Artist-in-residence program⑥これが大村未童だ! 『THE exchange!!vol.4』イベントレポート

春眠暁を覚えず―――大変時間が掛かってしまいました。

もう一ヶ月が経ちます。気合入れて、3月27日の報告をします。合わせて、当日を迎えるまでどのような作業があったかお伝えします。

 

↓↓打ち合わせ風景。

打ち合わせ

イベントを打つということは、目的や達成目標を吟味して内容を決め、広報活動をせねばなりません。アイデアが浮かんだ瞬間からとても興奮するわけですが、実際、アーティスト本人が裏に沢山関わるのは・・・作品作りへの時間が減るから少ないに越したことがないですね。

それでも今回はプログラムの一環なので、ガンガン攻めます。意見を出し合い、白山に一番適した方法を探りました。二日で宣伝ポスターを完成させ、デジタルとアナログ形式での広報を、白山・一志・久居を中心に行いました。

 

↓↓イメージを形に変える作業。

とりあえず・・「演技者塾」の受講生が書いた脚本から、実際にやっている所です。

ここから3日間は作品構成の練り直し、演出、リハーサルをやりました。

イベント前日は、外部から見学者を呼び、詰めの作業。なにせ、受講生が初舞台なもので・・心配はつきものでした。

しかし、こういう条件だからこそ、我々WildArtYESE!の存在価値が認められるときです。

 

↓↓そして当日。名松線の復活で町がざわめく中、静かにゆったりとお客様を迎えました。

観客どなたでも気軽に覗けるイベントなのですが、相変わらずティーンズには恵まれませんでした。

キッズも然り。。春休みだから~という我々の想いは外れだったようです。

やっぱり、コアなイベント、っていう感じかしら?

それでも、芸術って何?という初心者の方も数名おり、ありがたい機会になりました。

 

冒頭 質疑応答 舞踏<左>第一部 前座即興パフォーマンスと『龍樹の伝言より~エピローグ~』鑑賞

<中>第二部 演劇その他質疑応答=交流会

<右>第三部 舞踏即興パフォーマンス鑑賞

 

『龍樹の伝言』とは、受講生が大村未童氏からインスピレーションを得て書いている本です。その全容は未だ秘密でありますが、今回はエピローグ部分を、皆さんに鑑賞していただきました。

しかし、取り出した部分だけをやっては、前後関係がないので観ていて分りませんよね?

なので、構成をいじり、お見せして恥ずかしくない作品に何度も書き換えています。そう、この日のためだけに作られました。

音響や照明といった舞台に欠かせないものも、シンプルに。でもでも・・作品の長さに関係なく人手は要ります。

 

舞台作品上演、、決して楽ではありません。時間給では働けず、ひと上演単位での仕事です。

大村未童氏には、長年の経験と舞台への想いがあります。演じることとは何か、伝えようと突き進んでいます。

どうか、次に機会が訪れるならば、遠慮せず飛び込んでください。全身全霊で受け止めてくれるはずです。お会いしましょう。二ヶ月間ありがとうございました。

最近の未童

 

「よお、待ってるぜ!!」

※注 近々お茶の間に出てくるときの姿だそうです。

 

 

Artist-in-residence program⑤忙しいおじさんの・・まとめ作業

週末に東京の生徒さんに教えに出掛けたり、東京と白山の生徒さんの合同演技者塾があったり、再燃中です。

実は、1月末に死にそうな顔をしてWild Art YESE!に来たときには、この世の絶望・・そんな言葉しか出てこなかったんです、おじさんの口からは。

芸術家が都会で蝕まれた姿、想像できる方は、どうぞ悲哀の気持ちで想像してあげてください。

とんがってとんがって触れると痛かった精神が、火にともされ、溶け合い、丸くなっていく様を、どうぞ慈愛の気持ちで想像してあげてください。

 

 

大村未童はまだ死なない!

ミッションはまだまだ続くぜ!

eXchange vol4 JPG

じゃあ行きましょう。全身全霊。

下手な格好はやめて。全身全霊。

有言実行。全身全霊。

 

おじさんは、白山を始めとする三重県の皆さんの、自然と調和した感性に出会いたがっています。どうぞ、会いに来てください。

#3月26日(土) 

最後の最後まで求めます、近畿・東海圏からの受講生大募集!

レジデンスアーティスト大村未童氏による演技者塾

(素泊り&27日のイベント参加付。場合によっては演じるチャンスあり。)

13時~17時 5000円

 

#3月27日(日)

 『THE exchange!! vol.4』

レジデンス・アーティストとWild Art YESE!による舞台鑑賞と交流会(参加費500円,中学生以下無料)

15時開場 15時半開始

 

※注 おじさんは、次のミッション敢行のため、4月には東京に戻ります。そして俳優業も再開予定です。

 

Artist-in-residence program④ おじさんの折り返し地点

しばらくblogを書けませんでした。ちゃんといますよ、おじさん。

実は、子どもたちの風邪を大人が皆もらいまして・・・辛すぎて辛すぎて、市販薬で鎮静を図り、長引く咳をかれこれ二週間弱が過ぎてしまい、本日3月2日。

3月2日青山高原日本全国に強烈な寒波がやってきたこの2日で、青山高原は美しく清く姿を変え、白い風車と共に我らを見下ろしています。

それでは、おじさんこと大村未童氏による劇団貴種流離付属 演技者塾開講のご案内です。

 

三重県津市白山町会場
3月 8日(火) 13:00-17:00 受講料 3000円

東京都内会場
3月12日(土) 13:00-21:00 受講料 5000円

 

いい舞台俳優は、いい映画俳優だ!

ジュリアン・ムーア
メリル・ストリープ
ケイト・ブランシェット
この三人の女優は、特別な演技をする

やっと同業者として理解出きるようになった

魂で演じるそのアプローチを。

できるだけ多くの若い俳優、女優たちに伝えたい!!

 

演劇革命 ぜひ、お逢いしましょう

 

劇団貴種流離第二回東京公演(6月2日~5日)

『無垢なもの』 
 作/ 大村未童 

 <出演者大募集!!>
 童子     決定! 後日発表
 まさし
 広志
 楓 
 馬鹿息子
 櫻      決定! 浜谷絵夢
 隣の女    決定! 石川久美子
 弁護士先生  決定! 工藤正平
 若頭     決定! 大村未童

 <スタッフ>
 作・演出   大村未童
 照明     国府田圭一
 音響     那須佐和子
 美術     小林芳雄
 協力     YESE

 

演技、そして表現の世界へ――アナタの白いまんまの心を、おじさんは求めております。是非に!おじさんの朝

Artist-in-residence program③ おじさんが演劇人に化けた演技者塾とは?

4時間のワークが、本日午後に開講されました。なんですが、その後2時間に渡ってお茶飲みから発展した・・・熱い意見交換の時間になっております。

演劇だの、踊りだの、そういう縛りを超えて、人間が生きることの意義―――という、仏陀も出てくる深い話が繰り広げられております。

その前は、、、幽霊は存在するか、宇宙人が見える人がいたら教えて欲しい、死の世界はあるか等。

 

あーー今テーマが変わりました。

大野舞踏、つまり大村未童の師匠であります大野慶人氏の言葉!

「まず歩きましょう」

誠実に父・大野一雄氏から受けた心を伝えているそうです。土方さんや父から学んだ全てを、次世代に紡いでいるそうです。

・・・と、師匠の笑える教えが飛び出し、思い出話、そしていわゆるボケネタ? なんだかofficeが笑いに包まれています。

あれれ?色ネタも??師匠の純真話が続いております。。。

 

 

では本日の演技者塾の振り返りです。

「伸びやかに、伸びやかにいけば、なんぼでも いけるから」

身体の使い方を指導する未童。

とにかく全ては歩くことから―――

裸足で冷たいフロアを歩む未童。

midoh works

演技初心者の参加者ですが、舞踏を知っている女性と、小説に詳しい男性です。

共通点があるようでない、大村未童の世界が繰り広げられました。

 

最後は、演劇と言えばこれ!!本読みで閉めです。

劇作家・未童が書いた、短編の戯曲が2本用意されました。20160213_162729

これは、今回の参加者には結構大変だったと思います。

なにせ、自分の声を出さなければいけないのです。

普段、身体を動かすことに慣れている女性と、読むのに慣れている男性です。

自分の口を楽器にして、肉体を楽器にして、音を出さなければいけないのです。

 

あーーーー

焚き火の時間になった。(未童の日課)

え?いきなりお茶会が終わったので、リポートも終わり!失礼します~~

Please look forward to next report!

 

あ、大事なこと忘れました。

追記:演技者塾の受講生、東京公演出演を希望する俳優さん、まだまだ大募集しております!よろしくお願いします!

Artist-in-residence program① ヤッケローヤッケロー○○○○ヤッケロー fire!

こんにちは。豆まきの日ですね。

津市白山町にありますWild Art YESEでは、2月よりレジデンス・アーティストのおじさんが、二ヶ月間の制作に入っています。

本当は寒い季節なのでお断りすべき所ですが、、、ま、腐れ縁って事で了承しました。

fire! nice 3なんだこの「おじさん」?

笑顔素敵じゃない?

意外に可愛い顔するじゃん!?

果たしてこれはキッズパワーでしょうか、ネイチャーパワーでしょうか。。。

いえいえ実は、ファイヤーパワーなのです。

今日のブログのお題は、この3人がほぼ毎夜歌っている、fire songです。

 

それでこのおじさん、一体何者か??

おじさんと呼ぶと、不特定の中年男性のような響きですが、愛情をこめて、おじさん。

で、おじさんは劇団・貴種流離の主宰者/演出家であり、自らも俳優であり劇作家の大村未童(Midoh Ohmura)氏です。

 

日課は散歩と焚き火。

アート談義ほらね!

一見、ただの浮浪者ですが・・・

よくよく見ると、背筋がピンとしております。

英語で話しているようです。

どうも真面目に芸事について意見交換しているようです。

 

二ヶ月間の制作に――と冒頭で書きましたが、内容について紹介します。

①津市白山町を題材に新作を創ること

②演劇人を発掘すること

③3月第四週末に発表を兼ねたイベントをすること

 

②については、氏から募集がかかっていますので↓↓、チャレンジャーは是非名乗り上げてくださいね。

 

劇団貴種流離付属 演技者塾 生徒大募集!!

東京都内会場
2月 6日(土) 18:00-21:30 7日(日) 18:00-21:30

2月20日(土) 18:00-21:30 21日(日) 18:00-21:30

三重県津市白山町会場
2月13日(土) 13:00-17:00 14日(日) 13:00-17:00

2月27日(土) 13:00-17:00 28日(日) 13:00-17:00

受講料 1日のみ 3000円  2日間  5000円

両会場とも素泊まりできます。一泊1000円。

ー受講内容ー

メソッド・アクティング
マイケル・チェーホフ・メソッド
大野舞踏(命の身体性) 等

 

※ 劇団貴種流離第二回東京公演(6月1日~5日)の出演者も募集しています!!

 

いまの日本に

ほんとうに素敵な劇団を創ります。

演技者の魂が
本来のエネルギーに満ち

観客の魂が
本来のエネルギーに気づき

ささいにでも
ほんとうの
嘘のない
希望を

共に感じれるような

そんな
パフォーミング・アート・シアター・カンパニーを

この日本に
新鮮で
前衛で
美しく、優しい

とびきりの劇団を!

狂ったように
創ります

応援していただければ
勇気づきます!!

2016, 1,31
劇団貴種流離主宰 大村未童

 

 

グループ展『三者三様』のリポート④

P1010764P1010818P1010821P1010822P1010824P1010826

長きに渡って開催されていたグループ展が、9月13日の最後のお客さんを持って、無事終了いたしました!

14日の現在18時、まずははに氏が撤収を始めております。久しぶりに英語の会話がSTUDIOから聞こえてきます。内容は・・・映画について。世界放浪の旅から戻ってきてすぐと比べると、とても爽やかな青年になっています。関西訛りの英語も、聞き取り易くなっていますが、同時に日本語もよく混じります。

さて、ご紹介しそこなっていた写真を。

①個展慣れした濱口氏の母による、情報コーナー&アンケート記入コーナー。そして、大人気の特製うちわ。

濱口新平作、妖精カルタを何度も読まされているお母さん。あ、違うか・・真剣にカルタを取る子供4人+妖精・・・・あ、違うか??

③三重県展入選作品の説明をする、はにまさあき

④淑女に何度も囲まれる、はにまさあき

⑤夏と言えば!すいか割り~~(週末の子供向けイベント)

⑥何人かいた子供たちの中で、唯一の経験者S T-Gが先陣を切る!一番軽かったから杉板の廃材を採用。鋭い切り口が~~当たらなくて助かった。。

そんなわけで、報告でした。

グループ展『三者三様』のリポート③

お盆の頃までの暑さが継続するものと思い、お客さんが少しでも快適に過ごせるよう、暑さ対策を色々考えておりました。

*扇風機

*特製うちわ(濱口新平母作)

*冷たい飲料水

*電燈の撤去(余分な電気熱を出さないため)

*屋外交流スペースの設置(パラソルと椅子)

なんでしょうね、結論から申し上げて、天気に裏切られた、です。

暴風でパラソルが舞い、あまりの日照不足に電燈をつけました。うちわも5本ありますが、足りないということもなく・・・開催期間中2日は熱いお茶の方が嬉しいという有様で―――8月であることを疑った次第。

曇りの日が一日あればラッキー。そういう感じだったのですが、湿気の熱さと大雨が不快な夏休み後半になってしまいましたね。お日様が出れば出たらで、やたら暑く感じられ、みなさんも体がついていかなかったことでしょう。

私、Yukoも同様。8月31日の最終日を無事に終え、夜にクロージングパーティを一緒に楽しんだお客さんを榊原温泉口駅に下ろした後、もうふらふら。本日9月4日の午後になって、体調は然ることながら、意識も行動も了解可能な状態に戻ってきた気がします。

でもですよ、実は美術作品の展示は継続しております。

来週に遠方より来られる団体がありまして、それなら急いで撤収する必要はない、というわけです。少しでも沢山の方に観て頂きたいのです。

もし、皆さまのお知り合いで見逃した方がいたら、予約のみ受け付けておりますので、9月8日夕方までに連絡をくださいませ。なければ、順を追って撤去の作業に入りたいと思います。

それではグループ展での各ショットをお楽しみ下さい。

(そんなことをしていたら、いつまで経ってもこのブログ記事がアップされないことに気づきました・・)