11月の週末ダンスと英語の日

致し方ない事情により、10月の週末はお休みさせてもらいました。

皆さん、秋を楽しまれていますか?

運動会とか文化祭とか、地域の行事に神社の祭り・・・なんて忙しいのでしょうね!

誰も暇じゃない気もするのですが、それはきっとどっぷり日本暮らしをしていれば、、の話では?

その答えは分からないので、我々が思うところの解釈で、次の日を定めました。

11月14日(土)

 11時~English Cafe(予約不要500円)

 13時~Hiphop-breakdance (要予約1500円)

どうぞ、お手柔らかに。お待ちしております。

Advertisements

今月のダンスと英語の日!

5月17日(日)
13時~Hiphop&Breakdance(要予約1500円)
14時~EnglishCafe(予約不要500円)

お問い合わせ:050-70017623(9~18時)にてお願いします。

 

なんだかギリギリの案内のように思われるかもしれませんが、

http://wildartyese.com/news/

基本的に↑↑こちらのページに最初に情報を載せます。

Facebookを常用されている方は、Wild Art YESEのページにも載せています。

このblogは基本情報+α としていますので、αがない時は書かない傾向があります。

ですが、、、今ふと思い立ちまして。。

 

では一緒に、ドイツで熟成されたHiphoper Yukoと共に踊りましょう!

日本語・ドイツ語・英語、ご希望の言語にてレッスンは受けていただけますよ~。bis dann!

産後リハビリテーションプログラム終了

何か唐突とした印象が拭えないですが、終了したので報告します。

リハビリテーションre-habilitationの概念から言う所の『産前の状態に無事戻ったという』そういう話です。

さてダンサーYukoの言う所の産前の状態ですから、想像できなくて結構です。

2014年12月初旬、ちょうど6年前、We B*Girlzのチームメンバーとして最後のパフォーマンスをした時、その状態に戻りました!!

Yukoはブレイクダンスのオールラウンダー(器械体操の内村航平選手みたいに、どれも美しくなければ・・)です。

上にも下にも横にも飛んだり跳ねたり、ぐるぐる回ったり、よじ登ったり、まあ色々してたんです。

第一子出産前後ギリギリまで踊っていたり、日本に移住して稽古場がなくなってからも、なんとか最低限踊れる肉体は維持してきました。

2014年4月に念願の稽古場が完成し、改めて身体作りを始めるも、落とした体力は早々戻らず難渋していました。

BODYconditioninigのレッスンをする中で、自分の状態を確認していたのですが、30台半ばってこんなものかな、という認識もありました。

原因は産後の身体の変化、ただそれに尽きるわけですが、ポイントは三つでした。

①細胞の変化。negative change ひょっとしたら数年後には元に戻るかな?というショウガナイ点。

②体型の変化。positive change これはダンサーとしては得した点。

③体重が増えない。(Yukoの食事量を見て驚く人は多い。炭水化物と野菜が中心。)

①は多分、5年その変化に付き合っていて、育児をしていて完全に忘れてしまい、、、最近余裕が出てきて初めて気づきました。

②は特大児の第二子のおかげ、ということにしておきます。

③に関しては、正直現時点でも不確かです。でも今度体重計に乗ったらベストの状態ではないかな、と感じています。

実は今夏にドイツで稽古した時に、昔の仲間に「体重1kg足りなくて困っている」と言ったら、30歳の彼女は不思議がっていました。36歳にもなって新しい身体になると、踊るときの脚の持っていき方とか、移動に要する秒数とか、ジャンプした時の空中静止秒数とか、それまで蓄積してきたデータが役に立たなくなるのです。一からやり直し。もちろんテンポが速すぎてついていけない曲も出てきます。そんなわけで生体寿命を考慮して、目標を下方修正していました。

しかしですね、強力な芯が戻ってきました。筋肉痛もしなくなりました。(スプリングダンスフロアのお陰もあり)

オールドスクール→ミドルスクール→ニュウスクール。時代を網羅しながら、新たなテクニックを習得中です。

だ・か・ら・作業療法士本人による本人用の『産後リハビリテーションプログラム』これにて終了~~。

ブレイクダンスを習いたい人、募集中。

BODYconditioningで自分の体を知りたい人、リハビリテーションプログラムを組みたい人、募集中。

ひとつ付け加えておきます。

産後リハビリテーションとは、(Yukoの体験したドイツにおいては)産後7-8週間頃から約10回ほど、理学療法士と共に取り組むプログラム、という認識です。

もちろん医療保険の範囲です。そして産後は歯科受診も必ずしなければいけません。

ええ、日本はダメですよ。日本帰国後、そして第二子出産後、どちらも耳にしませんでした。お陰で今日で5年ぶりの歯科受診と5日に渡る治療が完了しました。

行かなかった本人が悪いというご意見もあるでしょうが、産後に母体の健康を最大限に気遣う、そういう社会の存在は大事だと思っています。何せ大仕事を終えて、ホルモンの状態が滅茶苦茶になって、一番すごいのは思考そのものが変わる、ということです。もっとはっきり言えば、脳機能が変わってしまうのです。

はい、以上。

よろしければ、直接色々お話しましょう。まだまだ勉強したいことありますので。。

『Wild Art YESE感謝会2014』は12月28日です!

WildArt YESE 感謝会2014 「色々ありがとう。来年もヨロシクね」という会合です。

ヒップホップ踊って、勢いついたままお茶飲みながら英語喋ってください。(聴くだけでも良いです)

バック転を夢見る子どもたちは、午前中に来てね。(成長してしまった元幼児も、ご相談頂ければ応じます)

後はそうね、アートや異文化について語りたい人には、夕方からのモニター体験があります。

むずむずもずもずしていないで、どうぞ~~~