『THE exchange!! vol.5 インターナショナルウィーク』のご案内

ドイツ人大学生の現場実習の後半は、不特定多数を相手にした実践となります。これまでは、我々自身も顔見知りの皆さんを相手のコミュニケーションでした―――。

実は、彼女の学問を説明するのに、毎回四苦八苦しています。ですから、キーワードを列挙するので、各人にヒットするものでイメージしてくださいね。

 

文化、コミュニケーション、文化政策、文化社会学、アート・マネージメント、カルチャー・マネージメント、伝統文化、言語学、マーケティング、民俗学、メディア、政治学、などなど

 

はっ!いかがでしょう?なぜにWild Art YESE!で勉強になるか、ご理解いただけますか?

特に今回のように、自国外での実習の場合、フィールドワークに近いものがあるかもしれませんね。仕事は与えられるモノではなく、自ら生み出すモノ、というスタンスですから。

(かといって、与えていないわけではないので心配いりませんよ~)

というわけで、flyer THE exchange!!

『THE exchange!! vol.5 インターナショナルウィーク』では、日本滞在7~8週間のAlexと共に、グループ展『息』で展示されている作品や写真を基に、

アナタの視点と私の視点を交換し共有しましょう

来て頂いた方と、時に密に話し合います。場合によっては、記録のビデオも撮らせて頂くでしょう。7月23日~30日にご来場の方、是非ご協力ください。

彼女の学問の糧になるのはもちろんですが、日本社会に何か新しいエッセンスをもたらしてくれる、そういう機会だと思っております。

そして、7月28日(金)は、夏休みのファミリースペシャルですよ~!!

午前と午後に一回ずつ、子供たちと英語で遊びます。お話しします。

Wild Art YESEならではの、英語に親しむ貴重な機会になりますので、是非、10時と15時にお集まりください。

Advertisements

Introduction! 実習生が来ています。

20170613_110137

想像してください。まったく・・・何をしてるんでしょうね。春なのか梅雨なのか、夏なのか、よくわからない6月初旬。日本に来て二週間の生活ぶりがよくわかる写真でしょう!?

そして自転車で走り回っています。

「川口から八対野を通って、保育園の所に出てきたわ」 ですって!!

こんな出来事も、一年前の大村未童おじさん以来のこと。御方も歩き回っていましたね。

地元の人がやらないこと・できないことを、グーグルさん片手に楽しめるのです。(漠然と羨ましくも思う私Yuko・・)

どうか、見つけた折には声を掛けてあげてください。とても言語に興味を抱いている女性なので、日本語を話すことにも取り組んでいます。是非に!!

というわけで、本人より英語にて自己紹介&ここでの日々の様子紹介です。

Hello, my name is Alex, short for Alexandra. I am 25 years old, in my last year of University and I come from Germany. The subject I’m studying is Culture and Communication.

Being here, I get the opportunity to experience the Japanese way of life and the wonderful Wild Art YESE! family. I am staying with them for the months of June and July to prepare the art exhibition that will be taking place at the end of my stay.

But the exhibition is only a small part of what is happening in the open space of the dance studio. Some people bring their kids to learn English in a playful way or for session , which is essentially playing and moving around in the open space of the studio and, through that, getting to know your own body and mind. There are props as well: rattles to shake and ladders to stand on, drums to beat, music to manically jump or softly sway to, wherever the mood leads you… or you can lie down on the smooth wooden floor and lose yourself in the timberwork of the roof. In a way, this feels like therapy to me, because I can say, eat and wear anything I want. I feel welcome here.

IMG_1577

 

ERONmelon English spaceのご案内

Ⅰ. ご存知の方、今までお茶を飲みに来て頂いた方、いつも来てくれるgirls…ありがとうございます。

昨年4月よりERONmelonが長期でお休み(理由:熟しすぎちゃって・・)、10月より再開に至ったEnglish Cafeには、学校以来の再開勉強組、未来の学校勉強組、元海外在住組など、色々な方にお越し頂いております。

・・懐かしさに焦がれて・・ERONmelonがまた面白いこと言えるようになっているか気になって・・とりあえずセンスを磨きたくて・・怖いもの見たさ!?・・

『英語という日本社会の一部であるモノの正体に触れる機会を作ろう!』

というスタート時の想いを忘れず、月に一度、広く皆さんとお話しする時間、出会う時間を持っています。

次回は4月16日10時半~是非お越しください!!

 

Ⅱ. それからもう一つ、英会話レッスン(月謝制)の方も、ご要望に応じてカスタマイズしています。

今日は新しく、family lessonを当方で始められました。キャーとかワァーとか、とにかく元気な声がStudioに!かわいいですね。

子どもさんへのlessonは久しぶりだったもので、ERONmelonも真っ赤な顔して一生懸命!

「子どもは成長するし、色々な答えを持っているから面白い」そんな話もありますが、正にその通りになるでしょうね。一週間に一回のレッスンが終わるころ、次のレッスンでどんな成長が見られるのか、officeでうふふと私Yukoはほくそ笑んでおります。。

 

英会話レッスンに興味のある方がおられましたら、コンタクト(リンク)よりご連絡ください。

E-mailアドレス持っていないよー、という学生さんやおじいちゃんおばあちゃんは、このブログのコメント欄にご連絡ください。

レッスンは個別で行われるため、基本的にレッスン見学はできません。当方施設への見学と面接の日を設けますので、その旨お伝え頂ければ幸いです。

 

あっそうそう・・・実は子どもだけじゃないんですよ、成長するのは。新しいことを学んだり経験しようと決めたとき、誰でも成長します。敢えて言うなら、色々な答えでこちらを驚かせてくれるのは、やっぱり子どもならではなのかな??小学校の先生を見ていると、そんな風に思うのです。

 

 

 

我慢せんでええよ。

ご無沙汰しております。しばしお休み頂いていました。完結しないといけないこともあるのですが、そのまとめをするには、エネルギーが足りずに今に至ります。

というわけで、横道に逸れるようですが、久しぶりのブログが『Today’s word』となりました。

三重弁で書くとこのタイトルのようになりますか?

 

「我慢せんでええんやに~」となると、中勢の方言であることには間違いなさそうです。ゆるさ漂いますね~~。ふにゃ~とした気持ちになります。私の知る限り、男女関係なく使っておられる言い回しと思います。

ですが、各地域にお住まいのみなさん用に標準化すると、女性の場合「我慢しないでね」男性では「我慢するなよ」となりますか?ちなみに、敬語ではないです。

では、これを日本語が通じない人のために英訳してください。

 

————– できましたか?

●△▼□ !!

何を偉そうにみなさんに質問したのでしょう、私。。

 

英訳できませんでした。というか、咄嗟に出てきたのが、ドイツ語を英訳したものでした。

まあ、私とEronの場合、これで通じるから問題ありません。ついでに、ドイツ語でもフォローしますし。コミュニケーションとはそういうものよ、はっはっは。

ですが、、、英語を習得したい人に全く参考にならないです!!!

なので、ここはEronMelonにちゃんと説明いただきましょう。

 

オプション1: Please don’t have to bear it!

オプション2: Please don’t put up with it!

オプション3: Please don’t hesitate!

 

ほーーーなるほど。

 

で、裏を明かすと、EronMelonの第一声は「そんな英語ない」です。

しかも、「日本に慣れてくると、すっきり”これ”という答えが出なくなる。こういう時は翻訳機能を使っていいよ」ですって!

 

皆さんへ。

もうね、我慢だとか辛抱だとか、忍耐だとか・・・そういう言の葉が存在する、それが日本の文化です。だからまあ、他所では我慢なんて美徳じゃない、ってわけですねーきっと。存在しないのですから、言の葉が。

日本人の精神力、計り知れないですよ~~。

それでは近いうちにお会いしましょう!!

 

 

盛夏の候

あんなに寒い春に、あんなに降った春に・・・そのまま雨季のような日々が続いて・・・このまま冷夏の予想があったはずなのに・・・台風に脅かされカビに脅 やかされ・・・カビをやっつけて屋外作業を始めたら猪に脅かされ・・・猪対策も含めインターネットを活用させていたら、どうも暑い・・・studioの時 計が熱で止まり、各PCさんたちもover heat・・・しょうがないからまた屋外・・・35℃あっても解体中・・・へ?まだ解体現場はあるのですよ・・・お披露目は8月23日ということで・・・ 本日8月3日の朝は涼しかったので、PC稼動・・・まあstudioは9時半30℃→11時33℃・・・30℃が涼しいだなんて人間もまだ余白あります ね、余裕はないけど・・・

 

というわけで、今月のダンスと英語の日のご案内。

8月8日(土)

10時~Hiphop-breakdance(予約要1500円)

11時~English Cafe(500円)

 

正直、大人は盛夏に運動しなくていいと思っています。

理由:生きているだけで十分心臓に負荷がかかっているから。

しかし、世の中の大人はどうも負荷が足りないこともあるらしい。

農業・林業・漁業とかしていない限り、どうも汗腺が開ききらないまま冬に突入するらしい。

子供の場合、この太陽の下で遊ぶのは危険なので、まあstudioで踊る方がいいかもしれません。英会話もお勧めです。夏休みの体験に、絵日記のネタにでも!まずは出会うことが大事ですから。

 

ダンサーYukoはこんなとき、気が向いたら確認程度のストレッチ。わずかに涼しくなったら、ゆるゆるで踊ります。筋肉を過度に使用すると、ムキムキダンサーの肉体は果ててしまうのです。発熱体ですから。でもムキムキ減って夏痩せ体だけど。。

それで、今月のダンスはレゲエを選曲します。常夏の音楽は熱を上手にコントロールしてくれると感じています。個人的には間違いなくα波結構出ています。

本当は涼しくなる夜に踊ればいいんでしょうけど。

夜にパーティを企画したら、誰か愉しんでくれるかな。白山でclub night?クラブナイトの方がしっくりきますか~。

アートレジデンスWild Art YESEでは芸術・文化に関連する内容で、ハード&ソフト面で運営可能と判断した場合は、企画が動き出します。アイデアがありましたら、是非振ってください。もちろん、個人のイベント企画などで場所をお貸しすることも可能です。

※クラブに関してですが、大事な文化だと思っています。白山では市民権を得ていませんが、所変われば・・です。そう、元クラブダンサー稼業のYukoがぼやいております。

 

―――久しぶりのブログになりました。みなさま、素敵な夏をお過ごしください。8月8日は興味なくとも、8月後半のグループ展には是非ご来場ください。――詳細は今週中に――

You’re also (a)foreigner..

こんにちは。お久しぶりです、皆さんお元気でしょうか。

今日は一緒に考えましょう!

You’re also foreigner.

この一言、どこで使うと思いますか?また、どうして言う必要があると思いますか?

 

それでは、状況説明です。

日本語でなされた会話で、意図するところを汲んで下さい。

 

5歳K君:ねー○●君のおかあさーん!なんで英語しゃべらんのー?

私:喋るよー。

K君:じゃあお父さんはー?

私:喋るよー。

K君:そやろ、外国人やもんなー。

私:でもさーK君は日本語喋るけど、外国人でもあるよー。

男児:えーー、K黒いけど日本人やで~

 

以上、目を丸くさせた私の顔を思い描いてください。。

 

You’re also (a)foreigner.

この一言をEronという人は、二年半のあいだ何度も繰り返しております。

場所は保育園の敷地内外です。

だから私も最近は、日本語で伝えないと、とやり始めたら・・・こんな会話になってしまいました。

 

さ、大人の皆さん、考えをお聞かせ下さい。

春のご挨拶とご案内

日本に移住してから肝に銘じております。「年度で動け」

それで、その感覚を掴んできたので、平成27年度は昨年度からいくつかの改変をして、色々な計画をしております。

はい。4月はバタバタしますね。それでも花見をすることを忘れないのが日本人。しかし、今年はどうでしたか?

我々も3月半ばになれば屋外活動ができると思っていたのに、ひと月経った今も何もろくにできません。

皆さんもきっと同じで、花粉症が軽くてラッキーな人もあれば、風邪ばかり引いているとか、玉葱が収穫できないとか、洗濯物が乾かないとか、ストーブ出しっぱなしとか、少しいつもと違う春をお過ごしのことと思います。

それでもG.Wを前にすれば、少しは気持ちも上向いてくることでしょう!

 

さて、今年度は毎月土曜もしくは日曜に踊りと英語の日を設けています。

ストリートダンスは子供や若者のものと思っていませんか?

英語は学校で勉強するものと思っていませんか?

 

Wild Art YESEでは、皆さんの勘違いを覆そうと(笑)、本気で本物の踊りと英語を提供しています。是非一度、出会って頂きたいと思います。

では次回のご案内です。

4月26日(日)
13時~Hiphop&Breakdance(要予約1500円)
14時~EnglishCafe(予約不要500円)

お問い合わせ:050-70017623(9~18時)にてお願いします。

 

3月に踊りに来た方が、個人ダンスレッスンを始められました。
楽しもう、はじけよう、嫌なこと全部忘れちゃえ~という感じですね。
でも始めてみると発見することがありましたよ。

音楽を知っている,リズム感がある,運動大好き,いい歳・・・・・身に覚えありません?
こういう人はぐいぐい伸びます。当然ながら、教える方もうきうきします。

英会話の方は、切羽詰っている方もいないので、ゆるりとした参加が多いですね。はい、お茶飲みに来てくださいね。

お待ちしておりま~す!