これでも営業案内です。

実は・・・今更ですが、商売っ気がない商売をしております。そういう類のもの=芸術を扱っていますので、ご了承のほど。当然ながら開店一周年記念セールなんて・・,ねぇ。

それでも無事にSTUDIOをオープンして一年が経ちましたので、報告を兼ねて――挨拶に代えさせていただきます。

 

4月に入ったのにまだまだ寒くて身体が動かなかった頃、Wild Art YESEには大きなグループのお客さんが来てくれました。

こういう営業スタイルを分かってかどうか、みなさん朝一番に元気にやって来てくれました。そして「保育園に送ってくるから待ってて~」なんて言って我々は消えるのですが・・・(!)

だって一組は行き成りの成り行きで「今から行っていい?」(8時45分)

もう一組は「朝行きます」の約束をしていて、気がついたら門前にいらしたんです。(朝って、ねぇ、何時のことですか?大工さんは7時とか朝だし、あまりに”だいたい”で・・・でも8時じゃなくて良かったけど)

 

営業時間:平日9時~18時 土日祝不定

 

ではご紹介!これがWild Art YESEの日常です。

某火曜日午前9時の出来事。

みくさのみたから あさごはん

 

 

某木曜日午前9時過ぎの出来事。

ギター? (1) やまねこ亭さん

 

 

そしておまけ。

一月某日、大工さんに支払いをする前の出来事。

大工さん (1)

 

 

 

その他にはこういう出来事もありました。

①滋賀県での絵画展研修②ST-Gの制作風景③Mr.Bの制作風景

作品説明 ST-G Mr.B

 

 

 

なんだか楽しそうだと思いませんか?

そう思ったらその勢いで、白山に車を走らせてください。

でもお忘れなく!営業時間は平日9~18時、土日祝は不定です。

9時前の電話はいけません。ドイツ人のごとく無愛想です。(ウソ)

9時00分から爽やか~~に応対しますよ~~

 

それでは、Wild Art YESE一同、皆様のお越しをお待ちしております。

平日が難しい方におすすめなのは、こちら↓↓

4月26日(日)、5月17日(日)はダンスを習ったり(13時~)、英語でお茶飲んだり(14時~)する日です。お友達を誘ってワイワイしてくださいね。thanks

Advertisements

職業アーティスト育成プログラムのリポート⑬

リバウンドの激しい『アート亀山』でした。いっぱい色々ありすぎて――10日かかって元に戻ってきました。

11月は季節の変わり目で大変ですね、みなさん。なのに亀山・・雨に強風に雨に・・・・・屋外のアーティストには堪えました。

それでもなんとか最終日のSHOWは、理想に近い条件が揃い、形になったのではないでしょうか。写真で振り返りましょう!

141109_134643小さい写真で申し訳ないですが、アーティスト全員が揃っており、お客さんの様子も舞台の様子も分かる唯一の写真です。

ご覧の通りの日本庭園。しとしと降る雨。趣がありますね・・・でも、はあ。。。

紅葉はなし。お茶もお菓子もなし。

あるのはお手洗。。。(え!?)

すみません。茶屋だったら格好よかったのでしょうが、東屋なんです。いやいや・・・

すみません。東屋だけだったら格好ついたのでしょうが、厠付きなんです。

へへへあ、正にこれは証拠写真ですね。

でもですよ、お陰で本来なら見てもらえなかった人の目を釘付けにさせたんですから、厠も捨てたもんじゃない!!

さて・・そんなことはもう忘れましょう。

 

時は2014年11月9日。あれから25年が経ちました。濱口新平がこの夏見た世界。その中でも一番印象に残っているベルリンの壁。

この日のSHOWは『Mauer 想いよ届け!』。

2日と3日のストリートパフォーマンスとは違い、テーマを固定したうえで、作品として観て頂くことにこだわりました。(即興であることには変わりません)

これは育成プログラムの中で、突如として与えられる課題の一つです。

思いつきと前準備があるもの、その違いは芸術としての完成度に現れてきます。

アーティストの中で感情の交差が少ないというか、気持ちが一つになるというか、伝えたいことが明確になるというか、娯楽性は重視されないというか、そういう違いがあります。

 

あの日、壁を前にして何を感じただろうか――。

新平という一人の人間がこの先どうやって生きていくのか、そういう問いを投げかけられた場所でもあると思うのです。

戦争と平和の象徴?自由の象徴? なんだろうか。そんなに単純明快なのだろうか。

壁と並ぶ物理的に壁が壊されたのは11月10日です。

しかし、壁が壊れたのは11月9日なのです。

そう、心理的な崩壊、理論的な崩壊が起こった日。その日を起点に、革命が起きたのですから。

 

もし、このブログを読んで頂いている方の中に、濱口新平の油絵に興味を持って辿り着いた方がいらっしゃったら、是非コメントを残してください。

彼の絵は動かない物体ではありません。何かを伝える力を持って生きているのです。その命は新平の心、他なりません。

もう当に革命は起きています。そしてそれはずっと続いていくものです。

亀山まで足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

It’s just “be continued..” further and further, thank you very much..

 

 

アート亀山2014 (亀山トリエンナーレ)へのお誘い

この時期が来ましたね。今年の会期は11月2日から9日までです。

http://art-kameyama.com/

濱口新平と出会ったのは2012年のここ。2013年は100号の絵を運搬するお手伝いをしました。

そして今年は前面協力体制で臨んでおります。運搬はもとより、展示もします。演出もします。出演もします。

普段は平面や立体で表現活動をしないSTUDIO greytan36も、ここは三重県民として押えておかねばなりません。

もっと大きく出れば、三重県民だけではなく、近隣の府県民も押さえておくべきイベントになりつつあります。

商店街の活性化、町おこしから始まったものでしょうが、2008年から続いているので、誰かが嫌と言わない限り続いていくのでしょう。

総合案内所・ギャラリーKUSUKUSU~ふれあい公園周辺にて、濱口新平+STUDIO greytan36はちょっと久しぶりに、ライヴペインティングのshowをします。

日時は2日(日)13時ごろと3日(月)12時ごろかなあーと予想しています。車は亀山市市民協働センター”みらい”に止めて下さい。

アーケード街なので屋根がありますから、土砂降りじゃない限りは決行しますので、その時間にウロウロしつつ我々を発見していただければ幸いです。

他にもイベントを作っている方がいるので、折り合いのつく状況でのshow-timeとなりますが、お楽しみいただければと思います。

あ、大事なことを書き忘れました。

新平の今年の作品群は、東海道街道沿い、西町にある「岡田屋本店 月の庭」の二階カフェスペースで、観覧していただけます。

車は広い駐車場が近くにあるのでそちらへ。

なんか地味な配色のブログ記事ですが、亀山に来て頂ければ色のお祭りですから・・・・新平は色の魔法使いですよ。そして妖精が見えるんです。

では。

イベントリポート

去る5月末・・YESE!では『家族で絵本と音を楽しむ会』が開催されました。

今回は三組のご家族にお越し頂きました。皆さん英語に興味を持たれている方です。

そうなるとERONmelonのフリへの反応がこの上なくナチュラル。オッカナビックリという顔はありませんでした。

英語の本は分からないとか、日本の絵本を英語で読むと分かるとか、そんなややこしいことはどうでもよくて・・・少なからず、あの場にいた人は多文化多言語を受け入れられる人、なのではなかったかしら?

「無になれ」と座禅を組むのと同じように、瞬時に無になれる人はどんな状況下でも生きていけると思えます。別の言い方では、オープンな人 open mindedとも言えるかしら??

さて、飛躍しすぎたかもしれませんが、今回は皆さんに音を出してもらい踊らせて頂きました。

あれが何だったか、という質問の答えは「アナタにとっては何でしたか?」と言うしかありません。

ダンサーのYukoがリズムだけを重視していれば踊りにくい音には違いありません。しかし、皆が楽器に挑戦している姿とか、家族でワイワイやっている姿を全て受け昇華する作業、それが踊りとなっています。

あーーー、ややこしいこと書きました、ね。

終わります!遅れに遅れた報告でした。ご来場ありがとうございました。

※お知らせ※

次回の『家族で絵本と音を楽しむ会』(通称BookNookイベント)は、欧州ツアーにて不在のため9月以降になります。

 

【余談 i v.s. PC 】

実は、iPhoneとやらが駄々をこねていて写真がないんです。それでズルズルと・・・・・iのつく製品を持っているとblogにアップし易いとか言いますが、物書き好きな私はPC前でガチャガチャする方が安心なのです。だって文字変換とかし易いですよ、絶対に。

 

 

『家族で絵本と音を楽しむ会in白山』のお知らせ

ええ、まだチラシができていません。ですが、告知だけは・・と思いまして。

二日遅れでできました。↓

BookNook May 25

第11回 通称:BookNookイベント は、

5月25日(日)10時から11時まで YESE!内 playroomにて開催です。

このイベントは、英語とアートに触れてもらいたい、その思いで続けています。

決して、行き当たりばったりの野外イベントではありません。そして子育て支援センターや子ども会ではありませんので、一家族1000円要予約とさせて頂いています。

しかし中途半端なものは見せません。本物だけ。だからびっくりして終わっても構いません。だって全てが初めてのことだと思うから――。

 

ここまで書くと赤ちゃん連れでは難しいと感じられるかもしれませんが、出入り自由、トイレ横、おむつ交換可、授乳可、ねんね可、です。お弁当の持参も可。

年齢制限は一切ありません。YESE!がちょっと気になる皆さん、一度体験なさって下さい。

日本には外来の言語やアートは必要ない、と断言できる方はご遠慮なさった方が良いでしょう。

さて、なんとなくBookNokイベントは何ぞや、と気になってきましたか?

イベント名だけで何かって分かるように配慮して付けたのですが、それでも何かって分からない人のためにプログラムをいつも書いています。

で、毎回試行錯誤している自分に・・・・・疲れました。

Are you ready? It’s very simple..

 

①英語で絵本を読みながら遊びます。

②パフォーマンスアートの世界を少しお見せします。

 

以上。この日本語で通じなかったら、WikiでもgoogleでもYAHOOでも、色々訳してくれたり説明してくれるでしょう。

おーーっと。大変なことに気づきました。。。最新版の広辞苑に載っているか確認していません。大辞林はどうだろうか・・?

どんなすごいインターネット時代であれ、新聞と辞書は必ずお手元に―――

どこにも書店がない地域であれ、図書館を訪ねることをお忘れなく―――

そしてどんな悲しい気持ちであれ、YESE!で元気になれることをお忘れなく―――

STUDIO greytan36パフォーマンスのお知らせ(for May)

①5月6日(火) 亀山ハイウエイオアシスにて、 10時~15時、『大人も子供も こどもの日イベント』

四年目の今回は【音楽とアート】だそうです。隣りには 大きな公園・亀山サンシャインパークがあり、芝生で戯れられるそうです。

我々は、11時~Live-painting showです。

 

②5月11日(日)亀山公園芝生広場にて、10時~16時、NPO法人CORORO主催の『Fata festival』詳しくはこちら

我々は濱口新平のブースで、絵のワークショップとshowを一緒にします。踊りたい人、歌いたい人、描きたい人etc..もう何でも体験できることでしょう。

 

③5月18日(日)飯高町作滝にある、もくいち(道の駅から国道を奈良方面へ2km)にて、10~15時半、『WOOD DAY』

 「濱口新平の油絵展示」と 12時半~Live-painting showです。

 

STUDIO greytan36と久居出身のアマチュア画家・濱口新平。

二年間の職業アーティスト育成プログラムも第一部後半に入り、行ける所までトコトンやってます。

生で体感してください。ただ適当にやっているのではありません。目標を持ち、一歩一歩です。趣味ではありません。真剣です。

目に余る色の祭りA color festival in TSU!

最近のブログに写真が少ない、という指摘を受けました。確かにそうですね。

でも、、色に飢えているお方!濱口新平展(津・松菱駐車場そば)に足を運んでください。

写真では伝えてはもったいないくらい、元気で多彩な色が迎えてくれます。

遠方の方のために少しだけ、STUDIO greytan36とのshowの様子をお見せしま~す。にい~ インタビュー