあっても、ね。but I can always assist her, when she ask me for something….that’s my style for now.

 

それではお誘いです。

ちゃんとしたチラシは、学校で配布されたり、広報に記載されているようですが、津市以外の方には届いておりません。

ようこそ森の劇場へチラシ
そういうわけで、↑↑PDFのチラシになります。

スケジュールは↓↓

11時半~モノづくり広場
12時~収穫感謝祭
14時~演劇「コノ村『山神』伝」

16時~ゆるゆら後夜祭

森の劇場ホームページ

今回のプロジェクト、今までの経緯も含め、全情報はホームページを開いてみてくださいね!

行政のナニとはいえ、運営側はこの先何年も続けていく所存です。どうぞ、みなさま応援ください。

是非とも、23日にご家族でお越しください。遊んで行ってください。でも、申し込みだけはお忘れなきよう~~~thanks

 

 

 

Hexenschussの教え

その昔、Hexe!(英語で)なんて罵られたこともあった・・というわけで、元魔女です。

①一緒に暮らす人を確保しましょう。

②食事量を減らしましょう。

以上、学びました!

急性腰痛を発症しまして、二日間の寝たきり。その後のリハビリテーション期間を経て、車の運転(一時間以内)、ノンパワーダンス&Handstandができるまで回復しております。

二時間かけて、この上なくゆったりと身体に向き合っていると、創作意欲も掻き立てられるし、深層筋しか鍛えていないガリガリbodyも悪くないな、と思ったりしております。

とはいえ、白井君を見てもらえばわかるように、アクロバットするには表層筋がないと、ね。このガリガリbodyでは運動会に参加できないし、breakdanceできないし・・・農道走ってて疲れちゃうな。 よし!あと二日ある!

そう、10月8日の亀山トリエンナーレで踊るつもりなのです。いや、breakdanceしませんよ。バレエも無理です。その日に使えるだろう身体で確実なもの・・で、四股踏んでます。いい床柱があるのでね。だけどうっちゃりとか決めたいのが本音。。

どうぞ、亀山市東町商店街に日曜の昼前後、遊びに来てくださいませ。

歩行者天国になっています。濱口新平&しいたけladiesと、路上でゴソゴソやっております。

新平の作品は、東町商店街の中の青木倉庫に展示されています。あの子やこの子が再登場!!

SHINPEI in Kameyama

 

では最後に、Hexenschussの教えをもう少し伝えます。

①一緒に暮らす人を確保しましょう。 

何もできなくなります。激痛で動けないんだけど、トイレにだけは叫びながら行くことになります。もちろん、市販薬の鎮痛剤を自分で好きなだけ処方してください。(発症二日間のみ)

寝ているとき以外は、遠慮なく一緒に暮らす人に甘えましょう。お互い様です。

②食事量を減らしましょう。

これは、発症時に痛みで食べられないので自然に減りますが、胃腸が膨らんでいるだけで各所を圧迫し、痛みが増幅するので間違って食べ過ぎないように。

それと、寝たきり期間+数日で筋力が極端に低下します。でも細胞は生き生きしますので、発症から一週間ほどでまともな生活が再開できたら、あまりの体の軽さに感動するはずです。