グループ展『息』開催しています!

20170722_095522

怒涛の準備期間↑↑ 23日未明までかかりましたが、、(全ては夏バテのせい、ということで)

7月23日の日曜10時にスタートしました。(スタッフに深呼吸するゆとりがあったのが何より)一番乗りのお客さんは、遠方より、電車でお越し頂きました。

日曜は子どもたちが沢山いて、妖精がみんなと遊んでくれました。展示スペースですが、作家本人が好きなように遊んでいるから、ま、いっか・・。

子ども酔いをしてしまったお客さんもいましたが、無難な初日だったと思いました。暑さだけは勝てないから、扇風機と団扇で三人の展示を巡って頂いております。

今月は30日(日)まで毎日10-13時/15-18時開館しております。並行して英語その他、国際交流も楽しんで頂いております。

8月は4~5日、18~20日、25~27日の同時間に開けております。

より多くの出会いに恵まれますように―――スタッフ一同お待ちしております。

 

Advertisements

グループ展『三者三様』のリポート④

P1010764P1010818P1010821P1010822P1010824P1010826

長きに渡って開催されていたグループ展が、9月13日の最後のお客さんを持って、無事終了いたしました!

14日の現在18時、まずははに氏が撤収を始めております。久しぶりに英語の会話がSTUDIOから聞こえてきます。内容は・・・映画について。世界放浪の旅から戻ってきてすぐと比べると、とても爽やかな青年になっています。関西訛りの英語も、聞き取り易くなっていますが、同時に日本語もよく混じります。

さて、ご紹介しそこなっていた写真を。

①個展慣れした濱口氏の母による、情報コーナー&アンケート記入コーナー。そして、大人気の特製うちわ。

濱口新平作、妖精カルタを何度も読まされているお母さん。あ、違うか・・真剣にカルタを取る子供4人+妖精・・・・あ、違うか??

③三重県展入選作品の説明をする、はにまさあき

④淑女に何度も囲まれる、はにまさあき

⑤夏と言えば!すいか割り~~(週末の子供向けイベント)

⑥何人かいた子供たちの中で、唯一の経験者S T-Gが先陣を切る!一番軽かったから杉板の廃材を採用。鋭い切り口が~~当たらなくて助かった。。

そんなわけで、報告でした。

グループ展『三者三様』のリポート③

お盆の頃までの暑さが継続するものと思い、お客さんが少しでも快適に過ごせるよう、暑さ対策を色々考えておりました。

*扇風機

*特製うちわ(濱口新平母作)

*冷たい飲料水

*電燈の撤去(余分な電気熱を出さないため)

*屋外交流スペースの設置(パラソルと椅子)

なんでしょうね、結論から申し上げて、天気に裏切られた、です。

暴風でパラソルが舞い、あまりの日照不足に電燈をつけました。うちわも5本ありますが、足りないということもなく・・・開催期間中2日は熱いお茶の方が嬉しいという有様で―――8月であることを疑った次第。

曇りの日が一日あればラッキー。そういう感じだったのですが、湿気の熱さと大雨が不快な夏休み後半になってしまいましたね。お日様が出れば出たらで、やたら暑く感じられ、みなさんも体がついていかなかったことでしょう。

私、Yukoも同様。8月31日の最終日を無事に終え、夜にクロージングパーティを一緒に楽しんだお客さんを榊原温泉口駅に下ろした後、もうふらふら。本日9月4日の午後になって、体調は然ることながら、意識も行動も了解可能な状態に戻ってきた気がします。

でもですよ、実は美術作品の展示は継続しております。

来週に遠方より来られる団体がありまして、それなら急いで撤収する必要はない、というわけです。少しでも沢山の方に観て頂きたいのです。

もし、皆さまのお知り合いで見逃した方がいたら、予約のみ受け付けておりますので、9月8日夕方までに連絡をくださいませ。なければ、順を追って撤去の作業に入りたいと思います。

それではグループ展での各ショットをお楽しみ下さい。

(そんなことをしていたら、いつまで経ってもこのブログ記事がアップされないことに気づきました・・)

グループ展『三者三様』のリポート②

不安定なお天気が続いていますね。夏なのか秋なのか、惑わされる日々です。当方で開催中のグループ展も半ばを過ぎ、新聞記事の効果で遠方訪ねていただいた方あり、中だるみあり・・・・・。

今日は私が、他の方のリポートをリポートしたいと思います。

いえいえ、決して手抜きブログではございません。

きっと皆さまに、別の視点からグループ展を知って頂けると思います。

そして、再訪も含め、8月の残り三日、白山に足を運んで頂けたら嬉しい限りです。

それでは本筋の方の、公的読み物でございます。

2015年8月26日中日新聞

それからこちら、ダサいフライヤー大嫌い?YESEスタッフのEronのマガジン風記事です。

すみません、英語のリポートです。お好きな方のみお楽しみ下さい。

coffee break

それでは夏を存分に・・ハットさん妖精たちおばけたちが、皆さんのお越しをお待ちしております。

see you soon…..bye

グループ展『三者三様』のリポート①

こんにちは。ぐらぐらした日々です。きっと昨夏の欧州ツアー以来。

暑い、眠い、疲れた、四六時中仕事に従事、とにかく手が空いたら飲み食べる、子どもは誰かが気が向いたら世話をするetc…

津市白山町にて三名の作家によるグループ展『三者三様』が無事に始まりました。EXhib 1 EXhib 2

初日には10時一番乗りの6人組に新聞社の取材もあり、ギリギリまで準備に追われたのを忘れるほど、想い溢れる一日になりましたので、ブログ上で報告申し上げます。ご来場、本当にありがとうございました。

・・・実は今日月曜、皆筋肉痛なんです。・・・でも痛いときは逆に動け!!

客足が遠のく月曜朝。ご機嫌hiphopで私YukoとEronは踊り、Mr.Bは頭で立つ練習をしておりました。EXhib 3EXhib 4

まあ、、、そこで新平は居眠りなんか始めたので、活動量を上げたいと思います。

--------

それでは作家の濱口新平氏より、グループ展に関して感想をいただきましょう!!!

「・・・・・・・・・」

(どうも一言も出ないようです。ごめんなさい!)

翻って、作家のはにまさあき氏より、感想です。

「掃除ばっかりした。芝刈り楽しかった。」

(あ~はに氏、これは日曜朝オープニングまでの話。その後をお願いします・・・)

「三点倒立ができるようになった。三重県という土地でグループ展を開くという機会を、Wild Art YESEさんから頂き、大変光栄に思います。えー、そんなんでええの?」

「昨日の初日は思ったより沢山の人が来てくれて、お話が色々できて良かったです。」

「乳製品食わず嫌いだった大阪のおばあちゃんが、初めてヨーグルトを食べておいしいと思ったように、人生の中で色んな出会いがあるのは本当にスバラシイことです。えーー?これ感想ちゃうなーこんなんでええの?」

(はい。多分”人生の様々な出会い”を大切にされる、元世界放浪の旅人はに氏ならではのお言葉だと思います。)

さて、もう一度気を取り直して、濱口氏に戻りましょう!

「昨日はモルビド(注:妖精の王様)とかいっぱい妖精が来てくれた。その前の晩に妖精会議があって、グループ展の話をしたから。」

「ドイツの時に会ったり描いたりした妖精たちが特にいっぱい来ていた。」

「昨日の夜の妖精会議ではみんな感想言ってくれたけど、会議始まるとみんなの悩みを聞かなあかんから、それが結構つらい。」

「星や月や火星からも来てくれてた。あと、昔からここ(Wild Art YESE)にいたのも観に来てくれたな。」

ちなみに、妖精は日帰りで行動できるそうです。だけど、気に入った場所に留まる事もあるそうで、昨晩は結構場所の取り合いをしていたらしいです。特に気性が荒いのはアメリカの妖精らしく、かなりもめていた、と。譲り合いをするのは日本の妖精で、負けた妖精は別の場所で寝たらしいです。

ちなみに、台風が来ているけど妖精は大丈夫なのか、というはに氏の質問のお答え。進化している妖精は大丈夫やけど、昔からいるのは大丈夫ちゃうな、とのことです。

更に、はに氏が質問攻めしているので、報告を続けます。

普段妖精は、妖精の食事を摂っているけど、人間の食べる野菜なら食べる。魚・肉はだめ。食べると本来持っている妖精の力が弱まる、とのことです。

----------

いやあーーどうしましょうね、この感想。

ですが、世の中には隠れ妖精ファンだったり、私は昔妖精だった(前世or子供の頃らしい・・)という人がいるんです。

昨日もそういうお客さんが来てくれました。また逆に、濱口氏の指摘で自分が元妖精、と気づかされるお客さんもいます。

~~~そんなわけで、月曜の朝昼の部、終了~~~

しかし、はに氏が私に感想を求めてきているので書きたいと思いますが、もう一人の参加作家、S T-Gの感想をお伝えしたいと思います。(今朝、先走って聞いておいた)

「・・・・よかった・・」 (笑顔付)

(そっか、そっか、賑やかな日々だったよね。アナタ、まだよく分かってなくて、このイベントが昨日だけと思っていたくらいだものね。まだお客さんが来るって言ったら、目を丸くしていたもの。)

注釈:S T-GはアートレジデンスWild Art YESEにおける、初めての滞在作家です。Artist-In-Residenceプログラムに参加、といえば大袈裟ですが、制作スタイルとしてはそうなっていて、2-3週間で一つの作品を作り上げました。

そうなんです。お察しのように、バラバラです。個性のぶつかり合いです。

しかし、みんな優しいboysなので、決してケンカにはなりません。むしろ、じゃれあってまったり縁側に座っています。写真でお見せできないのが残念ですが、そこにEronが加わると、究極のまったりグループの完成です。だって、男4人が一言も発せず心地良さそうに座っている。。。

こうして三者が三様の色を出してくれるのを、私アートプロデューサーYukoはまとめております。そこに、各PA(家族)が付きます。これが心強い!なければできません。

今回ご来場いただいた皆さんにはアンケートをお願いしているのですが、それとは別に自由帳があります。そこに書かれた言葉から察するに—-今回のこのグループ展『三子三様』だそうです。

つまり、私はお母さんなんでしょうね。いや、お父さんなのかもしれません。プロデューサーとは生産者だものね、、、頑張ろ。

感想は「初日、沢山の方にお越し頂き、Wild Art YESE開業以来の”超”のつく忙しさで、ありがとうございました。とにかく、8月31日までやっているので、是非お会いしましょう!」です。もうそれ以外はないです。

group ex. JPEG

でもね、最後にこの言葉で締めますよ^^

百聞は一見に如かず

グループ展『三者三様』ご招待

三重県民の皆さんへ

”美し国おこし・三重”をご存知ですか?う~まちゃんですよ。

平成21~26年度の県の事業です。つまり、、最近見ませんね、う~まちゃん。元気しているかしら・・

津市白山町民の皆さんへ

町内では白山道しるべの会が、観光ボランティアガイドをしているのをご存知ですか。名所・旧跡案内や公民館講座など、あえて言うなら、THE 白山、な団体です。そちらの団体、パートナーグループに登録されています。

すみません。実は今日まで内緒にしていました。いや、お知らせする間もなく、今日に至りました。だって、誰も気付いてくれなかったんだもーん。

美し国おこし・三重パートナーグループ、白山町内の二つ目の団体が、実はWild Art YESE内に存在しています。

パートナーグループ図鑑の79ページを開いて頂ければ、左下に載っております。

『芸術・文化交流の家 YESE!』

一年ちょっと前に「キミたちの活動をもっと世間に知ってもらわないと」と応援してくれる方がいまして、当方のヴォランティア精神に則って行われている活動、また、ヴォランティアとして来てくれる皆さんの活動を、ひとまとめにした団体です。

といっても線引きが曖昧な部分もあり、自称・他称メンバーで成立しております。ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

前置きが大変長くなりましたが、その芸術・文化交流の家 YESE!の主催で、8月23日(日)から31日(月)の夏休み期間中、津市在住の作家3名によるグループ展を開催します。

美術展とでも書けばかっこいいのでしょうけど、皆さんに勘違いして欲しくないのでこうしています。日本の美術館やギャラリーにお出掛けする感覚で、乳幼児を連れてこない、絶対静粛などないです。

かといって、学校などの作品展でもありません。気楽に、でもじっくり鑑賞してください。。もちろんお喋りも可。だって、アナタが感じたことをすぐ誰かに伝えたいでしょ?

お子さん、お孫さんと何かを共有できる空間です。お一人さまも大歓迎!ただし、施設そのものはバリアフリー不対応です。できる限り作業療法士が対応しますので、事前にご連絡ください。

遠方の方で、白山を横切るときが時間外、という時は、早めにお電話頂ければ対応します。

それではコチラをクリックしてください。group ex. JPEGネット上で拡散して頂ける方は、どうぞ転載してください。友人・知人に手渡しで知らせたい方、Group exを印刷して頂ければ幸いです。

制作運営協力のWild Art YESEより