5月17~19日はYumikoと白山で過ごそう!

YumikoWSMay2019

吉岡由美子 Yumiko Yoshioka

”アリアドーネの會”創立メンバーとして、1974年から81年まで、日本およびヨーロッパで活動した。(当時の芸名:ミゼール花岡)
1978年パリにて、室伏鴻、カルロッタ池田の演出で出演した “最後の楽園” (Dernier Eden)は、 劇場における海外で初めての舞踏公演となった。1981年には、作品“ツァラトゥストラ“をヨーロッパ各地で160回以上公演。 パリ、ロンドンでは一ヶ月のロングランとなり、絶賛を博する。
1988年から94年まで、”tatoeba- THEATRE DANSE GROTESQUE” のメンバーとして、関美奈子、デルタ・ライと共にベルリンを拠点に活動。数多くの海外公演、ワークショップ・プロジェクトを手がける。
tatoeba解散後の1994年、美術家 Joachim Manger、音楽家 Zam Johnson と共に、TEN PEN CHii art laborを創立。肉体、音楽、インスタレーションとの共同作業を中心に、実験的な作品、パーフォーマンスを創作し続けている。
また、旧東ドイツに位置するブルーリン城(国際アートリサーチセンター)にて、1995年より四年に一度、デルタ・ライと共に“eX..it 舞踏交流フェスティバル”を共同主催し、世界中の舞踏ファンの聖地となっている。

Advertisements

Artist-in-residence program⑥これが大村未童だ! 『THE exchange!!vol.4』イベントレポート

春眠暁を覚えず―――大変時間が掛かってしまいました。

もう一ヶ月が経ちます。気合入れて、3月27日の報告をします。合わせて、当日を迎えるまでどのような作業があったかお伝えします。

 

↓↓打ち合わせ風景。

打ち合わせ

イベントを打つということは、目的や達成目標を吟味して内容を決め、広報活動をせねばなりません。アイデアが浮かんだ瞬間からとても興奮するわけですが、実際、アーティスト本人が裏に沢山関わるのは・・・作品作りへの時間が減るから少ないに越したことがないですね。

それでも今回はプログラムの一環なので、ガンガン攻めます。意見を出し合い、白山に一番適した方法を探りました。二日で宣伝ポスターを完成させ、デジタルとアナログ形式での広報を、白山・一志・久居を中心に行いました。

 

↓↓イメージを形に変える作業。

とりあえず・・「演技者塾」の受講生が書いた脚本から、実際にやっている所です。

ここから3日間は作品構成の練り直し、演出、リハーサルをやりました。

イベント前日は、外部から見学者を呼び、詰めの作業。なにせ、受講生が初舞台なもので・・心配はつきものでした。

しかし、こういう条件だからこそ、我々WildArtYESE!の存在価値が認められるときです。

 

↓↓そして当日。名松線の復活で町がざわめく中、静かにゆったりとお客様を迎えました。

観客どなたでも気軽に覗けるイベントなのですが、相変わらずティーンズには恵まれませんでした。

キッズも然り。。春休みだから~という我々の想いは外れだったようです。

やっぱり、コアなイベント、っていう感じかしら?

それでも、芸術って何?という初心者の方も数名おり、ありがたい機会になりました。

 

冒頭 質疑応答 舞踏<左>第一部 前座即興パフォーマンスと『龍樹の伝言より~エピローグ~』鑑賞

<中>第二部 演劇その他質疑応答=交流会

<右>第三部 舞踏即興パフォーマンス鑑賞

 

『龍樹の伝言』とは、受講生が大村未童氏からインスピレーションを得て書いている本です。その全容は未だ秘密でありますが、今回はエピローグ部分を、皆さんに鑑賞していただきました。

しかし、取り出した部分だけをやっては、前後関係がないので観ていて分りませんよね?

なので、構成をいじり、お見せして恥ずかしくない作品に何度も書き換えています。そう、この日のためだけに作られました。

音響や照明といった舞台に欠かせないものも、シンプルに。でもでも・・作品の長さに関係なく人手は要ります。

 

舞台作品上演、、決して楽ではありません。時間給では働けず、ひと上演単位での仕事です。

大村未童氏には、長年の経験と舞台への想いがあります。演じることとは何か、伝えようと突き進んでいます。

どうか、次に機会が訪れるならば、遠慮せず飛び込んでください。全身全霊で受け止めてくれるはずです。お会いしましょう。二ヶ月間ありがとうございました。

最近の未童

 

「よお、待ってるぜ!!」

※注 近々お茶の間に出てくるときの姿だそうです。

 

 

『THE exchange!! vol.4 レジデンス・アーティスト大村未童の一歩』のご案内

vol.3が2014年の10月でした。随分月日が流れたものですが、vol.4を開催する運びになりましたので、お知らせします。

『THE exchange!!』 というイベントは文化交流の一環として、vol.1と2は国際交流を主に、vol.3と4は芸術交流を主に、広く一般向けに開催しているものです。

春休みの日曜27日、ひとつ、みなさまの新しい出会いになれば本望です。

 

 『THE exchange!! vol.4』

大村未童氏とWild Art YESE!による舞台鑑賞と交流会

15時開場/15時半開始/17時終了

参加費500円(中学生以下無料)

 

デジタル版ちらし↓

eXchange vol4 JPG印刷用ちらし→THE exchange!! vol.4

 

中学生以下無料のイベントです。どうぞ、堂々とお子さん連れで来てください。3世代、4世代とか大歓迎です!

駐車スペースの関係で、できるだけ徒歩・自転車・車の相乗りをお願いしています。どうぞ、ご協力ください。

また、友人・知人への紹介、ご自身のブログへの使用など、広報に協力してくださる方のみ転載可能ですので、どうぞよろしくお願いします。

 

hope see you at the event…..

 

 

舞踏家・吉岡由美子氏のワークショップ(3月11-13日)のご案内

Yumiko WS 2016 finl version

心と身体を解放する、一つの機会でしょうか・・・

日常から非日常へ、いつもと違う自分が見つかることでしょう。

ひょっとしたら明日への活力になるかもしれません。

ただのストレス発散かもしれません。

だけど・・眠っている感情に挨拶できることでしょう。

新たな勇気が湧いて、春のよいスタートが切れるかもしれません。

 

アナタのくぐもりや輝きを、Wild Art YESEで発見してください。

 

申し込み期限は3月3日ですが、各日人数制限ありますので、早めに連絡いただいた方が確かであります。

詳しくは①上の写真をクリック

②もう少し詳しくコチラ↓↓(吉岡氏のプロフィールあり)

WSintroduce2016

イベントリポート

今回は2年越しの企画。
『舞踏家・吉岡由美子ワークショップ Body Resonance』

終に日本上陸・・いや、逆輸入成功です!
ヨーロッパにButohを広めた張本人、そして今でも世界中に愛溢れるエネルギーを伝える氏が、待ちに待った私たちの元へやって来てくれました。

今回の企画に当たり、ご協力頂きました関係者のみなさま、どうもありがとうございました。無事に終了しましたので、簡単ではありますが、ここで報告させて頂きます。

 

「阿呆になって!」

WHAAAAAAAAT!!!!

出たよ~怖いよ~。

初日開始一時間ぐらいで出ちゃいました。

私の予告(ワークショップの説明記事)では、こんなこと言わない人って紹介したのに・・・・・。

早速正体がばれてしまいました。

 

それでは先生お手本をお願いします。

手本1

はい、それでは皆さんも後に続いてください。

手本2

 

はい、よろしいです。

 

これでは一体全体・・報告にならないですねぇ。。

いやはやしかし、濃すぎて搾りきれません。まとめられません。

だから―――写真のみで勘弁して~~!!

 

 

IMG_2345 IMG_2360 IMG_2363 IMG_2376 IMG_2391 IMG_2397 IMG_2400 IMG_2405 IMG_2412 IMG_2418 IMG_2420 IMG_2421 IMG_2439 IMG_2446

 

 

 

 

舞踏家によるワークショップのご案内

WS Yumiko Mar 2015

新年おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

さあ、元気にいってみましょう!

三重県津市白山町より、ダンスワークショップの参加者募集のご案内です。

実は二ヶ月切っているのですが、じんわりとやっております。

3月最初の金土日、白山に来ませんか?日常を離れてみませんか?

師匠を呼びます。師匠に白山でのアーティストライフを紹介する為に、呼びます。

師匠に美人の湯に浸かってもらう為に、呼びます。三重県の良さを伝える為に、呼びます。

皆さん、集まって下さい。化学変化を起こしましょう!

世界で日本以上に名の通った「Butoh舞踏」を広めた当人が、皆さんを表現の世界へ誘います。

舞踏家・吉岡由美子さんのプロフィール、ワークショップの案内のテキストはコチラ

ワークそのものは、野口体操、ヨガ、ピラティスの健康体操の要素から、芸術的運動まで、参加者自らの動きに合わせて進んでいきます。

ガッチゴチの人にだって、その人なりの動きがありますから、思い切りぶつかって頂きたいです。

逆に、プロフェッシナルアーティストにとっても、自分をゆったりと感じる機会であると思っています。音楽家、俳優、陶芸家、数多ある芸術関連職の皆さんにも、お勧めです。

3月6・7・8日、三日間のワークショップです。一日からの参加が可能です。

遠方の方は近鉄電車で。近隣の方は車で。海の向こうの方は飛行機とフェリーで。

アートレジデンスとして、Wild Art YESE!の力が発揮できるか!?

皆様をお迎えしたいと思います。

これをお読みの皆様、是非とも興味のありそうな方に広めて下さい。

私たちの力の及ばない所まで、飛んで行って欲しい!!!

どうぞよろしくお願い申し上げます。