リバーパーク真見 春フェスタ2019 リポート

第三回目のフェスタ。急な暑さとなり、たかが5時間されど5時間の芝生に転がる日。

我々は国際交流ブースという体で、町内在住の国際結婚3組で賑やかに出てみましたよ。

(って、全く賑やかな写真ではないですが)

20190505_131521

ムロくんのジャンベ青空教室があったので、小さいお子さんが喜んでいましたね。

実は4年ぶりに一緒になりました、ムロくん。変わらずパワフルでした~

バウロンとの協演&子どもを踊らせる、閉会宣言があった後のセッション!

 

本当に暑くて暑くて、元気の残っている人だけが跳ねました。

家城ラインの風景と時々通るディーゼル(名松線)。芝生に花々。

自然を楽しみに来て欲しい。もっと沢山の人にね!!次は秋フェスタで~す。

Advertisements

11月24日イベントのご案内

皆さん、リバーパーク真見をご存知でしょうか。

津市白山町にあります、雲出川と名松線に挟まれた、広大な敷地をもつ公園です。

芝生や水路のある散策道、クライネガルテン(滞在型農園)、川遊びはもちろんBBQのできる施設です。四季折々の景色もいいですよ~。

今年から春秋に開催される新しいフェスタ(別名:リバーパークと白山町のPRイベント)が、今週土曜日にあります。リバーパーク真見HPへジャンプ20180505_111921こちら、5月5日の第一回の写真。

『千方餅』が真見地域の名物になっており、朝早くから地域住民一丸となって作っています。美味しいし一つでお腹いっぱいになるし、練りこまれたヨモギを摘む苦労を想いながら頬張ると、ふあ~と幸せになります。

春は青々とした芝生の上で寝転がったり、クッブ(薪投げゲーム)をしたり、家族連れがお弁当食べたりしていましたよ。

藤棚の所で、久世さんの絵本の読み聞かせ遊びもありましたね。

我々Wild Art YESE!は、庭のパラソルと椅子を移動させ、会場を盛り上げる役を。

そして最後は、ピアノの大谷清文さんと、4年ぶりに即興パフォーマンスを青空の下で。最後はお客さんを巻き込んで、踊りを一緒に楽しみました。

20180505_112025

秋も深まっており、朝の寒さに身が縮む最近ですが、10時~14時の過ごしやすい時間帯のイベントです。紅葉狩りに、是非お越しください。

我々今回は、町内在住のお仲間と出店します。

千方餅のお供になる、お茶を用意することになっております。

状況次第では、ボーンズとバウロンのミニワークショップも考えています。

踊りは約束できませんが、更に更にの状況次第で——。

沢山の方に会えると信じて・・お待ちしております!

 

 

 

Artist-in-residence program⑥これが大村未童だ! 『THE exchange!!vol.4』イベントレポート

春眠暁を覚えず―――大変時間が掛かってしまいました。

もう一ヶ月が経ちます。気合入れて、3月27日の報告をします。合わせて、当日を迎えるまでどのような作業があったかお伝えします。

 

↓↓打ち合わせ風景。

打ち合わせ

イベントを打つということは、目的や達成目標を吟味して内容を決め、広報活動をせねばなりません。アイデアが浮かんだ瞬間からとても興奮するわけですが、実際、アーティスト本人が裏に沢山関わるのは・・・作品作りへの時間が減るから少ないに越したことがないですね。

それでも今回はプログラムの一環なので、ガンガン攻めます。意見を出し合い、白山に一番適した方法を探りました。二日で宣伝ポスターを完成させ、デジタルとアナログ形式での広報を、白山・一志・久居を中心に行いました。

 

↓↓イメージを形に変える作業。

とりあえず・・「演技者塾」の受講生が書いた脚本から、実際にやっている所です。

ここから3日間は作品構成の練り直し、演出、リハーサルをやりました。

イベント前日は、外部から見学者を呼び、詰めの作業。なにせ、受講生が初舞台なもので・・心配はつきものでした。

しかし、こういう条件だからこそ、我々WildArtYESE!の存在価値が認められるときです。

 

↓↓そして当日。名松線の復活で町がざわめく中、静かにゆったりとお客様を迎えました。

観客どなたでも気軽に覗けるイベントなのですが、相変わらずティーンズには恵まれませんでした。

キッズも然り。。春休みだから~という我々の想いは外れだったようです。

やっぱり、コアなイベント、っていう感じかしら?

それでも、芸術って何?という初心者の方も数名おり、ありがたい機会になりました。

 

冒頭 質疑応答 舞踏<左>第一部 前座即興パフォーマンスと『龍樹の伝言より~エピローグ~』鑑賞

<中>第二部 演劇その他質疑応答=交流会

<右>第三部 舞踏即興パフォーマンス鑑賞

 

『龍樹の伝言』とは、受講生が大村未童氏からインスピレーションを得て書いている本です。その全容は未だ秘密でありますが、今回はエピローグ部分を、皆さんに鑑賞していただきました。

しかし、取り出した部分だけをやっては、前後関係がないので観ていて分りませんよね?

なので、構成をいじり、お見せして恥ずかしくない作品に何度も書き換えています。そう、この日のためだけに作られました。

音響や照明といった舞台に欠かせないものも、シンプルに。でもでも・・作品の長さに関係なく人手は要ります。

 

舞台作品上演、、決して楽ではありません。時間給では働けず、ひと上演単位での仕事です。

大村未童氏には、長年の経験と舞台への想いがあります。演じることとは何か、伝えようと突き進んでいます。

どうか、次に機会が訪れるならば、遠慮せず飛び込んでください。全身全霊で受け止めてくれるはずです。お会いしましょう。二ヶ月間ありがとうございました。

最近の未童

 

「よお、待ってるぜ!!」

※注 近々お茶の間に出てくるときの姿だそうです。

 

 

『THE exchange!! vol.4 レジデンス・アーティスト大村未童の一歩』のご案内

vol.3が2014年の10月でした。随分月日が流れたものですが、vol.4を開催する運びになりましたので、お知らせします。

『THE exchange!!』 というイベントは文化交流の一環として、vol.1と2は国際交流を主に、vol.3と4は芸術交流を主に、広く一般向けに開催しているものです。

春休みの日曜27日、ひとつ、みなさまの新しい出会いになれば本望です。

 

 『THE exchange!! vol.4』

大村未童氏とWild Art YESE!による舞台鑑賞と交流会

15時開場/15時半開始/17時終了

参加費500円(中学生以下無料)

 

デジタル版ちらし↓

eXchange vol4 JPG印刷用ちらし→THE exchange!! vol.4

 

中学生以下無料のイベントです。どうぞ、堂々とお子さん連れで来てください。3世代、4世代とか大歓迎です!

駐車スペースの関係で、できるだけ徒歩・自転車・車の相乗りをお願いしています。どうぞ、ご協力ください。

また、友人・知人への紹介、ご自身のブログへの使用など、広報に協力してくださる方のみ転載可能ですので、どうぞよろしくお願いします。

 

hope see you at the event…..

 

 

職業アーティスト育成プログラム報告会(THE exchange!!vol.3)のご案内

flyer おもてflyer うら

 

来る10月19日(日)に津市白山町のWild Art YESEにて、上記イベント開催します。

説明は要らないですよね。だって皆さん知っているでしょ?

ちょっと不確かな人も、まずはフライヤーの表と裏を開いてみて下さい。そして少し予習をして下さいね。

あ、やだなあ「知らない人もいるよ」って言われちゃった。。そうよ、きっと世界のどこかで日本語読めない人が知りたがっているかもね。

 

Wild Art YESE tries to develop art scene around them…so it’s a crazy idea but necessary…

They took a painter from local area there and traveled for shows in Germany and Switzerland in sommer 2014.

Art Residency YESE! in Mie-ken(Japan) holds an event, which is called “Briefing of a development program for amateur artist”.

Where: Wild Art YESE in Tsu, Mie

When: on 19.October 2014 / between 10AM to 4PM open door for the exhibition of SHINPEI HAMAGUCHI

                                                          / talk session from 11AM and 2PM for one hour

How much: 500YEN ( junior high school or more)

 

それでは皆さんのお越しをお待ちしております。

世界に興味のある人、芸術に興味のある人、笑いに飢えている人、子どもの為に何かを考えている人、生きる意味を探している人、などなど。多方面多角度からのご意見ご感想を期待しております。それを交流と呼ぶ―――『THE exchange!! vol.3』は今回こういう形で皆さんと交流したいと思います。

vol.1 と vol.2 もご参考下さい。

イベントリポート

去る5月末・・YESE!では『家族で絵本と音を楽しむ会』が開催されました。

今回は三組のご家族にお越し頂きました。皆さん英語に興味を持たれている方です。

そうなるとERONmelonのフリへの反応がこの上なくナチュラル。オッカナビックリという顔はありませんでした。

英語の本は分からないとか、日本の絵本を英語で読むと分かるとか、そんなややこしいことはどうでもよくて・・・少なからず、あの場にいた人は多文化多言語を受け入れられる人、なのではなかったかしら?

「無になれ」と座禅を組むのと同じように、瞬時に無になれる人はどんな状況下でも生きていけると思えます。別の言い方では、オープンな人 open mindedとも言えるかしら??

さて、飛躍しすぎたかもしれませんが、今回は皆さんに音を出してもらい踊らせて頂きました。

あれが何だったか、という質問の答えは「アナタにとっては何でしたか?」と言うしかありません。

ダンサーのYukoがリズムだけを重視していれば踊りにくい音には違いありません。しかし、皆が楽器に挑戦している姿とか、家族でワイワイやっている姿を全て受け昇華する作業、それが踊りとなっています。

あーーー、ややこしいこと書きました、ね。

終わります!遅れに遅れた報告でした。ご来場ありがとうございました。

※お知らせ※

次回の『家族で絵本と音を楽しむ会』(通称BookNookイベント)は、欧州ツアーにて不在のため9月以降になります。

 

【余談 i v.s. PC 】

実は、iPhoneとやらが駄々をこねていて写真がないんです。それでズルズルと・・・・・iのつく製品を持っているとblogにアップし易いとか言いますが、物書き好きな私はPC前でガチャガチャする方が安心なのです。だって文字変換とかし易いですよ、絶対に。

 

 

『家族で絵本と音を楽しむ会in白山』のお知らせ

ええ、まだチラシができていません。ですが、告知だけは・・と思いまして。

二日遅れでできました。↓

BookNook May 25

第11回 通称:BookNookイベント は、

5月25日(日)10時から11時まで YESE!内 playroomにて開催です。

このイベントは、英語とアートに触れてもらいたい、その思いで続けています。

決して、行き当たりばったりの野外イベントではありません。そして子育て支援センターや子ども会ではありませんので、一家族1000円要予約とさせて頂いています。

しかし中途半端なものは見せません。本物だけ。だからびっくりして終わっても構いません。だって全てが初めてのことだと思うから――。

 

ここまで書くと赤ちゃん連れでは難しいと感じられるかもしれませんが、出入り自由、トイレ横、おむつ交換可、授乳可、ねんね可、です。お弁当の持参も可。

年齢制限は一切ありません。YESE!がちょっと気になる皆さん、一度体験なさって下さい。

日本には外来の言語やアートは必要ない、と断言できる方はご遠慮なさった方が良いでしょう。

さて、なんとなくBookNokイベントは何ぞや、と気になってきましたか?

イベント名だけで何かって分かるように配慮して付けたのですが、それでも何かって分からない人のためにプログラムをいつも書いています。

で、毎回試行錯誤している自分に・・・・・疲れました。

Are you ready? It’s very simple..

 

①英語で絵本を読みながら遊びます。

②パフォーマンスアートの世界を少しお見せします。

 

以上。この日本語で通じなかったら、WikiでもgoogleでもYAHOOでも、色々訳してくれたり説明してくれるでしょう。

おーーっと。大変なことに気づきました。。。最新版の広辞苑に載っているか確認していません。大辞林はどうだろうか・・?

どんなすごいインターネット時代であれ、新聞と辞書は必ずお手元に―――

どこにも書店がない地域であれ、図書館を訪ねることをお忘れなく―――

そしてどんな悲しい気持ちであれ、YESE!で元気になれることをお忘れなく―――