Artist-in-residence program⑥これが大村未童だ! 『THE exchange!!vol.4』イベントレポート

春眠暁を覚えず―――大変時間が掛かってしまいました。

もう一ヶ月が経ちます。気合入れて、3月27日の報告をします。合わせて、当日を迎えるまでどのような作業があったかお伝えします。

 

↓↓打ち合わせ風景。

打ち合わせ

イベントを打つということは、目的や達成目標を吟味して内容を決め、広報活動をせねばなりません。アイデアが浮かんだ瞬間からとても興奮するわけですが、実際、アーティスト本人が裏に沢山関わるのは・・・作品作りへの時間が減るから少ないに越したことがないですね。

それでも今回はプログラムの一環なので、ガンガン攻めます。意見を出し合い、白山に一番適した方法を探りました。二日で宣伝ポスターを完成させ、デジタルとアナログ形式での広報を、白山・一志・久居を中心に行いました。

 

↓↓イメージを形に変える作業。

とりあえず・・「演技者塾」の受講生が書いた脚本から、実際にやっている所です。

ここから3日間は作品構成の練り直し、演出、リハーサルをやりました。

イベント前日は、外部から見学者を呼び、詰めの作業。なにせ、受講生が初舞台なもので・・心配はつきものでした。

しかし、こういう条件だからこそ、我々WildArtYESE!の存在価値が認められるときです。

 

↓↓そして当日。名松線の復活で町がざわめく中、静かにゆったりとお客様を迎えました。

観客どなたでも気軽に覗けるイベントなのですが、相変わらずティーンズには恵まれませんでした。

キッズも然り。。春休みだから~という我々の想いは外れだったようです。

やっぱり、コアなイベント、っていう感じかしら?

それでも、芸術って何?という初心者の方も数名おり、ありがたい機会になりました。

 

冒頭 質疑応答 舞踏<左>第一部 前座即興パフォーマンスと『龍樹の伝言より~エピローグ~』鑑賞

<中>第二部 演劇その他質疑応答=交流会

<右>第三部 舞踏即興パフォーマンス鑑賞

 

『龍樹の伝言』とは、受講生が大村未童氏からインスピレーションを得て書いている本です。その全容は未だ秘密でありますが、今回はエピローグ部分を、皆さんに鑑賞していただきました。

しかし、取り出した部分だけをやっては、前後関係がないので観ていて分りませんよね?

なので、構成をいじり、お見せして恥ずかしくない作品に何度も書き換えています。そう、この日のためだけに作られました。

音響や照明といった舞台に欠かせないものも、シンプルに。でもでも・・作品の長さに関係なく人手は要ります。

 

舞台作品上演、、決して楽ではありません。時間給では働けず、ひと上演単位での仕事です。

大村未童氏には、長年の経験と舞台への想いがあります。演じることとは何か、伝えようと突き進んでいます。

どうか、次に機会が訪れるならば、遠慮せず飛び込んでください。全身全霊で受け止めてくれるはずです。お会いしましょう。二ヶ月間ありがとうございました。

最近の未童

 

「よお、待ってるぜ!!」

※注 近々お茶の間に出てくるときの姿だそうです。

 

 

Advertisements

『THE exchange!! vol.4 レジデンス・アーティスト大村未童の一歩』のご案内

vol.3が2014年の10月でした。随分月日が流れたものですが、vol.4を開催する運びになりましたので、お知らせします。

『THE exchange!!』 というイベントは文化交流の一環として、vol.1と2は国際交流を主に、vol.3と4は芸術交流を主に、広く一般向けに開催しているものです。

春休みの日曜27日、ひとつ、みなさまの新しい出会いになれば本望です。

 

 『THE exchange!! vol.4』

大村未童氏とWild Art YESE!による舞台鑑賞と交流会

15時開場/15時半開始/17時終了

参加費500円(中学生以下無料)

 

デジタル版ちらし↓

eXchange vol4 JPG印刷用ちらし→THE exchange!! vol.4

 

中学生以下無料のイベントです。どうぞ、堂々とお子さん連れで来てください。3世代、4世代とか大歓迎です!

駐車スペースの関係で、できるだけ徒歩・自転車・車の相乗りをお願いしています。どうぞ、ご協力ください。

また、友人・知人への紹介、ご自身のブログへの使用など、広報に協力してくださる方のみ転載可能ですので、どうぞよろしくお願いします。

 

hope see you at the event…..

 

 

新春のご挨拶。

年末に頂いたカレンダーをざざっと捲って、2月がちょいと長いのと、8月11日が赤くなっているのに軽くショックを受けて以来、2016年を遠ざけておりました。

ですが、1月4日が月曜日というキレイな始まりでしたので、意外にも爽やかな気持ちで1月6日を迎えました。

みなさま、暖かなお正月ですね。まだ三学期が始まらなくて、元気な子供に困っているお宅から悲鳴が聞こえそうです。

 

さて、昨日来て頂いたお客様に「(知らない土地で)お友達はできましたか?」と尋ねられました。

知らない場所で孤独を感じるのは辛いことです。しかし、友達はあってもなくても、誰にでも話し掛けられる術さえあれば、ヒトはどうにかなるものだと思います。

だけどその”誰にでも”という環境がなかったら・・・・・ふと、皇太子妃雅子様に想いを巡らせました。

それによく、天涯孤独を愛したなんて言ったりもしますが、本当にそんなことってあるのでしょうか・・・。

 

みなさま、ご友人・知人からの年賀状を手に取られましたか?

Wild Art YESE宛には一通届きました。

と、書くと語弊があるので訂正します。日本人Yuko宛には数通、南アフリカ人Eron宛には三通が届いております。

そして先ほどもう一通届いたのですが、手書きで県名から書かれたその賀状を裏返して、「あ、この人は友達だわ」と瞬時に思ったのです。

 

仲間は世界中にたくさんいるでしょう。ダンスのこと、アートのこと、オリンピックのこと、政治のこと、地球環境のこと、宇宙のことetc..誰でも共通する項目さえあれば仲良くなれます。そう、いつでもどこでも始まる関係。

でも友達となると・・・適度に切れたり繋がったりしつつ、お互いの近況を気にします。もちろん、共通言語があって初めて成り立ちます。家族ができたとか、稼ぎが少ないとか、受験がどうだとかetc..熱くも冷たくもない、生涯そんな関係。

 

というわけでWild Art YESE、2016年も新たな出会いを演出できれば、本望でございます。

その中で、ファンだったり、仲間だったり、お友達だったり、恋人だったり、ただの通りすがりだったりetc..様々な人間の関係性を愉しんでいただければ何よりです。

 

まずは、3月11日(金)~13日(日)に、昨年に引き続き、舞踏家の吉岡由美子氏によるワークショップを開催します。

こちら、肩肘張らず参加できますので、どなたさまも一度は参加を検討する価値あり、と思います。(ただし成人向け)

詳しくは近々―――

―――えっ待てない?そんな奇特な方は、ここにコメント残して下さいね。もしくはHPのコンタクト・フォームからメッセージお待ちしております!!!

 

師走の候、、にて

みなさま。お焦りですか??

えーーーのんびりいきましょうよ、だって夜は長いから~~。

コタツにずるずる居座るより、布団でぬくぬくと睡眠を愉しみましょう!

それに、年末だと焦って色々やると、耐寒限界を超えて体調崩しますから。。。

 

というわけで、我々日々機会があれば”外遊”、、いや研修を大切にしています。Wild Art YESE!を飛び出して、体験して学ぶ、ということです。では報告---

 

11月は『お茶会』でした。

黄檗皎上月流家元のお屋敷で、野点・煎茶・古茶(薬草茶)をお菓子と一緒に、という。なかなかハイレベルですね。。でも、仲良くさせて頂いている芸術家からご招待頂いたのです。あまりに近所だったもので、予習も何もなしで出掛けました。

 

早速、着物の皆さんに迎えられ、どうぞとお抹茶と柚子のお上品なお菓子を。

わけもわからずその先の煎茶会へ。お道具は奈良~平安時代のもの。お点前の間、家元から掛け軸に供え物などの設え物の説明がありました。そしてお菓子は空海が嵯峨天皇に差し上げたという―――歴史のお勉強も兼ねた素晴らしいお茶の時間でした。ずっと正座でしたが、あの緊張感で背筋がピシッと伸びたので、Yukoだけでなく6歳児もしびれませんでした。しかし南アフリカ人を連れて「そこの山の反対側の町内から来ました」という自己紹介は、我ながら嘘っぽく感じるほど別世界でした。

その後は江戸時代に造られたお庭で子らは遊び、最後の黒いお茶(スープみたいに作る)を頂いて終わりました。

 

ありがたいことに、外国人を日本で連れていると、自然とお茶に親しむ機会を得られます。

小さな子どもがいても気になさらないで、と声を掛けて頂いています。

そう、EnglishCafeとコンセプトは同じですね。お茶とお菓子とお話、そういう公共の場を愉しむだけ。そう、”だけ”。

どうか、このブログを読んでいる皆さんも、お茶の機会があれば是非気楽に出掛けて下さい。仕来りや規律なんかあるけれど、それは知っている人が示して教えてくれます。まずは出掛けて行って、真似できる事だけ一緒にやってみる、それが文化交流の始まりだと思っています。

 

 

ではここで12月の研修のお知らせ―――我々13日決行します。

 毎年恒例の『アートフォーラム三重 2015 展覧会― UPDATE 更新-』

開催場所

三重県文化会館 第1・第2ギャラリー

開催期間

2015年12月6日(日曜日)~13日(日曜日)
【6日~11日】9時~17時
【12日】9時~20時
【13日】9時~16時

詳しくは↓

http://artforummie33.wix.com/art-forum-mie

 

さあ皆さんも、研修!研修!

案内のチラシはWild Art YESE!にも置いてありますので、必要な方は取りに来て下さいね。

実は「はにまさあき」氏の作品も出展されています。なんだか本人も理解しないまま?グループ アンチ アカデミア というグループに仲間入りしているそうです。

どうぞ、足を運んでくださいませ~

 

追伸;初日に出掛けた方からのコメントを紹介します。

県文の駐車場が満車すぎて停めるのに一苦労。
用事があったからゆっくりは見れなかったけど、
土曜日に時間作れたらもう一度ゆっくり見に行きます。
はに氏の作品も美しかったし、彫物も映像も絵画も幅広くて楽しかった!

 

 

これでも営業案内です。

実は・・・今更ですが、商売っ気がない商売をしております。そういう類のもの=芸術を扱っていますので、ご了承のほど。当然ながら開店一周年記念セールなんて・・,ねぇ。

それでも無事にSTUDIOをオープンして一年が経ちましたので、報告を兼ねて――挨拶に代えさせていただきます。

 

4月に入ったのにまだまだ寒くて身体が動かなかった頃、Wild Art YESEには大きなグループのお客さんが来てくれました。

こういう営業スタイルを分かってかどうか、みなさん朝一番に元気にやって来てくれました。そして「保育園に送ってくるから待ってて~」なんて言って我々は消えるのですが・・・(!)

だって一組は行き成りの成り行きで「今から行っていい?」(8時45分)

もう一組は「朝行きます」の約束をしていて、気がついたら門前にいらしたんです。(朝って、ねぇ、何時のことですか?大工さんは7時とか朝だし、あまりに”だいたい”で・・・でも8時じゃなくて良かったけど)

 

営業時間:平日9時~18時 土日祝不定

 

ではご紹介!これがWild Art YESEの日常です。

某火曜日午前9時の出来事。

みくさのみたから あさごはん

 

 

某木曜日午前9時過ぎの出来事。

ギター? (1) やまねこ亭さん

 

 

そしておまけ。

一月某日、大工さんに支払いをする前の出来事。

大工さん (1)

 

 

 

その他にはこういう出来事もありました。

①滋賀県での絵画展研修②ST-Gの制作風景③Mr.Bの制作風景

作品説明 ST-G Mr.B

 

 

 

なんだか楽しそうだと思いませんか?

そう思ったらその勢いで、白山に車を走らせてください。

でもお忘れなく!営業時間は平日9~18時、土日祝は不定です。

9時前の電話はいけません。ドイツ人のごとく無愛想です。(ウソ)

9時00分から爽やか~~に応対しますよ~~

 

それでは、Wild Art YESE一同、皆様のお越しをお待ちしております。

平日が難しい方におすすめなのは、こちら↓↓

4月26日(日)、5月17日(日)はダンスを習ったり(13時~)、英語でお茶飲んだり(14時~)する日です。お友達を誘ってワイワイしてくださいね。thanks

研修に行ってきました。

utopia_omote滋賀県大津市で開催されたアメニティーフォーラムに、部分参加してきました。障害者の地域生活を支援する国や県、各法人が中心になり、日々の取り組みの発表や法律について考えたり・・・・毎年すごいプログラムを提供してくれる全国規模の会合です。

作業療法士としては、三日間全日程を隈なく拝見・拝聴したいところでしたが、今の私にその機会は得られません。だから、部分。

アール・ブリュット絵画展と、障害者の芸術活動支援モデル事業について。Wild Art YESEの研修とはいえ、子連れですから冒険^^

お隣の滋賀県でよかったというのが感想。そして大津に友人家族がいてよかった。。そしてアートに全く縁のなかった薬剤師夫婦&こどもたちに、ショックを受けてもらい、これまた面白かった。

プリンスホテルにカジュアルな家族二組。「いとこの結婚式に来て、これからおめかしするつもりですから~~ちょっとここのドアから入らせて頂きます!」って言い訳したくなるほど、場違いでした。

講演や発表や専門書のコーナーなんて、すっごく面白いのですが、子連れじゃキビシカッタ・・・一冊くらい最新の本を購入したかったな。。

絵画展ですか?最高でしたよ!

色々なタイプの作品があるから、8人いれば8人それなりに楽しめました。というか驚愕でしたね。

それから障害者のダンスワークショップ後の発表というのがあって、これもよくできていました。Eronの第一声「Dock11よりスゴイ」です。私Yukoもその気持ちは理解できます。

絵・踊り・歌・楽器、言葉以外に使える表現方法の数々・・・自分の好きな方法を見つけたら、是非今後も続けてください。

私たちも続けます。そしてどこかでいつか出逢いましょう!!

『THE exchange!! vol.3』イベントリポートと『職業アーティスト育成プログラム』のリポート⑪

去る10月19日は、待ちに待った今夏のヨーロッパツアーの報告会&交流会でした。

とはいえ、報告することは沢山あり、山ほどの写真の中から濱口新平の絵画と直結するものを選び、皆さんに暫しのヨーロッパへの旅に同行して頂きました。

二年に渡る『職業アーティスト育成プログラム』の流れ、現在地の確認、これからの活動予定など、数時間で説明するのがもったいないくらい話すことはありました。

行事イベントの多い秋、日曜日は行けへんなあ・・という声も多々あり、中には体調を崩したので不参加という方から連絡もあり、少々寂しい想いもしましたが、我々はプログラムの流れに沿って前進!!

全体 この写真は午前11時の部です。10時に来られた方は一時間たっぷり14作品を感じた後、詳しい説明を聞かれました。

なので、芸術と関わること、芸術が持つ力、そこに生きるということ、チャンスが誰にでも訪れるということ、そういう所を少なくとも理解されていたと思います。

さあ、笑いたっぷりの説明を聞いて、漠然としていた我々の存在が明確になり、魔力・・あっいや魅力ある濱口新平の世界を堪能されたと思うのです。

tripleし・・・・と気がついたら、triple”し”が再現されていました。(何のことか分からない人はコチラを

Yukoからすれば、彼の心身の成長をとても感じます。自ら行動することが難しい社会の中でも、こうしてできることもあるのです。

三兄弟の図がとても自然です。ともに闘った者の絆を感じます。心が通じ合うって美しいです。

三枚目の写真は、お決まりの「絵の詳しい説明」のコーナー。簡単に書いていますが、実はスゴイことなんです。

絵の説明中上野の美術館に行っても、ゴッホの美術展に行っても、当の作家本人から説明を聞けることはないんですよ!!

絵画だけでなくダンスシアターにしてもそうですが、観覧・観劇する人の感じたままを理解してもらって結構、ということは多いにあります。

しかし、濱口新平の場合、絵の設定や物語を聴きながら観覧するのが一番です。

しかもお喋り好きだから・・・一つの絵に数分かけて下さい。流して作品名だけ読むと、間違いなく損をします。

そういうわけで、11時の部に”ちょっと来た”というお客さんを2時間引き止め、更に話し足りない人にはスタッフ用に新平が作ってくれた料理を囲んみ、そのまま14時の部へ―――ご来場いただいた皆さん、そのあと一週間の展示期間中に足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

昼食

こんな蜜にアーティストと交流すること、外国の話を聞くこと、創造を共にすること、これは一つの文化体験です。

それを教養と言うか、日本人には関係ないと言うか、日々忙しい仕事人には関係ないと言うか、子供に伝えるべきと言うか、色々・・とは思います。

今回のプログラムは、Wild Art YESEが専門的見解から、濱口新平の”のびしろ”と才能、そして若さに期待して組んでいます。

年齢・家庭環境・経験などを考慮・評価した上で、個人個人が持つ能力を最大に活かせるよう、小さなゴールの設定や一人では出来ない体験など、多角的に対象(この場合新平)を観察して作成したプログラムです。

対象からすると、これは「僕が絵と生きていく為の一つの行為」です。もちろん、家族にとっても大切で特別な時期となっています。

裏を返してYESEからすると、沢山これから出会うだろう事物の、一つの例に過ぎません。

しかし、お客さんからこのような感想を頂いたので、ご紹介します。

妖精たちとふれあう貴重な体験でした。
妖精たちのいわれを読んでいると、おもわぬ発見がありました。

(中略:妖精の生態に迫っています)
 
そこで、作品集を出版しては?
旅日記ですが、現地の様子も紹介しながら、作品に取りかかる姿を追いかけるという視点で綴っていくのです。
記憶は時と共に薄れていきますから、ぜひ書きとどめておいてほしいです。

そっか、やはりか・・・論文くらい余裕で書けるなあ、とずっと考えてはいました。だって濃いんですもん、中身が。

Eronも上の方同様に、本にすべきだと考えていたようです。

答えは今のところないですが、正直、我々の活動を色々な人に知って頂きたいです。

「移動作品展します、講演もします」と言っているのは本当です。ただ、今のYESEにはそこまでのconnectionはありません。

もしどなたか、アイデアを共有し、我々を呼んでくださる方がいれば、声を掛けて引っ張っていって下さい。

そして、今まで応援してくださった方、ありがとうございます。これからも我々の動向に目をそらさず、引き続き応援していただけると大変嬉しいです。

何度も言っているか、初めて言うか分かりませんが、「我々は芸術に関わる専門家」です。

濱口新平の『笑える絵画』に出会っていただきたい。『笑う』という美しい行為を楽しんでいただきたい。(これはSTUDIO greytan36の一つのスタイルでもある)

そして芸術の幅広さを知って欲しいし、積極的に関わって欲しい。

人間は、表現する(したい)ことがあれば絵だけじゃなく、踊り、音楽、歌、書などに昇華していける媒体です。

我々が専門家なのは、単に追究し技術を磨いているからです。もちろん表現する楽しさを伝える役目もあります。

濱口新平の絵を見て、眠っていた絵の道具を掘り出す人を何人も見ています。

このブログを読んでいる皆さんの中に、心の奥で踊るものが生まれていたら、次はアナタの番です。

「あの人に紹介したい」と思いついた方は、物理的距離はどうでもいいです、紹介して下さい。

Wild Art YESEならびに芸術・文化交流の家YESE!(美し国おこし・三重パートナーグループ)を、ローカル&グローバル資源として活用して下さい。

新たな出会いを求めて―――thank you for reading..