珍道中日記⑦(完結)

back and bags とにかくへとへとなんです。最後は土曜にStuttgartから9時間のバスの旅。日曜は荷造りをして終わり。月曜は10時に出発。首尾よく前に駒を進めたはずなのに・・・

珍道中日記②で書いたとおり、アムステルダムの乗り継ぎで・・・また走りました。でも疾走ではなく、念のための走り。

Eまで移動よ、走って!!」

何せ移動距離も出国手続きも計算できないので、余裕は持てません。時刻は午後1時なので、元気よく走ることができました。

団体客のいない便だったので、手続きの順番はすぐに回ってきました。あとはEに向かえばいいはずです。

「え、なんでまたパスポートいるの?」Eronが言いました。この時点でYukoの中では「さっきのが入国手続きで、こっちが正式出国手続き」と、EUやシェンゲン条約も存在しなかった一昔前の知識で理解していました。

しかし、すぐに順番が回ってきてパスポートを出したら、相手が「どこの国の人?どこの国に行くの?」と聞いてきたのです。

「Which country?? JAPAN!」と怪訝な顔をして答えるEronに、「ここからは日本には行けない」と・・・?

あーーーーーー

「ここはBだよ、Eじゃない!」Yukoがここで気がつきました。

珍道中日記②で書いたとおり、8週間前に同じ空港内を疾走したYukoは、デジャヴではないのに、自らデジャヴを作り上げてしまったのです。

つまり、走りながらEがBにすり替わっていたのです。そう、Bの手続き場は、Berlinに向かうための所でした。

でも一番ショックだったのは、誰も確認せずにYukoに続いて走っていたという事実。Eと言ったのに、、Eくらいは皆読めると思ったのに・・・・・

 

そこまでして到着したEですが、なんと飛行機の故障にて、2時間遅延となったのです。

これで関空からのリムジンバスに乗り遅れ決定。その後はバスがない時間帯に入るため、余分に一時間待つことも決定しました。

 

――――こうして待つに待った駒を進め、30度を越える日本に到着し、トーリーでしか運べない量の荷物を抱え、Yuko実家に帰着したのは23時間の後でした。

 

まとめ。

紛失物:帽子3つ、靴下1足

show:5回

新作絵画:14作品

体重:子供二人 1kg増(パンの食べすぎ&運動不足)

Yuko 2kg増(筋トレに成功)

Eron 1~2kg減(筋トレ不足&寝不足から来るやつれ)

Shinpei 4~5kg減(食事療法と効果的な運動で減量に成功)

new back style

 

証拠(8月27日撮影):

8月2日のshowの前に、少しずってくると言うので裾を折りました。

8月9日のshowでは腰パンでしたが、show後半には完全に太ももまで落ちてしまったので、ぐーっと上げたそうです。これをHannahが「cool」と言ってくれたので、それならそのままで、としました。

8月14日のshowでは、新聞記事で確認するかぎり、裾は踏んでいるしパンツが落ちているので、とても胴長で脚が短く見えます。

最後のスイス旅行では、低温を考慮してジーンズを毎日履いたのですが、歩く度に落ちてくるし、荷物を持っていると手がふさがるので坂道は登れませんでした。そういう状況で、最後になって紐ベルトが活躍しました。

この先も紐ベルトを使ってもらいたいです。だって痩せた濱口新平、結構かっこいいですよ!

 

濱口新平ファンのみなさま、もうお菓子はいらないです。

その代わり、これから生まれるだろう絵を沢山見てください。

そして、生の声に耳を傾けて、そこから先へ、周りへ、新平の表現を広げて下さい。

 

以上。

新平母の迎えがもうすぐ来ます。

荷物の分別は終わり、YESEも肩の荷を下ろせます。

二ヶ月の珍道中が終わります。ご苦労で・・・あった。。。ふーーーーー

 

 

Advertisements

珍道中日記④

Wuppertalへの移動日前、Berlin最後の日の朝、新平母からこんなメールが来ました。

『では、私は珍!を楽しみに(^_-)-☆』

実は前日に「移動の際、乗り遅れないように祈っていて下さい」と連絡しておいたのです。その返信の最後がこうでした。(まあまあ)

その横では新平が最後のひと筆を振っていました。精力的でしょ? ぎりぎりまで制作に取り掛かり、絵だけはぎりぎりに荷造りをしよう、という段取りです。それまでの数日は、片付けしながらプレゼントを用意したり、Berlinに置いていく物を分けたり、荷を軽くする作業をしていました。(ファミリー分のみ)

作品が完成したところで、新平の荷物をまとめる作業に入りました。

「じゃあスーツケースの中身を空にしよう」・・・と出してみて、アーーーーー。

出てきましたよ、忘れられていたお土産が!¥500

しかも渡したかった相手は、ほんの2時間前に子守を終えて旅立った人。アーーーーー。

確かに新平スーツケースのポケットに入れてたけど、探した時にはすでに別の場所に移動してたのね、だから見なかったのね、新平さん・・私たちの食糧にするつもりはなかったけど、そうしよう。

気を取り直して、 「服の整理をしよう、タンスの中から全部出して」

え? え?え?え・え?え?ええ・・・??

なんでこんなにあるの? 「これもあるよ、一度も着てないけど」

は?

確かにそんなの洗濯したことないぞ。決まったTシャツをいつも着ているよね。

日本での準備段階でのこと。新平&新平母と荷物チェックをする日がありました。

Tシャツが黒系ばっかりだったので、それはやめてもらいました。長袖は防水機能のあるジャケットを一枚、と言いました。

それ以外、シャツも下着もズボンも、基本は三日分としたはずです。

しかも、体温調節の苦手な新平のために、私たちより厚着なのは当然だと認めていました。

不要物リスト→Berlinでお留守番=友人宅に預けるのに友人に運ばせる

長袖ネルシャツ2枚

長袖Tシャツ3枚

半袖Tシャツ3枚

ズボン1枚

冬用靴下2枚

下着2枚

一度もお目にかかってない物から最初の二週間でお役御免となった物、合わせてこんなにも!!!!

推定約2kg=お米14合分、不要、ふよう、フヨウ~~(angry)

これは元々チェックインの時の計量で、全体の6分の1を占めます。 それを担ぎながら恐ろしいほどの階段を上ったり下りたりしたのか、、、ANGRY!!

誰?珍を楽しみにしてるの?Wer?Who?誰だって!?

※その次の日、乗り遅れませんでした。 理想とする出発時間には間に合いませんでしたが、しゃきしゃき移動したので、思ったよりも早くプラットフォームに辿り着きました。

ただいまツアー続行中。。。