私がドイツで再会したかったモノ③

元同僚

今となっては少しもったいなかったかな、という写真左。小さなボストンバッグに衣装と着替え3日分。カメラはないし、英語は頼りないし、買いたい物もないし、映画も観ないし、☆見ても興奮しないし、、2006年Hollywood。

リニューアルオープン前のグリフィス天文台にもとく特別招待されたんだけど、、知らぬは恥なのか得なのか—- 平常心でお仕事に取り組めてよかったね、という思い出写真です。

その後も、ここにいる数人とは一緒に働いたり、情報交換したり、Hey!Yo!の関係が続きました。それでも、みな人生の岐路に立ちますから、自然にさよーなら。

 

干支が一巡した今年、二人と会えました。

一人は脚本家で、Beatbox musicalをドイツ国内で巡回公演をしており、ちょうど子供向けの作品がBerlinであったので、家族で楽しんできました。これから二年のうちに英語版を完成させると言っていたので、完成したら世界ツアーします。

RAZZZ FOR KIDS (←ドイツ語のビデオ)

 

もう一人は一番多く一緒に踊ったダンスパートナー。八年半ぶり!

遅くとも10年後(60+50)にbattle showをする提案がありました。これは遊びなのか、祝い事なのか、老いへの挑戦なのか、商業目的なのか全く分かりませんが。。

未だにドイツ語を話し、体型も変わらずに踊り続けている私への、驚きと賛辞の意味があるようです。そして、本来なら山ほどの提案をする彼から出た、たった一つの提案だから、私も熱い気持ちを持ち続けようと思っています。

 

Advertisements

私がドイツで再会したかったモノ①

踊りの先生

「Yuko、私、去年Tokyoで踊ったの。Susanne Linkeの作品で・・」
「それ・・観たかった」
「ごめん。でもTokyoよ、しかもたったの4日間の滞在!」
「いや、そういう時は、東京に出掛けることにしてるよ。前もPina Bausch日帰りで行ったし。大阪より東京に行くことがあったし。」

about Susanne Linke’s (←作品については新聞記事をどうぞ)

FT16_dorehoyer01

この方、私の先生です。クラッシック、モダン、コンテンポラリーダンサーです。
2004年より裏方を手伝い、体の使い方を学び、子守をしたりしながら、傍で見て参りました。前回2014年には、あまり時間もなく、言葉を交わせなかったのを覚えています。

そして、彼女に辿り着けるのか不安なまま、あまりに時間がなかったので、突撃訪問という形になりました。それを許してくれるのもBerlinならではかもしれません。

今回、色々な想いを共有することができました。それはもしかしたら『踊りを愛して止まない母親』という共通点があったからかもしれません。

「ただ、ずっと踊っていたい」その言葉に・・しびれました。ぞわっとしたのです。

別れに際して—- あんなに強く温かく抱きしめあったのは、初めてでした。

 

補足1:正しくは、一昨年2016年に東京公演をしたようです。(それなら行けなかったわ)
補足2:Susanne Linkeはこの業界では重鎮も重鎮。実は吉岡由美子氏も共演した過去があります。その際に、60代の彼女が美しく踊っている姿を見たので、今日、我らがYumiko Yoshiokaが60代で踊り狂っているのを見ても、驚かないのかもしれません。